光宗薫 総選挙でまさかの圏外 なんでなん?

毎週「ATARU」を観ていながら、

性格の悪い鑑識官を演じてる人が光宗薫(みつむねかおる)という名前で、

しかもAKBのメンバーだってことを今日初めて知りました。

はい、お察しの通りAKBド素人ですw

光宗薫さんは、AKBの研究生(スポーツで言うところの補欠)でありながら
冒頭で書いたドラマのレギュラー出演の他に、
CM、バラエティー、ソログラビア、さらには主演映画も決定している
スーパー研究生として大きな期待をかけられている存在なんだそうです。

そんな彼女が、選抜総選挙でまさかの圏外!

神戸コレクション2011モデルオーディションの優勝者という
肩書きを持っていて、AKBらしからぬルックスの持ち主で
期待の新人と呼ばれてメディアに出まくっていながらですよ!

この残酷な結果を突き付けられた彼女は、
会場でずっと泣いていたそうです。

かわいそうっすね。。。でも、なんかオモロいっすねwww

とんでもない鬼畜発言と思われるかもしれませんが、
実際、芸能人のこういう話って「なんでなんで」って感じで
興味を持ってしまいませんか?

ホンマ、なんででしょ?

ポッと出の人間がメディアに露出し過ぎたことで
ファンから反感を買ってしまったんでしょうか。

AKBって下積みが長かったグループなので、
それを知っているファンからすれば
「何やねんコイツ」って思うかもしれません。

光宗薫さんは、「苦労人」や「努力の人」という
日本人ウケするイメージとは正反対の売り込み方をされた
かわいそうな人なのかもしれません。

でも、今回の総選挙で良くも悪くも話題になったわけですから、
これをチャンスとして頑張れば、
次第にAKBファンに認められていくんじゃないでしょうか。

彼女は総選挙の時の心境と、これからの心構えをGoogle+書いています。
光宗薫さんのGoogle+

けっこう負けん気の強い人のようです。

最後の「何でもする。」ってのが気になりますがw


もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ