中島知子 ワイドスクランブルのインタビュー内容【文字起こし】


rakuten

家賃滞納・激太り・占い師による洗脳騒動。

これ以上無いワイドショーネタを提供し続けた中島知子さん(41)が、2年間の沈黙を破り、ついにテレビカメラの前に姿を表しました。

復帰第一弾は、噂されていた金スマではなく、テレビ朝日の『ワイド!スクランブル』

番組のインタビューの中で彼女が語ったのは、
今までの報道を尽く否定するものでした。

ワイド!スクランブル3月29日 中島知子インタビュ- まとめ

二重あごを解消した中島さんの姿はこちら。
【完全版】オセロ中島知子、2年ぶりにテレビ出演!すべて激白!

カメラの前に出て話そうと思ったのは何故?

自分自身がテレビの前で見て下さっている方を始め、
いろいろなスタッフの方、今回のことをいろいろご存知の方に
迷惑をかけてしまったなというのを、まずいちばん最初に。

やっぱりいろいろ騒動を起こしてしまったので、
心配してくださる方が多かったというのが大きかったので、
どこで出ればいいかっていうのも気づかなくて。

自分がちゃんと、こうやってテレビの前で説明すれば良かったんだと、
急に気付いたというか。

だからここまで、皆さんが「どうなっているんだ」みたいなことになっていても
何時まで経っても話が収まらないのも自分のせいではないかと思いまして、
それで出させていただこうかと思いました。

(Q)その決断はご自身でされた?

(ハッキリと力強く)はい、そうです。

療養生活について

(Q)スポーツ紙(スポーツニッポン)に病院を退院されたという記述あったが、
入院をしていたということ?

そうなんですね。

療養を兼ねて、結果、自分の意志も含めて入院してたんですが、
その前に、実家にしばらく居て欲しいと言われてたんですが、
それをあまりにも長い時間、それでも1か月ぐらいなんですけど、
私の中では仕事に対する焦りも有りまして、
東京の方が良いんじゃないかっていうのがあって。

それでも「出ないで欲しい」と「マスコミに好きに書かれたらどうするんだ」という
両親の心配があったのも分かるんですが、
あまりにも「家の中にいろ」と言われたのが自分の中でちょっと・・
我慢が出来なくなったのもありまして。

それで止められるのも無視して、格好とかも軽装でお金も持たずに家を飛び出して
走って行ってね、普通になんか、気分転換しようと思って出て行った。

ヒッチハイクして遠くまで行かせて下さいって言ったんですよ。

そうしたら「またそんな行動するなんて」という風に
ずっと彼女(占い師)の影響を受けていると思い込んでいるんで家族も会社も。

だから、やっぱり絶対そうとるんですよ。

いや、そうじゃないんだと。
そこまでやっぱり、自分の中では考え無しでやっているんで。

だから、「お金が無かったんだからしょうがないっすよ」って思ったんですけど、
(両親に)「ちゃんと治療をして欲しい」と言われて、
私はすごく嫌だったんですけど、入院したら分かってもらえるかなと思って、
それで、通院だけじゃなくて、入院する形にしたんですね。

(Q)もう退院はされた?

はい、しました。

(Q)今の健康状態と精神状態は?

(自信満々の表情で)もう、バッチリです!

(Q)入院をされていたが、病名があるわけでは・・・?

ないです。
(両親が)それで納得してくれるならと、自分の意志を含めて入院しました。

占い師のマインドコントロールについて

(Q)マインドコントロールされていたと言われていることについて、どう思う?

(薄っすらと笑い、少し沈黙した後)
意味がわからないです。されていないですし。

専門的なことっていうジャンルがあるとしたら、
そこに関しては私はもちろん素人なんで分からないですけど。

一緒に仲良くしていたお友達が、そういう職業(占い師)をしていたというのは
もちろん過去の話なんですけど、
例えば一緒に居たというだけで、自分がそういう理由でこうやって
皆さんに迷惑をかけてしまったということになってる騒動というのが
ちょっと訳が分からなかったですね。

彼女にしたら「いい迷惑だっただろうな」ということが先立ちましたかね。

「別にかばっているとかいうことではなく」って思いました。
だから「しまったな」って思いました。

自分だけで思い込んで、
「こうした方が一番いいんだ、分かってもらいやすいんだ」って
ホントに「自分が悩んでいるんだっていうことを分かって欲しいんだ」っていう
気持ちだけでやってしまったことが、
こんなに身の周りの人に迷惑をかけてしまったというのは、
彼女(占い師)を含めてですね。

その時もいろいろ自分が影響を受けていると言われても
訳がわからないですね。

世の中では、私が占い師に指示されていろいろなことをしていると言われてた様に、
そうやって「私達も指示されてやりました」という方が何人か出てこられたというのは
後から伺ったんですけど、「じゃあ、やめとけよ」と。

そんなに自分達が指示されて嫌だったら、止めたらいいんじゃないですか?
されていると思っているならと言うぐらい、

自分の人生というものを、「嫌だったら止めたらいいのに」と思うタイプなので。
もしそうされていると思うのだったら。

だから、もう最初から意味が分からなくて、
いろいろと影響を受けているというのが。

それが、その時に受けた気持ちですね。

脳機能学者 苫米地英人氏のカウンセリングについて

(Q)「あなたは洗脳されている」ということを言われた?

会って「はじめまして」って言って、立ったままテーブルを挟んでお会いしたんです。

どこかでお会いしたことがあるのかなって思って見ていたら、
「中島さんですね」って仰って、「はい」って言ったら、
「あのね」って周りの方に苫米地さんが仰ったのは、
「この人はマインドコントロールされていないけどどうする?」
って仰ったんです。

ちょっと話して、「このひとされていないんだけど、どうしたらいいかな」って、
「されてないと思うんだけど」って仰ったんですよ。

何の話なんだと思って、それで意味が分からなかったんです。

だから、おいおい話を聞いて、
「そういうことになっているのか!世の中的には!」って思ったので
だから、苫米地先生はそういうことを最初から仰ったんで、はい。

だから、何を話されているかも分からないですし、
そうしたら自分が閉じこもっているのは「他人のせいだった」ということで、
大騒ぎになっているんだと思って。

そりゃもちろん、自分が話してないから分かりませんよね。

会社とのこととか、個人的な悩みとか言ってないので。

※中島さんの証言を受けて、多くのマスコミが苫米地氏に取材を申し込んだ様です。
それらマスコミに対して苫米地氏はブログで返答しています。
中島知子さんについて、メディア各位

今でも占い師に会いたいと言っていることについて

一番先に浮かんだのは、友人である彼女のことが、
自分と関わったことでこんなことになってしまって、本当に悪かったなと・・・

責任を取れない人と関わっちゃったなっていうくらい、
ご迷惑をかけてしまったと思うんですね。

だからやっぱり、それを考えた時に一番先に浮かんできたのは
友人である彼女が自分とか関わったことでこんなことになってしまって、
本当に悪かったなと思っているのがあるんだと。

彼女自信は歌も上手いし、実際、仕事も辞めてるし、
人の相談を受けるような仕事も辞めてるし、
それが、昔の仕事が出てしまって、凄く迷惑かけた中の1人だから・・・

(Q)中島さんが現在も「占い師に会いたい」と言っているのは、
「まだ占い師に洗脳されているんじゃないか?」と思ってしまう。

会いたいっていうよりも、どっちかって言ったら「申し訳無かった」と。

全てを払拭できないかもしれないですけど、そういう意が伝わればそれでいいんです。

(Q)会わなくても?

そうなんです。
だからそれで、多少は謝ることなんで、一回会ってくらいはもちろん、ねぇ。

申し訳無かった方には、全員会いたいくらいなんで。

知人男性に、占い師の歌手デビューをお願いしたことについて

(Q)「歌手にしたいから協力して欲しい」と仰ったんですか?

それは、言いました。言いましたけど、それは友人なんで、
友人のことをやっぱりこういうことに巻き込んでしまったのは自分なので。

彼女は歌が上手い方なので、それは世間話に近い感じで言ったんですけどね。

(Q)そのための電話ではなく?

はい。彼女のことをちゃんと、
やっぱりこれからの人生がもちろん人って、ねぇ、こんな騒動に・・・

自分と関わらなかったら、そんな目に遭わなかったわけですから、
彼女にしてもやっぱり、今回関わった方にしてもそうですけど。

(Q)そんな簡単に歌手になれるものではないですよね?

まぁそうなんですけど、それは世間話の一環で・・・

あぁ、そう。世間話なんですね?

はい。言ってるのもあるので、
それがちょっと大きく取り沙汰されてしまっているんですけど。

占い師へ伝えたい思いは?

自分がこういう職業だったという意識がすごく足りなかったので、
人に見てもらうという、人前に出て話すという仕事の中で、目立つ仕事じゃないですか?

同じ事をするのでも、やっぱりそれだけじゃなくても
常識としてはやってはいけないことをやってしまったんですけど。

家賃を滞納してしまったというのは大きいですけど、
やっぱりいろいろご迷惑をお掛けして申し訳無かったと。

関係無い事にまで巻き込んでしまって、
本当に「ごめんなさい」ということを言いたいですね。

占い師との同居について

(Q)同居の切っ掛けは?

(私は)お金遣いが荒いんですね。

で、こんなに年収を、当時は正直いただいていたにも関わらず、
やっぱりその、ちょっとお金が足りなかったりするんですよ。

その場で買おうと思った時に、キャッシュで買った方が利子もかからないですよって。

じゃあキャッシュの方があるからいいかって思っても、
その日に銀行から出せなかったりとか、
「今日、欲しい」ってなった時に、いくらか足りないってなって、
そしたら彼女にお金を借りたんですよ。

(Q)彼女に借りてたんですか?お金を?

はい。

で、借りてて「後から返しますわ」って言って、
彼女は「うーん、本当に返してね」って言われてたんですけど、
声が小さいんで、私だけ声がデカいんで、
ほとんど1人でしゃべっているみたいに会話が聞かれるんですけど。

「本当に返してね」と言われて「返す返す!」みたいな感じで
ずっと「返す返す!」って言ってたのがたまってたんですけど、

そのためたのを返すとなると、一気に返すのに税金とかかかりそう・・
じゃないですけど、いろいろ利子とかもあるし・・・

どうしようかなと思った時に、
私自信が仲良くなると一緒に住むっていう、元々そういう癖があるんですね。

自分が借金を返したいが為に、物で返す、現金で返すのはいやらしいと思いまして、
できたら、せっかくこんなに仲が良いし、毎日の様に遊ぶんだから、
「そしたら一緒に住んでもらえませんか?」って。それで、家賃で返すんで。

(Q)彼女からはお金をいただかない代わりにってこと?

そうです。
家賃で返すんで「一緒にいてもらえませんか?」
って自分が言ったんです。

(Q)占い師の親族が向かいのマンションに住むようになったのは?

一時期、肉を食べ過ぎて太っているっていう、
その話がすごく蔓延してて、どこにでも記者がこられていたんですよ。

すごい、二重あごばっかり撮られるんで、
「そんなに撮りたいですか!人の!」というくらい
二重あごばかり撮られてしまって、
それが嫌なんでちょっと篭ったり、一時期、中に入ったりしてる時が・・・

あんまり出ない、買い物に行きたくないって時がありまして、
その時に「手伝っていただけませんか?」って、お買い物とか、あとご飯とか。

それで、親御さんの家賃の分も、ちょうど返せる分があるんで、それも返したい。
「ちょうど良くないですか?」って言って、近所に住んでいただいたんです。

占い師との出会いについて

出会いは、彼女が当時、もう何年も前なんですけど、
仕事で占いをされてる方だったんですけど、
元々は同じショップというか、そういうお店で会ったんじゃないですけど、
同じお客さんだったんですね。

(Q)客同士が知り合ったと?

そうです。

占い師の職業について

(Q)彼女の職業は「占い師」だったり「霊媒師」だったりいろいろ言われていますが、
中島さんの中では職業としてどういう認識?

職業は、元々はものを書いている方なんで。

それは、その一定期間だけバイトみたいな形で占いみたいなことをしている方なんで、
それはそっちの方が正しいと思います。

(Q)実際に占ってもらったことは?

しました。

(Q)当たるんですか?

そうですね。やっぱり占いって一言で言ってしまうとアレなんですけど、
「占い」というよりもどちらかって言うと、全体的に人生相談じゃないですけど、
その、なんて言うんですかね。

人をどっちかって言ったら、ちょっと楽しくさせるじゃないですけど、
生活が楽しくなるように、人生相談をする方ってイメージなんですよ。

だから当たるどうこうじゃなくて、今例えば「こういうことで悩んでて」とか、
私個人的にはどっちかって言うと、良き相談相手というかそんな感じで、
「それ面白いっすね!」と言って「じゃあやりますか!」みたいな感じだったんですよ。

高級焼肉・ピンクの家具について

(Q)同居後、自宅周辺で女性と高級料理を食べ歩く中島さんが目撃されたが。

私、すごく牛肉が好きなんですね。

それで一時期、神戸牛にハマったという話が
もしかしたらあったかもしれないですけど、
自分が神戸牛みたいになってしまって、
ちょっと悲惨なことになってしまったんですけど。

本当にそれに付き合わせて、彼女はやりたくもないのに
ずーっと肉歩きみたいなことをさせられて、本当になんか気の毒でした。

(Q)報道では「今日も牛肉を食べなさい」とか、
いつも「高いものを食べなさい」って、
彼女から言われて中島さんがそうしていた言われてますが?

いや、そうじゃないですね。

私はすみません、報道を全て見てないんですね。

もうなんか「何言うとんねん」って、すみません正直思ってたので、
全然事実と違うことを、ずっとオンエアーされている
というのが自分の認識なので。

家がお金持ちだったらいいんですけど元々。

そうじゃないんです。

急にお金が入ってきた人間なので、どう使ったらいいか分からないんですね。

でも、お仕事をすごくいただいてて、使う時間が無かったりとか、
そしたらそれに時間を無理やり合わせて下さって、
会ってくださる方と一緒に「せっかくだからいいものを食べに行こう」って、
「行こうぜ!」って。

女子会のノリですよね。

そうですそうです。

「行こうよ!そんなの!コース食べちゃいますか!」みたいな、
牛アンド牛!みたいなことになってしまうんですけど。

でも私は、別に彼女に何か言われたわけでもなく、
「せっかく空いた時間、温泉行こう!」とか、
普通に「いいもの食べよう」というのを考えていただけで、
自分の散財にどちらかって言うと付き合ってもらっていた感じなんです。

(Q)ピンクの家具も、言われて買ったと伝わっているが?

家具のセンスがあまりなくて、だけど家具が好きなんです。

それで買う時に「ピンクどう思います?可愛くないっすか?」と聞いたら
「あ~かわいいんじゃない?でもこれ高くない?」って言われても、
自分が可愛いと思ったら、やっぱり「よし!」って買うほうなんで。

散財について

(Q)年収が6000万とか7500万とか言われているが、そんなにお金って使えるもの?

使えるもんです。今直ぐにでも使えます、はい。

(Q)本当に使っちゃったんですか?

服に・・・これ言っていいか分かんないけど、1回で350万とか使います。

(Q)一回でですか?

はい。使います。

自分では「欲しい」っていう方が先立ってしまって、
金遣いが分からない人の典型的な買い方なんですけど。

彼女は彼女で自分のお金を持っているんで、自分で自分のものを買っているけど、
まぁ、散財しない人なんで、結構堅実なんで、
私の散財に、すごく静かに注意をしていましたけどね。

(Q)貯金も本当に切り崩して無くなった?

ないです。自分で貯金は率先してなくしてたんで。

引越しもそうですし、家具も服も全て。

旅行もそうですし、全部欲しいって、自分が全部言って。

ただ、正直いってガメツイんで、絶対に人には渡しません。
お金の管理だけは。

閉じこもり生活について

(Q)なぜ、閉じこもり生活になったのか?

やっぱりどこかで仕事に関して自分自身がもう一回ちょっと考え直したいっていう、
辞める辞めないかというよりも、自分の仕事内容とかすごく恵まれているんですけど、
なんかいろいろもっと考えたいっていう時期に入ってまして。

それで、一回ちょっと休みたいっていうのがあったんですけど休めないし、
結果、一番迷惑をかけることになったんですけど、
思い切って本当にちょっと腸が悪くなったのをきっかけに
「しばらく休みたい」って言ったんですね。

それでもう、どっちかって言うとヤケになっている感じに近くて・・・

(Q)そこまで休みたいと思ったのは何?

自分で考え過ぎていった中に、会社とちょっと話が合わなかったりとか、
ここからどうやって行くということに関して、話が合わなかったりしたことでも、
自分の中で「うーん合わないな」っていうのも実はありまして。

それが一つと、あともう一つはやっぱり、
私はコンビを組んでいるんですけど、
相方(松嶋尚美)が独立したんですね。何年か前に。

やっぱり、コンビなのに独立したということもそうなんですけど、
それだけじゃなくて、独立したということに対して
自分も色々考えることがありまして、
それで、そこから悩んでいることもあったので・・・

それで、急に意を決してやってしまったんですけど。

家賃滞納について

自分自身が決めて「もういいや」と思って家賃滞納をしてしまったら、
皆さんに迷惑をかけるかもしれないですけど、
そこまでいくと休ませてもらえるかなと。

ここまでご迷惑をかけることをうっすら予想していたかもしれないけれど、
どこかで「ヤケッパチになったら暫く休ませてもらえるかな」という浅い考えで
ちょっとやってしまったところがありますね。

申し訳なかったと思います。本当に。

(Q)家賃滞納はエンドレスではなく、
あるところでやめようと思っていたわけですね?

はいそうです。
それぐらいまではいいだろうと勝手に思い込んでいたので。

不動屋さんは最初から「正直、意味がわからないです。」って、
「常識外れなんで、止められた方がいいんじゃないですか?」って
仰っていたんですけど、
「やめられないんです。自分で決めたんだ」
「自分の生き方にかかっているから、ちょっと待って欲しい」
と言ったら、
「いや、皆さん迷惑されているんで」ということを言われたんですけど、
自分としてはやっぱり、この先に返せると思っているので・・・

ちゃんと働けばまた

はい。なんで、そういう浅い考えで。

世間で騒ぎになったことについて

(Q)世間が騒がしくなってたのもご存知だった?

そうですね。すごいフラッシュだったんで。マンションの前が。

住民の皆さんにも凄くご迷惑をお掛けしたので。

記者の方がマンションの前にすごくたくさん来ていたので、
「これなんか問題になっているのかな」とは思ってました。

なんかもうこれは、自分が起こしてしまったことだと思って、
休む方向にっていう浅い考えで、
自分の中でもやってしまってるけど一切テレビを見ないように・・・

(Q)テレビは見ていなかったんですか?

はい、見ないようにしていました。

(Q)マスコミに注目される前は出かけていた?

してました。

(騒がれた後も)全く外出していなかったわけじゃなくて、
近所に買い物に行ったりもしてました。

部屋から連れだされた時について

(Q)お父さん、警察、不動産屋、弁護士が部屋に入ってきた時、どう思った?

来たのは警察の人だけです。

そうなんですか!?

「ちょっと出てきて話を聞いてもらえませんか」と言われたんで、
「分かりました」って、直ぐに出て行ったんですけど。5分とか。

(Q)何十分とかのやり取りじゃなく?

ないです。

(Q)マンションの中で皆さんで話し合われたんですか?

いいえ違います。

(Q)あっ、違うんですか!?
じゃあ、警察の方と一緒にマンションを出た?

はい、そうです。

インタビューを終えた心境

(Q)初めてですよね?ここまでお話いただいたのは

初めてです。ちょっと緊張しました。

誤り足りないのはちょっとあります。

こんなに世間の皆さんも、ちょっと頑張れみたいなことを
仰って下さっている方も多かったので、
それでご迷惑をお掛けした方には、謝っても謝りきれないなというのはあります。

(Q)後悔はしてないですか?今語ったことに関して。

してないです!

それはもっと早くどっちかっていうとするべきだったなと思っていますね。

(Q)今後の仕事に関しては、どんな思いを持っている?

仕事はもう、出来たらやらせていただきたいです。直ぐにでも。

今からでも。やらせていただきたいですね。

(Q)何がやりたいとかあります?

そうですね。もうなんでもやらせていただきたいですね。

やっぱり、いろいろあったことで反省もしたので、
これからは一からやり直すという意味で、
新しい自分を見ていただいたらと思っています。

松竹芸能 遺憾の意

ワイドスクランブルで中島さんが真相を語った29日の夜、
所属事務所の松竹芸能が報道各社にファックスを送り、
中島さんが無断でテレビに出演したこと、
「松竹を辞める」という報道に遺憾の意を表明しました。

弊社は2011年4月からの中島知子の休養期間において、
中島知子のご両親の意思を最大限尊重し、協議を重ねながら、
入院治療及びご両親の意向に基づく専門家によるカウンセリング等の実施において、
可能な限りのサポートを行って参りました。

昨日、中島知子から、弊社との専属契約を解約したいとの申し入れがありました。
弊社は、中島知子の肉体的及び精神的な健康状態が、芸能活動を行う上で、
万全でないと見受けられたことから、
弊社による継続的なサポートが必要であると判断し、
専属契約解除の申し入れに関して、再考を促しました。

しかしながら、本日の新聞及びテレビの報道に対し、
昨日中に、中島知子が弊社に無断で取材を受け、また出演し、
事実と異なる発言が少なからず見受けられたことは、極めて遺憾であります。

つきましては、今後の対応については現在検討しております。

ご迷惑をお掛けした方々に深くお詫び申し上げます。

 

もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ