モンスターペアレントの事例とモンペ診断


rakuten

入学式は満開の桜をバックに写真を撮りたかったのに、既に桜が散っているのは学校の怠慢だ!管理責任がなってない!

娘の担任が若い男性教師なのでクラスか担任を変えてくれ。ロリコンか変態かもしれない。

保護者がわざわざ学校に来たんだ。花壇の花ぐらい土産に摘ませろ!

のっけから常軌を逸した言動3連発で始まる今回の記事は、
年々、凶暴になっていく教師の天敵モンスターペアレントの事例集。

子供のタトゥー、ピアス、染めた髪を咎められると
宗教上の理由を謳って開き直る親。

プライバシーの侵害と言って家庭訪問を拒否する親。

と、5つの事例を紹介したところでウォーミングアップは完了。

以後、理不尽な要求、自分勝手な苦情12連発に続きます。

モンスターペアレント事例集12連発

※事例は全て週刊文春5月23日号に掲載されていたものです。

給食があるのに、子供に毎日豪華な仕出し弁当を持たせる親

息子は世界で通用する一流料理人にするつもり。
給食などで味覚を鈍らせたくない。
給食費は払っているんだから、食わせないのはこっちの勝手だろう。
息子の未来にアンタが責任を取れるのか!

タレントスクールに娘を通わせている親

日焼け防止と盗撮防止を理由に、窓際の席に座らせることや
体育授業の通年欠席を学校に申し入れる。

将来、秘蔵画像として出回ったら困るんです!娘の未来を潰す気か!

新婚の女性教師が担任になったことに不満を持つ親

春休み中に結婚した女性教師が中3のクラスの担任になると、
一部の親から猛クレームが寄せられた。

進路が決まる大事な時期に、つわりや流産などで
クラス運営が疎かになったらどうしてくれるか!

担任替えの要求が叶えられないと分かると、校長や担任へ
卒業までは妊娠しないという誓約書を書け!

学校側が「プライベートなことなので」と断ると、母親たち有志女性教師に
結婚祝いとして大量のコンドームを送った。

クラスメイトに告白してフラれ、不登校になった中3男子の親

これもイジメの一種。相手の娘を退学させろ!

娘の修学旅行に同行する親

娘がホームシックにかからないか心配だし、雅子様だってやっていた!
と言って、一人娘(小3)の2泊3日の宿泊学習に同行。

同じホテルに泊まり、夜は娘を自分の部屋で寝かせ、
日中は勝手に割り込んで来て記念撮影。

旅費の返還を求める親

子供が京都とかに行くより、ディズニーランドへ行きたいって言うから
そっちに連れて行きます。

と言って修学旅行を休ませ、旅費の返還請求をしてきた。

無断で学校のプールを使用する親

休日に無断で学校に入り、プールで大はしゃぎする一家。

近隣住民の通報を受けて注意をすると、
誰も使ってないからイイじゃん!
広いし、タダだし、ここ超気に入っているんだけど。

学校の行事で仕事を休むことになった親

その分の給料を学校で補填しろ!

「休業補償は致しかねます」と説明した上で、
「雇用主様宛の覚書」を配布して対処する学校があるという。

怪我や病気で学校を休んだ生徒の親

遅れを取り戻すための家庭教師代を請求したり、
通学にかかるタクシー代を払え!と詰め寄る。

子連れで日本人と再婚した中国人

娘が言葉が通じないから学校に行きたくないと言っている。
先生だけでも中国語を勉強しろ!

連絡帳を無視する親

全ての伝達を学校のメールアドレスへ絵文字や顔文字を多用して送る。

教師を私物化する親

担任やお気に入りの教師の携帯へ
「今日のランチはママ友とお寿司です♪」「家に娘(犬)が一人増えました☆」
といった子どもと無関係な話を、
24時間お構い無しに画像付きで送ってくる。

昼夜を問わず電話をかけてきて、
「夫が浮気して帰ってこない」「姑が口やかましい」
といった不満を本人が満足するまで数時間も話す。

残業が終わるまで、先生の自宅で子供を預かって。
◯丁目のファミレスで今夜10時に待ってます。

といったことを、一方的にメールや電話で強要する。

ブレーキが壊れた暴走モンペの被害に遭った若手教師の事例

教師をストレスのはけ口にするモンスターペアレント。

特に若い教師に対しては、ストッパーが効かず、過度な要求や攻撃に走るようです。

大阪の男性教師A(27)の事例

中2のクラスを受け持つA先生のフェイスブックに、生徒の親が友達申請をしてきた。

「プライベート専用なので」とA先生が丁重に断ると
生徒の親は「冷たい先生や!」と大激怒。

ツイッターやブログで冷血人間!キ◯ガイ先生!淫行教師!
といった暴言で、学校に無関係な人までも煽動し、A先生をネットで攻撃。

A先生は大騒動に発展した事態を収めるために、
親や生徒に陳謝し、フェイスブックを退会する。

A先生は怒りを露わにこう語った。

どうしてこんな謂れの無いことで
自分が謝らなければならなかったのか、納得がいきません。
プライバシーを侵害された被害車は自分の方なのに。

※現在、「先生がフェイスブックを始めると人生が無くなる」
とまで言われているようです。

東京の男性教師B(25)の事例

最初の懇親会から母親達の冷やかしの対象にされ、
「白ブリーフ愛用者」「アキバ系オタクの過去あり」など
有ること無いことネットで書かれ、広められる。

放課後になると、保護者からの電話対応に追われた。

◯◯ちゃんには笑いかけたのに、
ウチの子には笑顔で接してくれないから子供が傷ついた!

答案用紙の花マルの数に差があるのはヒイキだ!

宿題の確認印がおざなりで熱意が感じられない!

こういった苦情が毎日のようにB先生に寄せられた。

1人が声を上げると、それに同調して3人4人と不満を露わにする保護者が増え、
自宅への凄まじい電話攻撃に発展。

帰宅時や休日に、自宅に押しかけてくる保護者まで現れて眠れない日が続いたB先生は、
親達の声が常に耳に残っているような症状が現れ始めた。

その内、分数の割り算をどうやっても理解してくれない生徒が2人出て、
”何が分からないのか分からない”状態となって、B先生の心と体は限界を超える。

B先生は夏休み前に、鬱、パニック症候群、突発性難聴を患い、
生き延びるために退職を決意した。


文部科学省発表の「公立学校教職員の休職者数の推移(平成23年度)」によると、
病気を理由とする休職者数8544人における精神疾患が占める割合は61.7%。

1年目の新規採用教員で、病気を理由とした依願退職者の9割が精神疾患とのこと。

「新米先生はダメでも40代~50代のベテラン管理職なら大丈夫でしょ?」
と思いたいところですが、現実は違うようで、
前述の文科省データによると「病気休職者」「うち精神疾患者」の年代別内訳は、
いずれも40代と50代以上で全体の7割以上を占めているんです。

平成23年度公立学校教職員の人事行政状況調査について

やるべき業務が多い管理職は、勤務時間が長い為、体力的に負担がかかる。

そこに、今までの経験や成功例が通用しないモンスターペアレントや
”今時の生徒”を相手にすることが加わることで自信を消失し、
心が病んでしまうんだそうです。

モンスターペアレント診断(保護者用)

※教育評論家の尾木直樹さんが作成。まぐまぐ!公式メルマガより。

Check1 □  「写真を撮るときはウチの子を真ん中にしてほしい」
「今日は何回手を挙げたか毎日報告してほしい」などと先生に要求したい。
Check2 □ 家でもやらせていないので、うちの子には掃除をさせないでほしいと思う。
Check3 □ 子どもに朝ご飯の準備をしてやらないことがある。
Check4 □ 子どもが学校で発熱したからお迎えに来てほしいと言われても、
仕事があれば行かないと思う。
Check5 □ 担任の自宅に早朝、または深夜に文句などの電話をしたことがある。
Check6 □ 子どもの前でも先生のことをあだ名で呼んだことがある。
Check7 □ 先生に我が子へのモーニングコールを頼んでみたい。
Check 8□ 体育着や柔道着などは、学校でまとめて洗ってほしいと思う。
Check9 □ 給食を頼んでもいないのだから、給食費は払わなくてもいいと思う。
Check10□ 子どものケータイを取り上げたら、
その期間の利用料金は日割り計算して親に払うべきだと思う。

 
【診断結果】

1~2個該当 クレーマー
3個該当 モンスター予備軍
4~5個該当 プチモンスター
6~7個該当 モンスターペアレント
8以上個該当 スーパーモンスターペアレント!

 
【チェックをつけた項目でタイプ判断】

1と2が該当した

なんでも自分の子ども中心に考える我が子中心型の可能性有り。

3と4が該当した

子どもに無関心で育児全般が放任状態のネグレクト型の可能性有り。

5と6が該当した

常識と非常識の区別がつかないノーモラル型の可能性有り。

7と8が該当した

家庭でやるべき雑事まで学校に頼んでくる学校依存型の可能性有り。

9と10が該当した

自分の要求を通すために法律や権利を振りかざす権利主張型の可能性有り。

モンスターペアレント診断(教師用)

生徒の親をチェック。3つ以上該当でモンスターペアレント。

□ すぐ「訴えてやる」「マスコミに言う」「議員を知っている」などと言う。

□ 初回から「内容証明付」の手紙や抗議文を送ってくる。

□ 言葉や態度、暴力で脅してくる。

□ 1日に5回以上、深夜でも平気で電話やメールを送ってくる。

□ 誇大な被害妄想的発言。

□ ウソや誹謗中傷を平気で言う。

□ 金銭的要求をしてくる(治療費、慰謝料、損害賠償などにエスカレート)

□ 要求内容が際限なくエスカレートする(担任→校長を辞めさせる)

□ 「相手の子も休ませろ!」など、他の子どもへの理不尽な対応を迫る。

□ 「だったら子どもを休ませる」「運動会に参加させない」など子どもを人質にとる。


自分が教師なら、1つでも該当したらモンスター扱いしますw

 

もう一記事いかが?


Sponsored Links





6 Responses to “モンスターペアレントの事例とモンペ診断”

  1. 日本人第一号 より:

    こりゃいいや-w-w
    こいつら全員氏ね。

    • よかろー より:

      日本人第一号さん、コメントありがとうございます。

      教師には頼まれてもなりたくないと思いました。

  2. 九坂隆二@加トちゃんぺ より:

    確かに上記の事はやり過ぎだし理不尽。
    でも、子供の持ち物(携帯・ゲーム・玩具等)や
    見た目(オシャレ・髪型・服装等)には、
    口出ししないであげて欲しいものです。
    持ってても勉強する子はするし、
    持たせなくても勉強しない子は
    しませんからね。

    • よかろー より:

      九坂隆二@加トちゃんぺさん、コメントありがとうございます。

      >持ってても勉強する子はするし、持たせなくても勉強しない子はしませんからね

      あぁ、それ凄く共感します。
      しない子は親が管理しないといけないのですが、
      それがまた難しいんですよね~w

  3. 吉井 より:

    小学1年→水筒がわりにペットボトルを持って来て口のみをする児童が居るが衛生的に良くないので注意すべきだと言った
    小学2年→もともと少食なのにマズイから食べない等と決めつけ掃除中、昼休み中に食べ終わるまで離席させない。掃除中に食事は衛生的に良くない、少食なので配膳を少な目にして欲しいと意見した。
    小学3年→授業中に「死ね」「学校に来るな」「生きているだけ無駄」等と暴言。問い詰めても否定、子供が嘘つきだと言うのでテープレコーダーを持たせた結果やはり事実だったので校長先生に直訴。該当の教師が辞めないなら法的処置を取ると発言。
    以上でモンペ認定されました。
    たしかに世の中あり得ないモンペもいますが教師が自己擁護の為にその言葉を使用するのは間違いだと思います。

    • よかろー より:

      吉井さん、コメントありがとうございます。

      小学3年の時の話は酷いですね。
      それでモンペ扱いされたなら怒るのは当然です。
      「モンペ」という言葉を都合の良いように使っているだけですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ