浅田均は体罰の会の発起人ではなかった!


rakuten

体罰は教育!

子供には体罰を受ける権利がある!

いっさいの体罰を禁じることは、
日本の教育を荒廃させるだけではなく、
子供の人権と将来を奪うものである!

こう主張するのは、ガチガチの保守派によって
2008年の設立された『体罰の会』。

大阪市立桜宮高等学校で起こった体罰事件の影響で体罰の会に注目が集まる中、
大阪維新の会政調会長の浅田均さん(63)が体罰の会に紐付けられて注目されました。

注目度は検索急上昇ワードに上がるほどではありませんが、
反映されるのが早いYahoo!の関連検索ワードには、ほらこのとおり

浅田均 Yahoo!検索結果

一番左に『浅田均 体罰の会』という関連検索ワードが新たに登場しています。

ちなみに「体罰の会」で検索しても、

体罰の会 Yahoo!検索結果

浅田さんの名前の関連検索ワードが出ています。

検索結果に表示される関連ワードは、一定の検索ボリュームが無いと出現しないもの。

なぜ、こんなことになったのか?

その原因は、体罰の会の発起人名簿に名前が記載されているからです。

体罰の会 発起人名簿
体罰の会 発起人名簿

この名簿は、85人の発起人の名前が記載されているんですが、
その一番目立つところに「浅田均」という名前があります。

この「見つけてくれ」と言わんばかりの位置にある名前が
浅田さんのことを知っている人の目に留まり、
『体罰の会の発起人名簿に浅田均という名前があった』
といった内容でツイッター・2ちゃんねる・ブログ等で書かれて拡散。

その結果、新たなYahoo!の関連ワードが登場と相成ったわけです。

拡散していく過程で「維新の浅田か?」という疑問形から
「維新の浅田だ!」という断定的な書き込みに変化するという
何時もどおりの現象が起こったことを、念のため付け加えておきます。

さて、遠回しに「自分は彼らとは違うよ」と言いたげなことを書いてきましたが、
かく言う自分も、最初にこれらの書き込みを読んだ時、

「維新の浅田が体罰の会の発起人?!」


「橋下が前言を撤回して人気取りに奔走している時に

維新の幹部が体罰上等なんてウケルww」

と、脊髄反射的に記事にしようと思った人間の一人です。

最近、途中まで書いた記事を下書きのまま放置している状態が続いている中、
久々に最後まで書けそうなネタだったので、記事にしたい・・

しかし、周りと同じように疑問形で書くのは面白く無い・・

ということで、真偽を確かめるべく、浅田さんの事務所に電話してみました。

電話をかけたのは1月15日の午後3時頃。

電話口に出たのは、声で判断するに推定60代の男性。

その男性に、浅田さんと体罰の会の関係を聞いたところ、
帰ってきたのは「それは初耳です」という答え。

この返答は、肯定が否定いずれかの答えを待っていた自分にとって期待はずれ。

そこで、ネット上では一部の人が断定的に書いていることや、
浅田さんの関連検索ワードに「体罰の会」が出ていることを教え、
「このままでは有ること無いこと書かれる」
「せっかく体罰問題に本気で取り組んでいる橋下さんの足を引っ張ることになる」

と言って危機感を煽ったところ、
「本人に確認を取ります」という返事をもらい電話終了。

そして翌日(1月16日)の午前9時半頃に再び電話。

前日と同じ推定60代の男性が電話に出る。

返ってきた答えは、「同姓同名の別人」ということと、
「ホームページに噂を否定する文章を書いている」。

その答えを聞き「別人で良かったです♪」
なんていう自分の気持ちとは正反対の言葉を言い電話を切った後、
直ぐに浅田さんのホームページを確認するも、更新の気配無し。
浅田均議員のホームページ

そこで、約2ヶ月半の間放置状態の浅田さんのツイッターを確認したところ
こんなツイートがされていました。

ツイートされた時間は2013年1月15日7時15分となっていましたが、
その時間に浅田さんのツイッターは更新されていなかったのを確認しているので、
表示されている時間は、たぶんアメリカの太平洋岸標準時ではないかと思います。

ということは、1月15日午後11時15分のツイートということになるんですかね?
ツイッターはやってないので自信は有りませんw

体罰の会の返答

浅田さんについては、体罰の会にもメールで問い合わせをしました。

16日に返事が返ってきたので、メールを転載します。

◯◯ 様

当会にお問い合わせ頂きました件について回答させて頂きます。

当会発起人名簿にある「浅田 均」に関するご質問ですが、

大阪府議会議員の浅田氏とは縁もゆかりも無い同姓同名の別人です。

体罰の会 事務局

以上のことから、体罰の会の発起人である「浅田均」と
維新の会の浅田さんとは同姓同名の別人であるということになります。

★勝手な妄想★

さて、突然ではありますが、ここで妄想タイムに入ります。

妄想の内容、それは、プレスに質問なんかされていないということ。

「浅田均は体罰の会の発起人」という話題のピークは、12日~13日。

仕事が速いマスコミなら、この時点で質問していると思うんです。

もし、12日~13日に質問されているとするならば、
自分にとって不都合なデマには直ぐに対処するはず。

なのにツイッターでデマを否定したのは2日後の15日の夜。

ということで、

一般市民の連絡で自体を把握する。

何かアクションを起こさないといけないと思い、放置していたツイッターを開く。

すると、11日の時点で体罰の会についての質問が入っていた。

この質問にもっと早く気付いていればと後悔しながら、
その質問に返答するという形でツイートし疑惑を否定する。

という妄想が完成しますw

以上、妄想と書きましたが、自分では真実だと思っています。

なので、この記事は、
鼻の穴を大きく膨らませたどや顔で書いています。カッカッカッ

浅田さんへの提案

返事を聞くためにかけた16日の電話で、浅田さんに対して1つ提案を出しました。

それは、

ツイッターのプロフィール画像、変えたほうがええんちゃう?

浅田均 twitter

政治家であり、維新の会の幹部でもある方のプロフィール画像が犬って・・・

信頼度ゼロですやん。初めて見た時、偽物かと思いました。

この提案を聞いた事務所の人は、
笑いながら「あれは愛犬ですねん」と言ってたので、
ちゃんと浅田さんに伝わるかどうか分かりません。

ま、胡散臭い政党である維新の議員にお似合いのプロフィール画像なんで、
そのままでも良いと思いますけどねw

体罰の会へ提案

調子に乗って体罰の会にも提案しちゃいましょう。

提案内容はサイトの顔であるヘッダー画像。

現在使われているヘッダー画像って、ストレートなネーミングで
強烈なメッセージを発している体罰の会に似合わないと思うんです。

体罰の会 ヘッダー画像

フォントは良いとして、問題はその横に散りばめられているカラフルな星。

サイトに書かれている内容や文体と全く合ってません。

そこで、子供を力で押さえつけるのに付き物の恐怖心を表現した
こちらのヘッダー画像はどうでしょう?

体罰の会

お気に召さないのなら、汗臭い中年体育教師のイメージ画像を添えた
こちらはどうでしょう?

むさ苦しいオッサンとは正反対のイメージのフォントを使うことで
画像から漂う加齢臭を抑え、
背景を黒にすることでキモい体育教師の威厳を保っています。

体罰の会

もし、体罰の会のヘッダーが、これらの画像に変わった時は、
大手を振ってどや顔が出来るってもんですな カッカッカッ

お ま け

記事冒頭の画像「スパルタの海」は、
戸塚ヨットスクールを題材としたドキュメント小説を映画化した作品です。

戸塚ヨットスクール校長の戸塚宏さんは、体罰の会の顧問兼支部長を務めています。

★「スパルタの海」予告編 (シネマトゥデイ公式動画)★

ちなみにこの映画、石原慎太郎日本維新の会代表が推薦していますw

予告編の最後にデカデカと名前が出ますよ。

もう一記事いかが?


Sponsored Links





10 Responses to “浅田均は体罰の会の発起人ではなかった!”

  1. 大吟醸 より:

    おー!浅田事務所に電凸(デンペコw)されたんですか。さすがです。

    「勝手な妄想」の部分ですが・・・私も同意です。おそらくそのとおりでしょう。
    「ホームページで噂を否定」というのは・・・

    ①浅田氏が「ツイッター」のことを「ホームページ」と呼んで事務所員に報告したのかも。浅田氏は普段、ネットとは疎遠のようです。そういう人って、ツイッターだろうがブログだろうが何でも「ホームページ」と呼ぶ傾向があるように思われます(笑)
    ②浅田氏の「ツイッターで噂を否定したよ」と報告を受けた事務所員が「ツイッター」をよく知らず、「たぶんホームページのようなものだろう」と自己解釈してよかろーさんに回答したのかも。これもありがちなケースですよね(笑)

    私、浅田氏のことをあまり知らなかったので、この記事をきっかけにいろいろ調べてみました。「維新の会の知恵袋」と呼ばれているそうですね。維新の会のナンバー3のポジションにいて、維新八策も浅田氏の発案した項目が多いのだとか。ふ~ん、という感じですが。まぁ・・・過去の発言などを見る限り、体罰とはおよそ縁遠い人物だと思えます。

    それにしても、橋下氏といい、松井氏といい、この浅田氏といい、維新の会ってホントに変なのばっかりだなぁと思いました。

    • 大吟醸 より:

      すみません。

      上記コメント、途中に「①か②のどちらかだろうと推測します」という一文を入れ忘れておりました。

      一度送信してしまうと削除も修正もできないので、よく推敲してから投稿しないといけませんね。申し訳ありませんでした。

      • よかろー より:

        大吟醸さん、コメントありがとうございます。

        支持者になりすまして電凹しましたw

        >ブログだろうが何でも「ホームページ」と呼ぶ傾向があるように思われます。
        ゲーム機全てを「ファミコン」と呼ぶのといっしょですねw

        自分の妄想に同意して下さってありがとうございます。

        「浅田さんが体罰の会の発起人」という話題のピークは、12日~13日。
        仕事が速いマスコミなら、この時点で質問していると思うんです。
        なのにツイッターでデマを否定したのは2日後の15日。
        自分にとって不都合なデマがネットで流れていることのを知って
        対処したとするには、タイミングが遅いのではないかと思います。
        ※この部分、本文に付け加えておきます。

        以上のことから「複数のプレスから同様の質問を受けました」
        というのは嘘で、「15日の一般市民の連絡で知った」というのが
        真実ではないかと妄想しております。

        ちなみに、浅田さんがツイッターで否定したにも関わらず、
        18日現在、以下のツイートがリツイートされ回っていますw
        ==================================
        橋下徹が体罰に関して「改心」したのかどうかは、「体罰の会」発起人である維新の会政調会長の浅田均をどうするかでわかる。
        ==================================

        【コメント欄について】
        大吟醸さんのご指摘で、
        コメント欄の使い勝手の悪さに気づくことが出来ました。
        ありがとうございます。

        早速、投稿したコメントの編集・削除が可能なプラグインを導入しました。
        ただ、このプラグイン、制限時間内にしか編集できない仕様で、
        コメントを投稿するとカウントダウンが表示されて嫌な感じですw

        あまり長くし過ぎるとブログが重くなる恐れがあるので、
        制限時間は10分に設定しました。

        よろしくお願いします。

        • 大吟醸 より:

          わざわざプラグインを導入していただいたんですか!
          ありがとうございます。さっそく試すためにコメントを書いています。

          が。ただそれだけのために、というのもアレなので・・・

          >電凸(デンペコw)

          ↑これにツッコんでほしかったです~(笑)

          お忘れでしょうか?ひょうたん爺さんの仮想記事。
          あの記事へのオマージュのつもりだったんです。

          って。知っていてあえてスルーされたんなら・・・
          申し訳ありません。ペコwww

          • 大吟醸 より:

            ちゃんと修正できました!

            コメント投稿後にカウントダウンされるとのことですが、その表示は見当たりませんねぇ。私が気付いていないだけなのかもしれません。

            ちょっと思ったんですが・・・
            よそ様のブログにコメントを投稿するなんて、私はあまりしない人間なのですが、こちらの記事がいつも面白いのと、初めてコメントした際のよかろーさんのリコメがとてもスマートで心地よかったのとで、何度もお邪魔させていただいております。

            コメントする際は、ブログ主さんが記事の中で何を言わんとしているか、きちんと読み取ることが大事だと思っています。細かいことを突っ込む時も、その記事を主題を踏まえたうえでないといけないなぁと思うんです。体罰の是非は、今回の記事のテーマではない気がします・・・もし私のコメントについて、何かお気に触るようなことがあれば、おっしゃってくださいね。勉強させていただきたいと思っています。

            追伸
            この、2つ目のコメントにはカウントダウンの表示が出ました。
            1つ目のは出なかったんですよねぇ。どうしてだったのかな?

            • よかろー より:

              大吟醸さん、コメントありがとうございます。

              >ちゃんと修正できました!
              ご報告、ありがとうございます。
              プラグインが正常に機能しているようですね。
              カウントダウン表示されなかった原因は
              分からなかったです。

              >ひょうたん爺さんの仮想記事
              そういえば、そのような記事を悪ふざけで書いてますね。
              そのような古い記事を覚えていて下さって嬉しい限りです。
              そして、それを上手に突っ込めなかったことを
              反省しておりますw

              コメント内容に関しては、
              大吟醸さんの考え方が正解なのですが、
              当ブログには、そのようなお気遣いは無用ですよ。
              記事のテーマに外れていようが関係無しで、
              思ったことを書いて下さったり
              細かいところを突っ込んでいただければ、
              こちらも勉強になります。

              今後とも、よろしくお願い致します。

  2. じょん・どぅ より:

    殴るのは別段反対ではないのですが、私が気に入らないのは肯定派の思考停止なのですよ。まるでデメリットがないかのように振る舞うのですから。
    「殴らない」ことのデメリットは増長する生徒ですが「殴る」ことで増長するのは教師です。

    「殴る」ことに誰にも咎められず、また罪悪感も感じず正義と信じているようでは、段々とエスカレートしていくのは当然です。
    「なんで言い切れるんだ」と思われるかもしれませんが実際に見ましたもの、「殴る」ことが許容されている現場で。
    生徒は100%悪くないのに勘違いで大振りの利き手パンチをメガネを掛けてる生徒のこめかみに放って謝ることすらせず、うやむやにした教師や、
    ベテランの威光を笠に着て、時代錯誤も甚だしく木刀を持って通学路や部活で生徒を脅す教師とか…。

    まあ、わきまえていた人や今でも尊敬に値する先生もいたのですが…玉石混合のカオス空間でした、私のいたところは。

    • よかろー より:

      じょん・どぅさん、コメントありがとうございます。

      言って聞かせるよりも殴って黙らせるほうが楽なのは間違いないですね。
      根本的な解決になるかは別として。

      仰るとおり、先生がなめられると学級崩壊、
      体罰が行き過ぎると暴力教師が出来上がるわけで、
      その中間で上手いことやるプロフェッショナルといえる先生が
      少なくなったのかもしれません。

      >勘違いで大振りの利き手パンチ
      これはもうアウトですね。

      机の上を歩いていって、座っている生徒の頭を
      サッカーボールのように蹴飛ばしたK先生と同じレベルですわw
      その時の憎悪に満ちたK先生の顔は、今でも覚えています。
      もちろん、生徒には人気が有りません。

      あっ、そうそう、自分もK先生にケツをシバかれたことありました。
      四つん這いにさせられて木の棒でね。
      やられた直後は立ち上がれませんでした。
      昔、絵本で親におしりを叩かれまくったせいで
      うつ伏せになってベットで眠る子供の絵を見たんですが、
      それと同じ状態になっている自分をおかしく思った記憶がありますw

      そのK先生とは対照的に、一見暴力教師なのに
      生徒から人気が有ったのが、体に罰を与えるのが上手いY先生。
      傍から見たらすごい勢いで怒っている様に見えるんですが、
      なぜか体にはダメージが残らないんです。
      「ガキ使 笑ってはいけない」で、山崎邦正を殴る蝶野正洋みたいに
      殴り方が上手なんだと思います。

      このY先生の体罰で一番印象に残っているのが、
      自動販売機を燃やした生徒を叱っている時です。

      授業中にいきなり教室に乗り込んできて、
      他の生徒の前で、問題生徒の体を
      上下左右にブンブンと振り回していました。
      とにかくすごい迫力で、周りの生徒や
      授業を担当していた先生は放心状態でした。

      この時、Y先生は、一切殴るという行為はしていません。
      でも、周りで見ている生徒には、
      問題生徒をフルボッコにしている印象を与えています。
      ※Y先生は実戦空手の有段者であることから、
      グーで殴ることはしていなかったと思います。

      ちなみに怒られていた生徒ですが、
      自動販売機を燃やす以外に、売り場から盗んだ自転車や電化製品を売って
      小遣い稼ぎをしていたアホですw
      なので、このくらいやられても当然だと思います。

      これまた”ちなみに”ですが、母ちゃんは美人でした。
      関係ありませんねw

      なんか、変な思い出話になってしまいましてすみません。

  3. より:

    すみません。ブログ主さまの主題関係ナシに突っ込むヤツです…。
    アホな自己中だとお思いになって、ご勘弁ください。

    学校の門をくぐるだけで、暴行、制裁、しごき、イジメ、はたまた教師の単なる鬱憤晴らしが、「体罰」という単語になってしまうのは解せませんが。
    一歩外に出れば、警察沙汰なのに。

    言うまでもなく、ソレが許されているのは軍隊ですね。
    物理的・精神的に徹底的に痛めつけ、反抗する気力さえも失わせて、上からの命令はゼッタイであると身体にたたき込む。「洗脳」という単語を使ってもいいかと思います。
    なぜならば、1人が命令に従わないコトが、部隊全体の生死にかかわる場合があるからでしょう。

    学校は社会に出るためのトレーニングの場であって、上位の者に従うという教育はもちろん必要なものですけれど、では、会社に入って上司の命令に従わなかった場合、会社全体が崩壊するかというと、会社組織というのはなるべくそういうコトのないようなシステムになっていて、本人が放逐されるだけです。
    ですから、(とりあえず、日本の)学校教育の場でソレは必要ないと思うのです。

    ただ、例外はあって、他人の生命・身体あるいは財産に危害が及ぶ場合ですね。
    自販機を燃やすという行為は、明らかにキケン。火事になったら、他人の財産どころか複数の生命が失われる可能性だってあります。
    だからこそ、よかろーさまも当然と思われたワケですよね。
    ヨットスクールでソレが容認されるとすれば、同船している全員の生命にかかわるケースもあり得るからでしょう。

    「日本の戦後教育に重大な欠陥がある」のはたしかですが、ソコじゃないような…。
    モン・ペもいる代わりに、モン・テもいる時代、先に重大な欠陥がある教師をなんとかしてほしいです。

    ちなみに、「あさだ」という苗字、あいうえお順では上の方に記載されてしまいますから、今回のような騒動になってお気の毒です。もっと下の方なら気がつかれなかったかも。
    出席簿の半分より下に位置する苗字の私は、どちらかというと、この苗字でヨカッタ…!と思ったことの方が多いです。

    • よかろー より:

      狸さん、コメントありがとうございます。

      >ブログ主さまの主題関係ナシに突っ込むヤツです
      気にせず、どんどんやっちゃって下さいw

      >一歩外に出れば、警察沙汰なのに
      ほんと、ソレですよね。
      教育・体罰という名を借りた暴力。
      それに安易に走る能力の無い先生。
      今後大阪では、そういう先生が増えそうです。
      HSG(ハシゲ)のせいで・・・
      大阪の教員採用、異例の追加募集 給与カットなど響く?
      倍率の低下は質の低下につながるとは思いませんか?

      >ソレが許されているのは軍隊ですね
      ルール無用の殺し合いの場に送り込むソルジャーを作り上げるのが
      前提の軍隊教育は、狸さんが仰るとおり、洗脳とも言えますね。
      ガチガチの体罰容認派は、
      旧日本軍で行われていた学校教育(教練)よりも
      ちょっと緩めのものを取り入れたいみたいですね。
      そういうのを取り入れるならば、
      先生はプロ中のプロでないとダメだと思います。

      自分は昔、社員研修で自衛隊の体験入隊をしたことがあるんですが、
      期間が2日か3日だったので根性を叩き直すには至りませんでしたw
      体験入隊のプログラムには、皆が寝静まった深夜に
      いきなり警報を鳴らして叩き起こし、
      グランドに集合させる「非常呼集」なるものが有りまして、
      一番遅かったチームは、深夜にグランドを走らされるという
      『体罰』を受けていました。

      ちなみにですがその会社、社員の集まりの時は
      必ず「同期の桜」を皆で歌わせてましたww

      >自販機を燃やす
      これ、ホント意味不明でしょ?w
      本人は面白半分でやってますから。
      こいつのアダ名は「ルンルン」って言うんですが、
      名前の通り頭の中がお花畑なんですよ。
      怒られても「暖簾に腕押し」「糠に釘」の状態です。
      なのでY先生のシバキも「効果はいまいちだ」という
      ポケモンの戦闘メッセージが流れてくるような感じです。

      >重大な欠陥がある教師をなんとかしてほしいです。
      仰るとおりです。

      >出席簿の半分より下に位置する苗字
      ベストな位置ですね。
      学生時代、頭文字が「A」の人が、「常に出席番号が1番になるから
      クラス替え当初は何でも最初にやらなあかん」てぼやいてました。
      そんな彼が奇跡的に出席番号が4番になったことがあったんです。
      その時の1番は、「あ」の次が「い」という
      出席番号1番を宿命付けられた「あい◯◯」という苗字でしたw

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ