「タイタンの逆襲」と「ビックリマン」のコラボ『タイタンシール』

4月21日公開の映画「タイタンの逆襲」と1980年代に大ブレイクした
ビックリマン」がコラボして誕生した『タイタンシール』は、
クロノス・キメラ・マカイ・ペガサスの全4種。

ビックリマンのイラストレーター米澤稔さんと兵藤聡司さんの手で、
リアルで怖いモンスターが
「カッコいいのに、どこか愛嬌の有る」キャラクターになっています。

このタイタンシールは、劇場で20万枚限定で配布されます。

で、やはりと言いますか、各シールには出現率が設定されていて
ボスキャラの「クロノス」の出現率は
1%のレアシール扱いとなっています。

配布時は、きっちり黒いビニールに入っているので
シールを選ぶことは不可能。

映画で貰うものなので、
お菓子のように「大人買い」という力技が通用しません。

無い頭でフルコンプの方法を考えてみたところ、
以下の4つのプランが浮かびました。

①映画を何回も観る。

②劇場でシールに興味が無い客に譲ってもらう。

③ヤフオクで落札する。

④レアシールをGETして喜ぶ人から力づくで奪う。

この中で、時間とお金がかかり過ぎる①のプラン以外が
現実的な方法ではないでしょうか。

交渉力に自身の有る人は②を、
腕力に自身のある人は④を選ぶと良いでしょう。

③の「ヤフオクで落札する」ですが、
こういったアイテムは間違いなく出品されるはずなので、
個人的に一番関心を持っています。

仮面ライダーのコレクターが、同じ石ノ森章太郎の作品でも
どきんちょ!ネムリンのアイテムには興味が無いように
ビックリマンシールのコレクターが
タイタンシールに興味を示すかどうかは微妙だと思うんです。

「タイタンの逆襲」のファンが興味を持ったとしても
果たして、出品者の思惑どうりになるのかどうか。
ヤフオクを見るのが楽しみな今日この頃です。

因みに、今でも大事に持っているビックリマンの類似商品
「ハリマ王の伝説」と「ドキドキ学園」のシールは
全て入札数がゼロでした。

もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ