井戸正利 ブログ削除で逃亡 陳情書をゴミ箱に捨てる維新議員

井戸正利 画像
【井戸マイルドさん 近影】

放射能を怖がる人は共産主義者のプロ市民!

震災ガレキは全国にばら撒くべき!

このままではガレキ利権の1兆円が、
全部岩手と宮城に取られてしまうんですよ!

と訴えるのは、大阪維新の会の井戸正利さん(50)

低線量被曝のリスクは、科学的にも医学的にもハッキリと分かっていないにも関わらず、
『100ミリシーベルト未満のわずかな被曝で発がんしないという、
むしろ減らすという説もよく言われております』
と自信満々に議会で主張。

そんな頭の中が安全デマでいっぱいの彼が、
震災瓦礫焼却の陳情書をドヤ顔でゴミ箱に捨てるパフォーマンスを自信のブログで披露。

拍手喝采を得られると思った本人の思惑とは裏腹に、炎上騒ぎに発展。

記事を削除する事態になっています。

削除されたブログ記事

改行は当ブログ管理人によるもの。
非常に個性的な句読点の使い方はそのままにしています。

今日は午前中が幹事会・団総で午後委員会採決の予定ですが、
会派間交渉が延び幹事会が始まったのが団総の時間となりました。

例の市営交通民営化は昨日の段階で交渉は残念な結果で終わってしまっています、
それともう1つこの議会で議論しておく重要な件があるのです。

山ほど書きたいけど怒られちゃうのでこの件は今日はここまで。

予算案は組み換え等はなくいけそうでしたが、
自公民が組んで重たい付帯決議を要求してきました、
国保保険料や幼稚園民営化などです、

一部は事前に調整で維新としても賛成できるものがありますが、
大半はこれまでの議論を否定することにつながるので、
修正せず通すことは無理な話、

各委員会でいろいろ議論して文面を考えたものの、
最初から自公民は修正に応じる気はなく賛否だけを返せと、
全く時間の無駄の作業でした、

まあ修正してもどうせ受け入れないだろうから
さらなる時間の無駄をする必要がなく良かったとも言えますが。

民生保健委員会は採決に加わらない委員長が自民党のため
自公民では過半数に達せず、結局共産党賛成の予算に関する付帯決議
(災害廃棄物、管路輸送)だけを出してきました、

我々の修正を聞き入れていないので「セシウム等の放射線量」と科学的には
誤解を与える表現、

言いたいことは多分
「セシウム等の放射性物質(放射能)の量(=Bq)」だと思います、

あれほど金も手間もかかるベクレルの測定を
たくさんすることにこだわっていましたから。

もちろん「セシウム等から放出される放射線量(=μSv)」等とも
読めないこともないですが
仮に空間線量が上がってくるようなことがあれば
Bqで言えば基準を桁違いに超える量です。

専門家がついているとのことですが、
前の条例でも「甲状腺膿腫等の悪性新生物等」という、
医学的にはありえないような表現がありました、

膿腫は膿を持った腫物で悪性新生物ではありません。

いずれにせよ予算の可決でガレキの陳情書等が議決を要しないものとなりました、

大半は市外からの扇動家が送り付けてきたデマだらけのメチャクチャなもので、
金太郎あめのように同じような中身で、
印刷すること自体が紙の無駄と議会でも言ってました。

仮置き場である机の上に山積みしていたのが片付きました、
あとは焼却処理あるのみです。

ゴミ箱に捨てられた陳情書 画像

井戸まさとし 2013年3月28日の記事【魚拓】

井戸さんが議会で吐いたトンデモ発言については、こちらの記事がお勧めです。
がれき受け入れ推進の大阪市会維新議員の発言を紹介します。

削除した記事に関連するツイート

井戸正利 Twitter ヘッダー画像

こちらは2013年3月28日に井戸さんがツイートしたものです。
※ツイートは3月31日に削除。改行は管理人によるもの。


放射能で鼻血が出たなどと、およそ医学的にありえないデマばかり、
全部不採択にしたかったね。
民意なんて偉そうに言っているけど、
一人で十枚以上書いてこういう不安を煽る連中がいることで、
本当に市民の健康が害される、暗示で人間体調を起こすことは本当に多くある、

悪口と辞めろとしか言えず、
科学的な議論をする価値もない「低レベル放射脳」のようですね、
まあ最近はだいぶ減ってきましたが。

不安をまき散らして市民に被害を与えかねない扇動家に対しては
断固たる態度で振る舞う、
お堅い行政ではなかなかできない、
科学的な知識を持った数少ない政治家としての大きな役割、
マスコミが一番わかってくれたね、
何度も科学的な質疑で正しい報道に変わっていった。

ブログもツイッター同様にだれでも見れますよ、
悪口ばかりで議論にならない人は無視またはブロックする(今も1人ブロック)、
コメントもそれがあるから許可制にしている、
この世界でのフェアなやり方をしていますよ。


「ブログもツイッター同様にだれでも見れますよ」と言っておきながら
3月29日に問題の記事を削除・・・

「フェアなやり方をしていますよ」って、どの口が言う?

翌日の30日には、何を思ったのか
2013年3月に書いた全ての記事を削除しています。

有権者からの質問や要望、
そして、支持者からの応援コメントが寄せられた記事が有ったんですけどね。

維新の会幹事長松井一郎さんのコメント

4月1日、問題となっているブログ記事について記者から質問された松井さんは、
次のようにコメントしました。

陳情書をゴミ箱に入れているのを写して何になるのか。
大人として感覚がずれている。
橋下市長と同じように思っていたらだめだ。

パフォーマンスが過ぎる。
何を目立ちたいんや、ええ加減にせえよという話。

ソース 産経ニュースWEST
“橋下市長と同じと思うな”…松井氏「何を目立ちたいんや、ええ加減にせえよ」 陳情書ゴミ捨て市議を強烈批判

ちなみに同日、橋下さんはこんなツイートをしています。


「シコシコ貯めてきた」・・・素敵な表現ですね。

「精神異常」というカミングアウトも見逃せません。

トップがこれですから、部下が◯◯なのは推して知るべし。

井戸正利 処分決定 (4月2日追記)

井戸さんに下された処分は、大阪維新の会政調副会長の辞任と、
議員団の控室の利用など団員としての活動を3カ月間停止。

問題となった記事は、橋下さんの”精神異常迷惑ツイッター”を参考にし、
同じ様な情報発信をしたいとの思いから書かれたものだそうです。

ソース 産経ニュースWEST
まさに生兵法…「橋下氏ツイッター参考」 陳情書ゴミ捨て維新市議、改めて陳謝

ブログを削除するフェアじゃない井戸正利ってこんな人

【プロフィール】

1962年(昭和37年)生まれ。

1987年に自治医科大学医学部を卒業。医師免許取得。

大学を卒業後、2010年11月10日まで大阪府に勤務し、
2011年4月に大阪市会議員選挙に当選し現在に至る。

大阪維新の会では、市議団政調副会長を務める。

井戸さんのプロフィールの詳細は、こちらで確認して下さい。
井戸まさとしホームページ

★井戸節炸裂の必見動画★

自分の信じる低線量安全教に異論を唱える人は、
全て左翼プロ市民認定!

安全を唱える学者は良い学者、
危険を訴える学者はマッドサイエンティスト扱い!

そして、極めつけはこの発言。

ぜんそくは精神的な要因が大きいんです!

80パーセントはそうです!

※井戸さんは医師免許を持っておられます。

http://youtu.be/G7VhnB5iH50

もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ