指原莉乃のこと大分の人はどう思ってる?

指原莉乃さん(19)の総選挙での大躍進に
地元大分のファンや市長までもが歓喜の声を上げた6月6日。

その模様は大分放送の夕方のニュース番組でも取り上げられました。
それから僅か8日後の悪夢のスキャンダル報道で
イメージガタ落ちなんて、いったい誰が想像できたでしょうか。

今回の件は、指原さん自身のダメージも相当なものでしょうが、
本人以上に熱烈なファンのダメージの方が大きいかもしれません。

その中でも特に地元のファンの気持ちが気になったんで軽く調べてみると、
ファンの気持ちではないですが、こんなのが出てきました。

『さっしー、次は選挙PRをお願い!?』
朝日新聞デジタル

記事の内容を要約すると、

6月15日の大分市議会で、
「AKBの選抜総選挙で躍進した指原さんが
『選挙は大事』と言えば説得力がある」ということで、
指原莉乃さんを選挙の投票率向上のPRに起用する案が提案された。
指原さんは市の観光大使を務めていることから
「選挙のイメージ向上にも有効。検討していきたい」
「若者の選挙離れは深刻。
予算的な制約もあるが所属プロダクションと交渉したい」と前向きな姿勢。
市選挙管理委員会の担当者は、
「可能なら啓発チラシやポスター、スポットCMに登場してほしい」と期待する。

といった内容のもの。

これ、週刊文春発売日の次の日なんですけど、
大分は文春の発売日が違うんですかね。

タイミング悪すぎのこの提案は、却下される可能性が高そうですね。

いくらなんでもスキャンダルでイメージが悪くなった人を
選挙のイメージ向上に使うのはマズイでしょ。

ほんま、胸が痛くなるようなニュースです。。。

それ以外には

『指原莉乃さんが総選挙で獲得した6万7339票の内、約1割が大分票』

『釘宮大分市長が自ら知人や友人に投票を依頼した』

『指原さんが命名した子ザル「さしこちゃん」が、
高崎山自然動物園の総選挙で勝利!』

という、読んでて目頭が熱くなるような記事ばかり。

お世辞にも知名度が高いとは言えない大分を
指原人気にあやかって必死に盛り上げようとする姿が目に浮かびます。

こんな感じでスキャンダル報道が出る前の記事を読みながら
「現在の地元ファンの反応」を捜したんですが、
結局見つからずじまいでした。。。

相当ショックを受けてると思うんですが。

その代わりと言っては何ですが、17日に千葉で行われた握手会では、
一部のファンに罵詈雑言を浴びせられたみたいですが、
大部分のファンは指原さんに向かって温かい言葉をかけたそうです。

オフィシャルブログにも温かいコメントばかり数多く寄せられたみたいですね。
と言っても、運営側が不適切なコメントを削除するアメブロですがw

さて、問題の大分市なんですけど、
指原さんをこのまま観光大使として起用し続けるんでしょうか?

起用し続けるにしても、
指原さん一人にあれこれさせるのは危険ですよね。

今後は大分市観光特使の乃木坂46も積極的に使って
リスクの分散を図るのが大切かもしれません。

って、どっちも秋元がらみのアイドルやんwキビシー

指原さん、立ち直り早いっすね。
指原莉乃 いいともで真相語るは大ウソでした

もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ