板東英二 脱税とゆでたまご


rakuten

国税庁のPR役を務めたり、過払い金請求で有名な法律事務所のCMに出演している板東英二さん(72)

そんな板東さんが、まさかの所得隠し。

しかも巨額な上に、手口が悪質ときたもんだ。

『ぼかぁねぇ、ゆで卵と同じくらいお金が好きやからねぇ』

本当にそう言ってたとしても不思議ではないくらいに、
イメージが落ちてしまった坂東さん。

年明け早々、厳しい現実が待っているようです。

まず最初に、板東さんの所得隠しの内容から。

板東英二 所得隠しの手口

今回、名古屋国税局が指摘したのは、7年間で8000万円の申告漏れ

その内5000万円は、架空外注などによる所得隠し(手口1)と判断し、
重加算税を含めた3000万円を追加課税した。

倒産した会社に金を貸したようにみせかけ、
回収できなくなったとして費用に計上するなどしていた。
(手口2)

朝日新聞は、さらに今後、所得隠し額が増えるとしている。

所得隠しの手口について、もう少し詳しく説明します。

★手口1

オフィス メイ・ワークとイベント会社が組んで架空外注費を計上。

外注費が費用になるのを利用して、架空の費用を計上し、
利益を少なく見せるのが狙い。

※オフィス メイ・ワークは、板東さんの個人事務所。
板東さんは2012年7月に取締役を辞任しているが、
所得隠しの指示は本人が行っていたものだと朝日新聞は報じています。

【手順】

① オフィス メイ・ワークが、架空の仕事をイベント会社に依頼。

② 架空の仕事を請けたイベント会社は、オフィス メイ・ワークに料金を請求。

③ オフィス メイ・ワークがイベント会社の口座に入金。

④ 入金されたお金から必要経費を引いたものを現金でオフィス メイ・ワークに返す。

⑤返された金額を帳簿に記載しないことで、帳簿上は普通に料金を支払ったことになる。

★手口2

オフィス メイ・ワークが倒産企業に架空の貸付をしたようにみせかける。

倒産している会社だから、当然、回収は不能。

貸し倒れたお金を費用に計上し、利益を少なく見せるのが狙い。

現在報道されている架空貸付金での脱税は、次の3件です。

●2001年ごろ 架空貸付金で脱税 倒産した大阪市のイベント企画会社

●2003年ごろ 架空貸付金で脱税 倒産した大阪市の番組制作会社

●架空貸付金で脱税 倒産した名古屋市の自動車販売会社

この3件のうち2001年と2003年に行われたものは、時効が成立しているようです。
※脱税の時効は、悪質な場合でも7年。

報道を受けてのテレビ局の反応

板東英二さんのオフィシャルブログに、
年末年始のオンエア情報が書かれた記事が有りました。

板東さんが出演予定の番組は以下のとおりです。

12/28(金) 18:30~22:54
日本テレビ「うわっ!ダマされた大賞2012」

12/28(金) 24:25~25:25
東海テレビ「学べるスポーツバー」

12/29(土) 5:50~6:00
関西テレビ「板東英二のゴルフ塾」

12/29(土) 10:55~11:50
フジテレビ「日本列島ボウリング頂上決定戦2012~直前SP!!」

12/29(土) 16:15~17:45
関西テレビ「2012関西アスリート大忘年会」

12/29(土) 18:00~20:54
フジテレビ「日本列島ボウリング頂上決定戦2012」

12/30(日) 13:00~13:55
テレビ東京「みんなが買っているモノはこれだ!2012リアルランキング」
※再放送

12/30(日) 17:00~17:38
MBSラジオ「おばあちゃんと話そう」

1/1(火) 14:30~17:45
CBC「そこが知りたい特捜!板東リサーチお正月超特大号」

1/2(水) 23:00~24:30
NHK「国民総参加クイズSHOW!QB47」

【転載元】
板東英二オフィシャルブログ ブレイクしたいねん!! 「オンエア情報」

これらの予定の中で、放送を取り止めの発表があったのは、
「そこが知りたい特捜!板東リサーチ お正月超特大号」。

出演を見合わせの発表があったのは、
板東さんがコメンテーターを務める名古屋テレビの情報番組「ドデスカ!」です。

(12月29日現在)

ちなみに、「オンエア情報」の記事には、
1月2日にNHKで放送される「国民総参加クイズSHOW!QB47」のスタッフさんが
次のようなコメントが書き込んでいました。

※コメント書き込まれたのは、脱税報道の1日前。

1/2の生放送よろしくお願いします。
視聴者参加のクイズ番組で、日本一もの知りな都道府県を決めます。
できましたら、板東さんの地元・徳島県の皆さんに
番組への参加わ呼びかけお願いします。
ぜひ徳島を日本一にしてください!

スタッフさん、正月早々たいへんでしょうが、頑張って下さい。

板東英二とゆで卵

脱税報道で地に落ちた板東さんのイメージを良くする意図なんて毛頭無いですが、
板東英二とくれば、やはり「ゆで卵のエピソード」は外せないってことで、
「オマケ」として掲載しておきます。

★ゆで卵が好きなったわけ★

1940年4月5日に満州で生まれた板東さんは、5歳の時に終戦を迎えた。

筆舌に尽くし難い日本人への迫害、厳しい寒さ、そして飢えに耐えながらの引き上げは、
幼い坂東さんにとっては辛く厳しいものであった。

そんな板東さんの精神を支えたのは母の愛。
そして、命を支えたのが道中で数回手に入った卵であった。

当時は、日本人とばれたら何をされるか分からない状況。

卵を手に入れても火を焚くと見つかってしまう恐れから、
生のまま卵をすすり飲んでいたという。

命からがら日本にたどり着いたのは、満州を出発してから1年半後。

日本に帰ってきてからの母の口癖は、
「ひもじい思いさせて、すまなかったねえ。ごめんね」になった。

そんな母が、プロ野球選手となった板東さんを実家に迎える時に用意するのが
「オコワとゆで卵」。

日本に引き上げる際に、食べたくても食べれなかったゆで卵。
そして、一人前になった後、母が作って迎えてくれたゆで卵。

板東さんにとって、ゆで卵が特別な存在になったのは、こういった理由から。

板東さんは、今は亡き母に向かって
「母ちゃん、ありがとうね。英二は、なんとか食べてるよ。
いまは、ゆで卵を好きなだけ食べてるよ」
と語りかけている。

戦争に敗れた日本人が、満州からの引き上げることがどんなに大変なものだったのか?
裏切り者の朝鮮人とソ連軍の蛮行は、こちらで確認して下さい。
満州からの引き上げの状況は – Yahoo!知恵袋
正統史観年表 終戦~日本人 引き揚げの悲劇

★ゆで卵へのこだわり★

●黄身が負担になるので、烏骨鶏(うこっけい)の玉子よりは普通の玉子が好き。

●黄身は半熟ではなく「カチンカチンのやつ」が好み。

●黄身よりも白身のほうが好きだ。

●実は、「何でもいいからゆで卵が食べられればそれでいい」そうだ。

★いつでも どこでも ゆで卵★

●新大阪~東京間でゆで卵6個を食べる。(移動中の新幹線の車内)

●地下鉄車内でもゆで卵。(車掌に注意される)

●走りながらゆで卵。(フジテレビのバラエティ番組「逃走中」のミッション挑戦中)

●打ちっぱなしでゆで卵。(ゆで卵を頬張りながらゴルフの練習)

★好きだと言っても限度は有る★

ロケ先で、軽トラック一杯の玉子を差し入れされ、処分に困る。

頂きながら失礼なんですが、いや、有り難いんですけどね、
限度っちゅうもんがあるやろう!


これらの「おもしろエピソード」や「ええ話やなぁ」的なエピソードをもってしても
悪質な所得隠しをした悪いイメージは、ほんばにも~消せませんわ・・・

もう一記事いかが?


Sponsored Links





4 Responses to “板東英二 脱税とゆでたまご”

  1. 匿名 より:

    名義だけ貸した会社が…とかならよくある話しだったりしますが……。
    もし本当に本人が指示を行ったとすれば、これだけ悪質なら逮捕ですよね?それとも芸能人だから免除ですかね?(´・ω・`)

    あと『脱税とゆでたまご』とか書いてあると、キン肉マンの作者のゆでたまご先生のことかと思ってしまうww

    • よかろー より:

      コメント、ありがとうございます。

      税金面は、税理士を雇わずに
      全部板東さんが自分でやっていたと言われていますね。

      だとしたら、手口が悪質な上に、過去にも所得隠しが有る様なので、
      何らかの刑事罰を受ける可能性は高いんじゃないでしょうか。

      「いやぁ~、ウッカリしてましたわ。ほんばに、すいません。」
      「ゆで卵に免じて許して下さい」
      で済んだら世論は黙ってないと思います。

      そう言えばGACKTさんの脱税疑惑はどうなったんでしょう?
      マルサに踏み込まれてるのに、何も無しって変ですね。
      「芸能人だから」なんてことはないですよね。。

      >キン肉マンの作者のゆでたまご先生
      いや、ほんまですねww
      本文では「ゆで卵」と漢字を使っているのに、
      何故かタイトルだけ平仮名のみになってますねwなんでやろ?
      面白い指摘をして下さってありがとうございます。
      タイトルは漢字を使わずに平仮名のままにしておいた方が
      良さそうですねw

  2. より:

    玉子は工業製品に近いものだと思っていますが、飼料というのは輸入のはず。
    以前、特売の玉子は100円だったのに、現在特売で150円前後なら安い方です。
    円高はどこへ行ってしまったのでしょう??
    あ、モチロン私の言っている玉子というのは、ごく一般のスーパーで売られている、ごく一般の(白い)玉子のコトです。オーガニックだの、自然放牧だの、そーいうモノは手に取ったコトもないので値段を知りません。

    お国柄というのはあるもので、例えばフランスなどでは、いかに脱…いや、税金を少なく納めるかは、国民すべての関心事なのだそうで。

    また、他国の支配を受けている国にとって、異民族である統治者の懐に入る税金は、極力納めたくないと思うのが当然。
    脱税=“愛国心の発露”でもあるワケで、ギリシャの税収がちっとも上がらないのは、歴史上のそういった経緯があり、それが今も残っているというのも原因の一つなのだそうです。

    我が国はどうかと言えば、しょーむない政府に進んで税金を払いたいと思う奇特な人も少ないのではないかと思うのですが、それでも唯々諾々と納め、脱税者許すまじ!と感じるのは、ヒツジのようにおとなしい性質だからなのか、“みんな一緒”が大好きだからなのか――。
    ま、私の場合、明らかにビンボー人のやっかみからですが(早く納税できるような真人間になりた~いっ!)。

    たびたびろくでもないコメントを入れてご迷惑をおかけしておりますが、よかろーさまのわかりやすいまとめ、驚くべき情報収集能力、非凡な切り口のこちらを知ることができたのは、私にとって今年最大の収穫です。
    この場をお借りして御礼申し上げるとともに、今後ますますのご活躍をお祈りいたします。
    どうぞよいお年をお迎えくださいますよう。

    • よかろー より:

      狸さん、コメントありがとうございます。

      >オーガニックだの、自然放牧だの
      「黄身に爪楊枝を刺しても割れない」とか「臭みが無い」とか
      「白身にコシがあって、黄身は濃厚」っていう卵のことですね。
      そういう「こだわり卵」を食べたことがあるんですが(頂き物ですw)
      高いだけあって、明らかにスーパーで売られている普通の卵と違いました。
      たしか、値段は1個50円くらいだったと思います。

      で、「こだわり卵」を食べた感想ですが、やはり
      「こういう卵を食べて、普通の卵が口に合わんようになったら大変や」
      というものになってしまいました。
      おいしいものを素直にいただけない、貧乏人の悲しい性ですw

      >ギリシャの税収
      なるほど、そういうことなんですね。
      ありがとうございます。

      日本人って、払う金額には関心を持っているのに、
      払った後、「何にどの様に使われているか」
      「誰が使っているか」についての関心は薄いように思います。
      使う側にとっては、やりやすい国民性ですね。
      こういう国民性になったのは何時からなんでしょうね。
      江戸時代に今の様な税金の取られ方をされていたら
      確実に一揆が起こるようです。
      最高の統治者?

      >たびたびろくでもないコメントを入れて
      何を仰いますやら。
      狸さんが書き込むコメントは、教わることが多く、
      迷惑だなんて思ったことはありません。
      逆に、一記事分に匹敵する文字数のコメントを頂いて
      恐縮しているくらいです。

      当ブログには相応しくないお褒めの言葉を頂いて
      嬉しい反面、プレッシャーを感じていますが、
      今後も狸さんのご期待に添えるよう、
      無い頭を振り絞ってブログの更新を続けていく所存ですので、
      今後とも宜しくお願いします。

      どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ