織田裕二 サンフランシスコ カストロストリートの購入物件はこれ!

織田裕二 サンフランシスコ 週刊文春

親しい友人にも私生活を明かさない秘密主義の織田裕二さん(44)

その秘密主義ぶりは「共演者から住所を聞かれたんだけど、飲みに誘われたりするのを避けたいから、わざと嘘の住所を教えた」というエピソードが有るくらい徹底したものなんだそうです。

そんな織田さんに、以前から付き纏っているのがゲイ疑惑。

なんでも、平井堅さんと付き合っているとか、
舞衣子さんとの結婚はゲイを偽装する為だとか、
それはもう好き放題に言われています。

そういった疑惑を受けての、
『織田裕二は「ゲイの街」8億円の不動産王だった!』
というタイトルの週刊文春11月29日号の記事。

はたして、織田さんのゲイ疑惑を裏付けることが出来たのでしょうか?

ます最初に、サンフランシスコ・カストロストリートは
どういった所なのかを簡単に説明します。

サンフランシスコ・カストロストリートは、こんなところ。

レインボーフラッグ
©Matthew McPherson

カストロストリートは、アメリカ人の憧れの街サンフランシスコのダウンタウンから車で10分程のところにある世界一のゲイタウン

左の画像は、カストロストリートのメインストリートに立つゲイプライド(自身の性的志向に持つ誇り)のシンボルであるレインボーフラッグです。

開放的で自由な場所でカストロストリートでは、全裸にスニーカーという格好で歩いているゲイは、普通に見かける光景なんだそうです。

カストロ・ストリートの様子を知るには、興味深い写真が掲載されている
こちらの記事がおすすめです。
サンフランシスコのカストロ・ストリートはゲイの街

織田裕二 サンフランシスコ カストロストリート 物件一覧

※物件の写真は週刊文春に掲載されていたものです。

織田裕二 サンフランシスコ 物件1

ハイド・ストリート

1997年10月に185万ドルで購入。

4階建て14ユニットのアパートメント。

外壁は白とグレーのツートーン。

織田裕二 サンフランシスコ 物件2

メソニック・アベニュー

2004年8月に205万ドルで購入。

3階建て12ユニットのアパートメント。

淡いピンク色のファサードが特徴。

織田裕二 サンフランシスコ 物件3

フェア・オークス・ストリート

2008年1月に203万ドルで購入。

3階建て5ユニットのアパートメント。

淡い色彩の外観で、清潔感が漂う。

織田裕二 サンフランシスコ 物件4

エリザベス・ストリート

2008年1月に142万ドルで購入。

3階建て5ユニットのアパートメント。

鮮やかなレンガ色が、建物の隅々までを覆っている。

週刊文春には、どういう立地に有るかも書かれていました。
文春を読めば、Googleストリートビューで探せるかもしれません。

以上の物件全てが、100年前に建築された年代物で、
一番古い物件が134年前、新しい物件でも94年前とのことです。

地元不動産業者は、織田さんが所有する物件について、こう語っています。

かなり趣味的な要素が強い、ゲイの人が好みそうな物件。

建物が古いせいで、水回りや暖房設備にガタがきていてメンテナンスが面倒な為、
投資目的で購入するなら、この手の物件は勧めない。

サンフランシスコに住んでいるならともかく、
アメリカ国外に住んでいる人が投資するにはリスクが高い。

こうした物件を賃貸で出した場合は、
ワンルームタイプの月の家賃は最低でも2000ドルはするそうです。

記者の取材を受けたサンフランシスコ人々。

不動産屋の憶測だけで「織田裕二はゲイ」とするには早計。
ということで、他の証言も見てみましょう。

【サンフランシスコ在住20年の日本人男性】

サンフランシスコ好きの日本の有名人はけっこう多い。

なんといってもサンフランシスコを気に入っているのは織田裕二さん。

市内のマーケットストリートで日用品の買い物をしている姿や、
ダウンタウンのカフェで白人男性とお茶しているところを目撃されている。

【「外交官 黒田康作」サンフランシスコロケでの現地スタッフ】

共演者や撮影クルーが泊まっているホテルとは別のホテルに泊まっていた。

早朝集合場所に合流し、ロケが終わると別行動をとっていた。

【サンフランシスコ在住で公証人も務める不動産業者】

サンフランシスコの不動産について、
奥さんは全く知らされていないかもしれない。

そう思う理由は、織田さんが4棟の物件を結婚後の2011年10月に、
個人名義から「リビングトラスト」と呼ばれる生前信託に変更しているから。

リビングトラストとは、生きているうちに財産の名義を別人に移す制度。
相続人が誰なのかは、相続人、被相続人、手続きを行った弁護士しか分からない為、
プライバシーを守ることができる。

リビングトラストの特徴は、相続人が家族ではない第三者でもいいということ。

配偶者は放っておいても一定の財産がいくのに、
面倒な手続きや高度な知識が必要なリビングトラストを行っている織田さんは、
奥さんではない、他の誰かに自分の財産を渡したいからではないか。


その他に、織田さんのアパートの住人、織田さんの現地でのゴルフ仲間、
「WMプロパティ」という不動産会社を織田さんと共同設立した
ウイリアム・マイヤー氏に取材をするが「知らない、答えられない、何も話せない」
という答えしか返ってこなかったようです。

舞衣子夫人との仲は?

前の項目で、リビングトラストについて語った
不動産業者の言葉が気になるところですが、実際の夫婦仲はどうなんでしょう?

【舞衣子夫人の友人の証言】

彼女はずっと昔から織田さんのファンで、
結婚前から雲の上の存在の織田さんがそばに居てくれたら、
それだけで幸せ
だと言っていた。

しかし、結婚したことは周囲には告げず、
私の周りも全員報道で知って驚いていました。

結婚するまでは頻繁に連絡を取っていたのに、それ以降は音信不通

おそらく織田さんの言うとおりに従っているのでしょう。


週刊誌的には「織田さんと舞衣子さんの夫婦仲が悪い証拠を掴みたい」
といったところですが、夫婦仲の良いところを語る「神宮前の蕎麦屋店員」の証言を聞き、
「夫婦円満のようである」としていました。

文春記者、織田さんの実家に凸

サンフランシスコまで取材に行ったのに、
織田さんのゲイ疑惑を裏付ける決定的な証言を得られなかった文春記者。

帰国後、「カストロストリートに不動産を所有した経緯、
リビングトラストに変更した理由、奥さんはそれを知っているのか?」
ということについての取材を申し込んだが、回答は無し。

そこで、神奈川県にある織田さんの実家を訪ね、母親に聞いてみることに。

織田さんの近況から始まり、奥さんのことなどを質問していき、本題に突入。

【記者】
現地で取材すると、裕二さんはサンフランシスコに
アパートをお持ちになっていました。

【織田さんの母親】
全然知りません。

【記者】
ゲイの街ですが。

【織田さんの母親】
ゲイ!?冗談じゃないですよ、そんなの~。笑っちゃいます。


サンフランシスコに取材に行き、5ページに渡って大々的に書かれている今回の記事。

記者の狙いどおりの内容にはならなかったようです。。。

さて、今回の文春の報道を受け、
織田裕二さんのファンは、どういった反応をしているのでしょうか?

織田裕二ファンの声

92 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/11/09(金) 06:34:50.46 ID:cxcDGDT2 [1/2]
織田ちゃんは、川崎出身だけど在日かな? 凄く気になる。

93 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 18:52:28.51 ID:2K/hL9ti
在日に決まってるだろ

94 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/11/09(金) 21:30:48.87 ID:cxcDGDT2 [2/2]
嘘だ、嘘だ嘘だ信じたくなーい

107 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/11/14(水) 02:10:38.73 ID:doECj/xc
>>92
織田は、在日じゃあ無いよ。
安心して 応援しょう!

108 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/14(水) 09:24:13.23 ID:nmx0cBDd
織田が本名なんだからね。

132 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/20(火) 23:55:52.67 ID:gdSMF9HU
織田さんもそろそろ大手事務所に移籍しませんか?
叩き記事ばかり書かれるのは辛すぎです。
悪意ありまくり。

133 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 00:27:27.73 ID:hCaIPRA+
お互いに感謝し感謝されの関係だから
事務所が消滅するぐらいのことがなければ無理じゃないの?

134 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/11/21(水) 01:24:59.20 ID:z+Z/E+wT
小さい事務所で本当によくやってきたよね

135 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 06:45:48.84 ID:/Q9oQeKU
何つーかマスゴミって織田叩きのネタといえばゲイと共演者との不仲くらいしか
思いつかないのかよってくらいお粗末で失笑ものだな(もっと頭使え能無し)
まぁ、それくらいしか付け入る隙がないってことなんだろうけど
事務所が大きければ…と思う反面、織田らしいから今のままでも良いんじゃないかな
どうせ叩くような馬鹿は事務所の大小に関わらず湧いて出てくるんだし

136 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/21(水) 07:41:35.44 ID:8IUuvbIB
この時期にバカみたいに大きい見出しだね。
週刊誌の質を問うわ。
これはサンフランシスコに対する偏見だし。
プライバシーの不動産まで調べるなんて暇だね。
奥様も強い心の持ち主である事を願うわ。

140 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/23(金) 01:14:43.76 ID:291l7EA8
しかしゲスい見出しだよなぁ
やり方が卑劣すぎる
織田裕二は昔叩かれた頃、一晩で白い髭が一杯になったって
本人が言ってたくらい繊細だから、気落ちしてないか心配だな。
真面目だから余計に悩むだろうし。

141 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/23(金) 06:42:04.19 ID:8IYV/5pX [1/2]
しかも以前出た記事の焼き直し。
この時期にネタがなかったんだろうね。
ネガティブ記事は織田。って決まってるんじゃないかな?
本人もファンも一般人も意外と冷静かも?
何書かれても作品で結果を残してきて今があるんだから。
きっと次があるんだよ。叩かれると次が近いって法則あったよね。

142 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/23(金) 13:11:08.41 ID:wWEBr5Nz
織田さん叩きがひどいのはなんで?

144 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/23(金) 21:57:59.37 ID:8IYV/5pX [2/2]
叩きはいつもだよ。
織田が前に出ると嫌な奴らがいるんでしょう。
叩いても小さい事務所だから反論しないしね。
つまり事務所の力が弱すぎなんです。
織田しかいないんだからしかたないよ。

146 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/11/24(土) 10:35:09.00 ID:lPfm1sf0 [1/2]
また連ドラ出ないかな
叩き記事なんて気にしない
最近東京ラブとか振り返れば奴がいるとか見て
また織田さんに嵌ってしまいました


ネガティブ記事の封鎖は、ファンがしっかりやってくれている様です。

もう一記事いかが?


Sponsored Links





5 Responses to “織田裕二 サンフランシスコ カストロストリートの購入物件はこれ!”

  1. より:

    おじゃまいたします。

    この記事の前提となっているのは、同性愛や全裸は嘲笑すべきモノであるという感覚ですよね。
    悪しき西欧崇拝の影響です。

    日本では過去において、男性同士の関係は今よりずっと一般的で、武道、茶道などと同じく「道」がつく衆道と呼ばれ、むしろ異性愛よりもすがすがしいモノとして奨励されてさえいた時代もありました。
    すなわち、軍事上あるいは宗教上の男性のみの集団内では、簡便であったからですね。

    いろいろな面で性的にはユルユルだった我が国が変貌していったのは、もちろん明治になって西欧文明が入って来たからです。

    同性愛の禁忌は「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ」という神の教えにそむくという、某・宗教の考え方が原因だと思われますが、ヨーロッパにおいても、古代ギリシャでは同性愛は異性愛よりも高潔なものという認識でした。

    余談ですが、51歳の女性のスカートが短すぎる(≒繁殖可能年齢を過ぎた女性が性的快楽を求めるのはみっともない)と批判するのも、根っこは某・宗教の男性中心主義です。

    1ヵ月以上前から12月25日まで頭痛がするほど♪主は来ませり、主は来ませり♪と連呼し――実はクリスマス自体は誰かの誕生日ではなく、もっと古くからある冬至(=太陽の復活)を祝う行事だったりしますが(笑)――その数日後には大混雑をものともせず神社仏閣にお参りに行くという、もともと宗教的にはグズグズの我が国なのですから、もっと同性愛についても鷹揚であってほしいものですねぇ。

    なお、アメリカは新しい国ですので歴史的な遺産というものが当然建国以降しかありません。ですから、建築物についても古いものはヒジョーに大切にするようです。
    もしかすると、その辺の価値観を織田さんはご存じなのかなとも思いました。

  2. よかろー より:

    狸さん、コメントありがとうございます。

    >「道」がつく衆道と呼ばれ
    戦国物が好きで、男色が常識であったことは知ってましたが、
    それに「道」があったとは知りませんでした。
    ほんと、狸さんが仰るとおり、昔の日本はユルユルですね。
    さすが、八百万の神の国ですw

    >51歳の女性のスカートが短すぎる
    なるほど、これを言うこと自体「他国の宗教観に毒されている」
    ということなんですね。
    じゃあ、自分は毒されまくっていることになりますw

    >もっと同性愛についても鷹揚であってほしい
    古き良き日本を取り戻さなければなりませんねw

    >その辺の価値観を織田さんはご存じなのかな
    そういう見方は充分出来ますよね。
    でも地震が起こる可能性が有るサンフランシスコで、
    古い建造物に住むのはちょっと怖い気がします。

  3. あらら より:

    文春の記者って何様のつもりというか
    昔の人達なんだなぁと思う。
    もし、彼がゲイだとしてそれは奥さんと彼の問題であって
    実家に土足で上がり込む理由にはならない。
    しかも、息子の下半身事情を母親に聞くって人間として駄目でしょ。
    こういう記事を書く人が未だ偏見を助長しているから
    人気稼業の商売で同性愛を明かす人がいないのでは。
    ゴシップ好きは他人のスキャンダルより自分の人生リペアしなよって人が多い。

    • よかろー より:

      あららさん、コメントありがとうございます。

      織田さんの記事は消化不良と言わざるを得ません。
      「海外取材までしたのに満足な証言が得られなかったけど、
      海外取材費が勿体無いから記事にしちゃえ」というのが
      透けて見えます。

      >息子の下半身事情を母親に聞くって人間として駄目でしょ
      ほんと、ダメです。そんなこと!
      ただ、そんなゲスな取材をして書かれた記事を
      喜んで読むゲス人間(自分も含む)がいなくならない限り、
      そういった行為はなくならないでしょうね。

      >ゴシップ好きは他人のスキャンダルより自分の人生リペアしなよ
      ゴシップ好きなゲス野郎の自分にとって、耳の痛い言葉ですw

  4. ちちょ より:

    普通に全裸でスニーカーで歩く街って、
    あれへん、あれへん、
    それってハロウィンの時だけ。
    カストロ地区、金持ち多し。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ