千野志麻(チノパン) 事故 週刊新潮・週刊文春 記事まとめ

千野志麻 週刊新潮

裕福な家で育ち、公言していた「玉の輿に乗る」
という夢を福田赳夫元総理の孫と結婚することで実現させ、人も羨むセレブ生活を送っていた『チノパン』こと元フジテレビアナウンサー千野志麻被疑者(本名 横手志麻 35)

「揺りかごから墓場まで勝ち組」かと思せる彼女の生活を一変させたのが、里帰り中の1月2日に自身が起こした轢死(れきし)事故。

事故が起きたのが新年が明けて間がないせいなのか、
はたまた、何か大きな力が働いているせいなのかは定かではありませんが、
詳細な情報が流れてこないことでネット上では情報が錯綜し、
様々なデマが飛び交っています。

そんな中、今まで報道された中で一番濃いと思われる情報を報じているのが、
1月9日発売の週刊新潮と週刊文春。

両誌の記事を要約したものを掲載することで、
憶測が元のデマが少しでも減れば幸いです。

両誌がチノパンの事故報道に割いたページ数は、
週刊新潮が4ページ、週刊文春2ページ。

ということで、ます最初に、週刊新潮の記事内容の要約を掲載します。

週刊新潮1月17日迎春増大号 記事要約

【記事タイトル】

幸せを絵に描いた「家族の正月」一瞬の暗転
轢死事故で「チノパン」セレブ家庭の支払う代償

★事故について★

【事故発生日時】

日が落ち、辺りが薄暗くなった1月2日の午後5時頃。

【事故発生場所】

東名・沼津インター近くのビジネスホテル「ホテルインサイド」の駐車場。

【千野被疑者が運転していた車】

アウディの黒っぽいSUV車(右ハンドル)

ちなみに、アウディの最上級SUVはQ7(税込価格¥8,330,000)
Audi Japan Q7

【事故の状況】

事故の捜査にあたった沼津警察署の幹部の証言。

千野志麻 事故の状況
※スポーツ新聞に掲載された画像を加工したものです。
被害者の車は白のホンダ・フィット。停められていた場所は、画像のとおりです。

千野被疑者は、助手席に子供を1人、後部座席に夫と子供2人を乗せて車を発車させ、
駐車場出口を目指して車を右折させた。

その時、自分の車の運転席側から通路に出てきた被害者と接触し、
うつ伏せに倒れた被害者の身体の上にタイヤが乗り上げた。

ホテルの駐車場はそれほど広くないことから、
千野被疑者の車のスピードはせいぜい時速10~20キロではないか。

もっとスピードが出ていると、被害者と接触した時にヘッドライトのカバーが割れたり、
被害者が跳ね上げられてフロントガラスにクモの巣状のヒビが入ったりするが、
千野被疑者の車は、フロントバンパーの右端に、
わずかに擦過痕(さっかこん)が認められるだけだった。

しかし今回は、スピードが出ていなかったことが災いし、
被害者が押し倒される様な格好で車の下に潜り込んでしまった。

【事故発生時の対応】

ホテル従業員の証言。

千野被疑者はホテルのフロントに駆け込んで来て、
「急いで救急車を呼んで下さい!」
パニック状態に陥りながら叫んだ後、直ちに駐車場へ引き返していった。

警察への通報は千野被疑者。※前出の警察幹部談。

事故現場がちょうど防犯カメラの死角にだったため、
当初、何が怒ったか分からなかった。

従業員の一人が駐車場に行き、被害者の状態を確認。

「男の人がうつ伏せで倒れている。出血はしていないが嘔吐している。
意識は有るみたいだ。」
と119番に説明。

被害者の男性は、何やらブツブツと言葉を発していた。

千野さんは、旦那さんと「しっかりして下さい」と必死に声を掛けていた。

【現場に警察が到着】

証言は前出の警察幹部。

警察は、横手夫妻のアルコール検査をその場で行い、
事故の状況の聞き取りや現場検証を実施。

逃亡や証拠隠滅の恐れが無いため逮捕はしなかったし、車も直ぐに返した。

一通り調べが終わると、直ぐに旦那さんの運転で被害者が運ばれた病院に向かっていった。

被害者の親族も長野から駆けつけたので、病院で顔を合わせているはず。

【被害者の死因】

外傷性肝損傷と右肺の血気胸による出血性ショックで
午後9時45分、息を引き取られた。

● 死因について、東大名誉教授の前川和彦医師の解説。

重量2トン以上の車に乗られ、肋骨が折れて肺に刺さり、肝臓は圧挫傷したのです。

腹腔内で大量出血し、腹膜への刺激と血圧の低下で嘔吐症状が起こった。

また、肺に血液が溜まると呼吸が苦しくなり、
言葉がうまく話せなくなります。

臓器の損傷が激しく、搬送先の病院でも手の施しようがなかったかもしれません。

【被害者に関して】

被害者男性(38)は、長野県小諸市に住む看護師。

独身で母親と2人暮らし。勤務先は上田市の病院。

沼津に行ったのは、毎年観戦に出掛けるくらい大ファンの
箱根駅伝を観戦するため。
(家族の証言)

※週刊新潮には、被害者の顔写真が掲載されています。

被害者に関して酷いデマが流れているので、重要な部分を赤く強調しています。

★福田家とは絶縁状態の横手家★

福田家 家系図
【家系図転載元】⇒ http://kingendaikeizu.net/seizi/hukudayasuo.htm

永田町関係者の証言。

福田赳夫には5人の子供がいて、長男が総理になった康夫。

次男が、千野被疑者の旦那さんの父親である征夫。

群馬で老舗旅館を営む福田赳夫の従兄弟に子供がいないため、
次男の征夫が養子に入ることになった。

旅館の社長になった征夫は、経営を番頭に任せ、父親の秘書を続けた。

一方、長男である康夫は、丸善石油でサラリーマンをしていた。

そのことから、征夫が自他共に認める父の後継者だった。

ところが、父の赳夫は総理になると、妻の意向で長男の康夫を総理秘書官に抜擢。

後継者には養子に行った次男よりも長男のほうが相応しいと考えたのだ。

それを知り、失意のどん底に落ちた征夫は、酒に溺れ
体を壊して55歳の若さで亡くなってしまう。

その挙句、福田家と横手家は半ば絶縁状態になってしまった。

亡くなった征夫には3人の子供がいて、
長男が千野被疑者の夫である新一さんでゴールドマン・サックスに勤務。

次男は旅館を継ぎ、長女はチェロの奏者としてパリに在住。

長女は雅子妃と親交があり、愛子様にチェロを教えたこともある。

★横手信一さんについて★

慶応に幼稚舎から通い、大学時代はアメフト部のキャプテンを務めた。

長身でガッシリとした体格の持ち主。

慶応大学卒業後、三菱銀行を経てゴールドマン・サックスに入社。

数年前から債務専門のマネージングディレクター(部長職)を務めている。

チャラチャラしている様に見えるが根は真面目で熱心に仕事をする。

リーマンショック以降、給料は下がったとはいえ、
最低でも5000万円は手にしているはず。(ゴールドマン・サックス社員談)

港区六本木にある家賃100万円は下らない高級マンションに住み、
愛車はアストンマーチン(価格2000万円以上)

事故を起こしたアウディのSUVは、千野被疑者の愛車。

★千野被疑者の評判★

同じマンションに住む住民の証言。

奥さんはマンションの狭い駐車場でも
乱暴な運転をしてスピードを出すので、
他の住民からも不興を買っています。

おまけに、彼女は荷下ろしするのに車で通路を塞ぎ、
迷惑かけても平然とした表情で頭を下げることもない。

常日頃からそういう傲慢な態度だから、今回、事故を起こしたのよと
そんな陰口を叩く人もいるくらいです。

3人の子供の世話は、フィリピン人のナニー(お手伝い)の力を借りている。

フィリピン人のナニーを使う理由は、育児・炊事・掃除をこなしてくれ、
その上、子供に英語を勉強させることが出来るから。

★千野被疑者の今後★

【沼津警察署の幹部】

事故原因は千野被疑者の前方不注意で、
今後、車両検分を行った上で千野被疑者と被害者遺族から調書を取り、
自動車運転過失致死容疑で書類送検することになる。

そして、検察が公判請求(正式な裁判への起訴)、
略式命令請求(略式裁判手続きによる罰金処理)、
不起訴の3つの内から処分を決める。

【交通事故に詳しい弁護士】

前方不注意が事故原因となると起訴は確実。

公判請求になれば、禁固1年6ヶ月・執行猶予3~4年で、
略式なら50万円の罰金。

公判請求か略式かに別れる大きな要因は、
遺族に慰謝を尽くし、示談が成立またはその見込みがあるかどうか。

被害者の年収を38歳の平均年収525万円と想定すると、逸失利益は4000万円。

その金額に、弁護士会の基準の慰謝料2000~2200万円と葬儀代などを加えると
6500万円前後の賠償金になる。

任意で加入している保険会社が素直に支払うことはまず有り得ないので、
遺族感情が悪化しないうちに自腹を切ってでも早めに示談を成立させるべき。


1月6日に長野で行われた被害者の通夜、7日に行われた告別式に、
夫の信一さんを伴って訪れた千野被疑者は、
か細い声で「すみません。申し訳ございません」という言葉を
繰り返すのみで、憔悴しきっている状態だそうです。

週刊文春1月17日 新春特別号 要約

【記事タイトル】

本誌直撃にスッピンで足許もフラフラ
千野志麻 独占告白「一生かけてお詫びします・・・」

※文春記事は、新潮の記事と重複しないところだけを掲載します。

★事故に関すること★

千野被疑者が運転する車の右前部が男性にあたり、右前輪が乗り上げた。

救急隊員が到着した時点では「胸が痛い」と、かすかに会話することができた。

★ホテル宿泊に関して★

千野家関係者の証言。

元旦に帰省するのが毎年の恒例で、何時もは別のホテルに泊まるが、
今年は予約がいっぱいで取れなかった。

ホテルインサイドに泊まったのは初めてのこと。

3日まで滞在する予定で、事故を起こした2日夕方は
友人の家に出かけるところだった。

志麻は、独身時代はポルシェに乗っていて、運転が不慣れなわけではない。

★千野志麻 直撃インタビュー★

千野被疑者が遺族宅を訪れたのは、謝罪文を発表した翌日の4日。

午後8時から1時間ほど滞在し、遺族宅から出たところを文春記者に直撃される。

以下、記者と千野被疑者のやりとり。

事故の日は実家に帰っていた?

はい・・・

事故は初めて?

は、はじめてです。

警察や救急車を呼んだ時、何を思った?

とにかく・・萩原様が助かって欲しいと祈るばかりでした。

事故した日は何をする予定だった?

友人の家に遊びに行く予定でした。

今、何を思いますか?

自分の起こしてしまった過ちの重大さを身をもって感じ、
ご遺族の方々に対して心からのお詫びの気持ちと
亡くなられた方のご冥福をお祈りしています。

今後、運転は?

今は考えられません。

今後、どうするか?

謝罪文でも・・書きましたが・・一生かけて、誠心誠意お詫びします。

最後の言葉を語った後、その場に崩れそうになった千野被疑者。

夫の信一さんに支えられながらレンタカーに乗り込み、頭を下げて去っていった。

4日に遺族宅を訪問したのは、実況検分がその日に終わったから。

夫婦ともども運転できる状況ではないので、千野被疑者の兄がレンタカーの運転した。

被害者宅には事前に連絡し、了解を得て訪問した。

お見舞金は、封筒に入れる金額を夫婦で決めて持っていった。

★千野被疑者の様子★

千野家関係者の証言。

事故を起こしてからは、親戚や知人の家にいた。

食事もろくに取っておらず、喪服も周囲が用意した。

子供は親戚の人に預かってもらっている。


記事まとめは以上です。

ちなみに文春には、中学時代の被害者男性の写真が掲載されていました。

こういうのって、必要ないと思うんですが・・・


【スポンサードリンク】

もう1記事いかが?

タグ

2013年1月9日 | コメント/トラックバック(19)|

カテゴリー:事故

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. みゆきち より:

    こんにちは
    今年もズバッと切り口鋭い記事を
    楽しみにしてます。

    さて、この事故ですけれど
    運転する身としては、人ごとじゃないなあと。

    それと、被害者のご家族、加害者ともに
    もう、そっとしておいてあげて欲しいです。
    あとは当事者同士の問題なわけですし。

    • よかろー より:

      みゆきちさん、コメントありがとうございます。

      明けましておめでとうございます。

      >ズバッと切り口鋭い記事
      「期待に答えられる記事を書いていく所存です。」
      なんて気負うと書けなくなるので、平常運転でいきたいと思います。
      基本アホなんで、アホの視点で書いていけば
      自然と切り口が鋭い記事になるかもしれませんw

      この事故については、発生当初から気にしていて
      下書き状態の記事があるんですが、
      新年一発目の記事の内容に相応しくないという理由から
      アップするのを止めました。

      それとは他に「ガセ情報まとめ」なる書きかけの記事があるんですが、
      これもまとめるのが大変で、出来上がったころには
      「今更感が強い」という理由でお蔵入りになりそうですww

      >運転する身としては、人ごとじゃないなあと
      自分が乗っている車もSUVなんですが、
      普通の車と比べたら視界が悪いんですよ。
      なので、今回の事故に関しては人事ではありません。
      交通事故は当事者をボロボロにする恐ろしいものだと
      つくづく思いました。

  2. 匿名 より:

    真実は闇だな

  3.   より:

    旦那の横手新一の年収が5000万なんてウソ。彼はただのマネージングディレクターではない。
    Shinichi Yokoteはゴールドマンサックスの世界に数百人しかいないパートナー(共同経営者)のひとりで同社の中でも特別の存在。
    いくらの年収なのか見当もつきませんわ。
    http://www.efinancialnews.com/story/2006-10-26/goldman-sachs-partners-class-of-2006

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      これは、ニュー速に書き込まれていたレスですね。

      ちなみに、こちらのリンクの方が分かりやすいです。
      Goldman Sachs Announces New Members Of The Partnership Pool And New Managing Directors
      確かに2006年の新たなパートナーの発表には横手さんの名前がありますね。
      ※一番右の列の下から2番

      でもこれ、7年前のことで、
      『今現在もパートナーである』という証拠にはならないと思うんです。

      ゴールドマン・サックスでは、2年毎に新たなパートナーが選ばれていますが、
      それと同時に降格してしまう人はいないんですかね?
      “一度パートナーになれば降格無し”ということなら話は別なんですが。

  4. 匿名 より:

    今回の事故で、SUV車の恐ろしさが、強く印象に残りました。

    しかし、次の2つの記事には、納得できません:

    1)「車のスピードはせいぜい時速10~20キロではないか」

    時速10~20キロでぶつかっても、運転手が
    すぐに止まれば、成人男性が死ぬことは無いと思います。

    2)「スピードが出ていなかったことが災いし、」

    一般的に、スピードが出れば出るほど、被害が大きくなるはずです。

    私は、別の原因があったのではないかと思っています:
    すなわち、車が右に「急カーブ」したことが、原因だと思います。
    車のトルク(回転力)が、強かったので、被害者を巻き込んでしまい、
    死亡事故にまで至ったのではないか?

    トルクの殺傷性は、きちんと実験をしてみないと、分からないと思います。
    とにかく、SUV車の恐ろしさだけが、強く印象に残りました。

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      そういう推測も可能ですね。

      ちなみに、自分の推測はこうです。

      記事には「フロントバンパーの右端に、
      わずかに擦過痕(さっかこん)が認められるだけだった。」と書かれています。

      事故の状況が記事のとおりだとすると、被害者は、千野被疑者が運転する車の
      Aピラーの死角に入ってしまったのではないかと思っています。

      ピラーとは自動車の窓柱のことで、
      Aピラーはフロントガラスとサイドウインドウの間にある柱のことです。

      ピラー
      【各ピラーの名称】

      なぜ、こう思うのかというと、自分が乗っている車は、
      千野被疑者の愛車と言われているアウディQ5と同様の
      窓ガラスが小さめのSUVに乗っているからです。

      アウディQ5
      【アウディQ5】

      スタイル重視で窓ガラスが小さいSUVって、視界が悪いんですよね。

      かと言って、視界を良くするために窓ガラスを大きくすると、
      この車のようにかっこ悪くなってしまいます。
      ローバー ディスカバリー
      【ローバー ディスカバリー】

      ちなみに、被害者が乗っていたホンダ・フィットを
      ちょっとだけ運転したことがあるんですが、
      自分が乗っている車よりもはるかに視界が良好な車でした。

      話を戻します。

      被害者の死因は、車が乗りあげてしまったことで
      「肋骨が折れて肺に刺さり、肝臓は圧挫傷した」とされています。

      低速で走っていたなら、被害者に乗り上げる前に直ぐに止まれそうなものなのに
      どうしてそうなってしまったのか?

      それは、千野被疑者の普段からの運転姿勢にあると思っています。

      同じマンションに住む住民の証言である
      「奥さんはマンションの狭い駐車場でも乱暴な運転をしてスピードを出すので、
      他の住民からも不興を買っています。」から考えると、
      千野被疑者は、駐車場内でもアクセルに足を乗せていたのではないかと
      推測できます。

      いつ車の陰から人が出てくるか分からない駐車場の様な場所では、
      アクセルをちょっとだけ踏んで車が動き出した後は、
      ブレーキに軽く足を乗せ、直ぐに踏めるようにしておくのが常識。

      しかし、普段から荒い運転をしていたと言われる千野被疑者には
      そんな習慣は無く、アクセルに足を乗せていた可能性が高いと思われます。

      以上のことを整理すると、

      被害者がAピラーの死角に入っていたことで
      千野被疑者は、接触するまで被害者の存在に気づいていない。

      そして接触。

      低速だったので、被害者はその場で倒れる。

      千野被疑者がアクセルに足を乗せていたことで、ブレーキ操作が遅れ、
      被害者に乗り上げてしまった。

      となります。

      あくまで、爬虫類並みの脳で考えたことなので気にしないで下さいw

      話は変わりますが、千野被疑者の車には
      ドライブレコーダーは付いてなかったんでしょうか?

      付いていれば、ホテルの防犯カメラに映っていなくても
      警察は事故の詳細を把握することは可能ですよね。

      • 匿名 より:

        そんなの、着いてたら、駐車場のカメラ死角になるはず、ないやろ!みんな、政治家がらみだな!

        • よかろー より:

          コメントありがとうございます。

          ドラレコは車の中に付けるものなので、
          駐車場の監視カメラの邪魔にはなりませんよ。

  5. 匿名 より:

    TV朝日の報道から
    (たとえば、http://xgetter.info/i/911.jpg)、
    事故現場の状況がよく分かる。
    この事故現場から判断すると、
    千野容疑者がするどい(急な)右折をし、道路の右側の歩行者にぶつかっている。つまり、千野容疑者が右側通行をしている。

    また、被害者は背中にタイヤ跡が残るような轢かれ方をしている。
    つまり、千野容疑者は、歩行者を後方から乗り上げ、ひき殺した。

    さらに、千野容疑者の車には、「フロントバンパーの右端に、
    わずかに擦過痕(さっかこん)が認められるだけだった。」

    これらの状況から、次のような推測をした:

    千野容疑者の車が、激しい右折をして、右側走行をしてしまった。
    はじめ、フロントバンパーの右端で歩行者をはねた。
    その直後、車は激しい右折をしていたために
    (右回転のトルク(回転力)が働いていたために)、
    歩行者を後方から乗り上げ、ひき殺した。

    ・・・という可能性がかなり高いね。

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      添付された画像を貼っておきます。

      千野志麻 TV朝日の報道

      この画像の中にある血痕の位置は、
      被害者が千野被疑者の車と接触した後に倒れていた場所なんでしょうか?
      だとすると、倒れた場所は通路の中央付近ということになりますね。
      しかも、車が曲がるのを終え、直進状態になっている位置にあります。

      モーニングバードが主張する「右側通行」が正しいとするならば、
      被害者は車の左部分に接触し、左タイヤで轢かれたことになりませんか?
      番組ではどういう説明がされていたのか分かりませんが、
      この画像を見る限りでは、そう思ってしまいます。

      新潮の記事とモーニングバードの報道のどちらが正しいか分かりませんが、
      この2つの報道を混ぜて事故の状況を考えるのは無理が有ると思いました。

  6. 匿名 より:

    こちらこそ、コメントありがとうございます。

    事故は、直進状態になっている位置ではなく、
    もっとカーブに近い所(カーブの終端部分)だと思います。
    なぜなら、
    ・被害者の車は一番端の位置に駐車した
    ・さらに、出血や嘔吐の痕跡位置は、はじめの事故(接触)現場よりも、
    出口に近くにずれると思います。

    事故の状況は、やはり、次のようだったと思います:

    千野容疑者が急カーブを切った。
    カーブの終端付近で、フロントバンパーの右端が歩行者と接触した。
    その直後、車は右回転のトルク(回転力)が働いていたために、
    歩行者を後方から乗り上げ、ひき殺してしまった。

    ・・・という可能性が高いと思いますね。
    車に回転力があると、
    コントロールが困難で不規則な動きになります。
    したがって、現場に近い環境で、事故の再現実験を何度も行うべきかも。
    そうすれば、もっとはっきりすると思います。

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      度々同じ説明をさせてすみません。

      結局のところ、駐車場内という狭くて危険な場所で
      千野被疑者が乱暴な運転をしたことで起こった事故ということですね。

      事故についての新しい情報が出てくれば、推測の幅も広がるでしょうけど
      今後、新しい情報は出てこないような気がします。
      なので、自分達が事故の真相を知ることは不可能だと思っています。

      事故の再現実験は、加害者側が全面的に非を認めているなら
      行われないでしょうね。

  7. 匿名 より:

    ピラーの死角と側面ガラスの透化率の低さと、さらに歩行者の服装が黒い事で、ぶつかるまで認知していないで走行。異変を感じてブレーキを踏むまでの空走距離で乗り上げて停車。と考えます。因みに時速10キロで秒速2.77メートルです。空走距離は0.5秒で1.385メートルです。

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      >空走距離は0.5秒で1.385メートル
      ということは、低速で走行、且つブレーキに軽く足を乗せた状態でも
      被害者に乗り上げてしまいますね。
      とても参考になりました。ありがとうございます。

  8. 名無し より:

    刑事は50万円だが、民事は5,000万円はいくだろ
    http://geinonews.blogspot.jp/2013/01/blog-post_391.html

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      新潮では賠償金は6500万円と予想していますね。
      保険会社は保険金を出し渋るでしょうから、
      自分で払う金額はけっこうな額になるんでしょうね。

      いくら払っても亡くなった人は戻ってきませんが・・

  9. 匿名 より:

    千野さんは明るく爽やかな印象がありますので、
    今回の事件は残念です。

  10. 廃炉 より:

    沼津署は、
    無修正アダルトビデオに出演して、世の男性に
    貢献してる非常勤講師の菅原瞳さん(27歳)のような
    善良な女性を逮捕してるくせに、
    人殺しまでしてる、このクソセレブの
    千野志麻(本名:横手志麻)は逮捕しねえんだな!?
    警察がいかにクソかよーく分かったわ!!


コメントをどうぞ

このページの先頭へ