鉄拳 パラパラ漫画 『弱い虫』で不条理を描く


今やパラパラ漫画の巨匠と言っても過言ではない
お笑い芸人鉄拳(40)の新作パラパラ漫画が、
シンガーソングライター馬場俊英さん(45)とのコラボで登場!

不条理な現実を歌った馬場俊英さんの新曲「馬場俊英 EP3~弱い虫」のミュージックビデオに映し出されるのは、前作「振り子」のお涙頂戴の内容とは打って変わって、いじめ、痴漢冤罪といった社会の問題を扱った考えさせられる内容となっています。

11月7日にYouTubeに公式動画が公開されるや、あっという間に再生回数100万回オーバーした馬場俊英さんと鉄拳さんのコラボ動画はこちら。

★WARNER MUSIC JAPAN 公式動画 馬場俊英「弱い虫」★

★動画に寄せた馬場さんと鉄拳さんのコメント★

【馬場俊英さんのコメント】
一人ひとりの人間はみな弱い存在。
時に不条理な現実の前でやりきれない気持ちになることもあるけれど
腐ってはいけない。
逃げても負けても良いのだから生きることを投げ出してはいけない。
きっとわかってくれる人がいる。
そんなことをあらためて感じさせてくれるMovieだと思います。
もしもこの主人公が自分だとしたらどう考えてどう生きるか。
そう考えた時、自分にとって大切なものが見えて来る気がしました。
日々を真面目に生きる多くの方に観ていただきたいです。

【鉄拳さんのコメント】
こんにちは鉄拳です。
この度は馬場俊英さんの「弱い虫」PV制作に参加させて頂き本当に嬉しく思います。
初めて弱い虫を聴いた時に馬場さんの優しい声に惚れ、
そして弱い者達へ(僕もですが)のメッセージ性のある歌詞に感銘し、
是非ともMV制作をしたいとすぐに返事をしました!
馬場さんの伝えたい事を上手くパラパラマンガにできたかはわかりませんが、
できるだけ多くの皆さんに観てもらいたいです。

【転載元】
リッスンジャパン「馬場俊英「弱い虫」MVに鉄拳のパラパラ漫画を起用」http://listen.jp/store/musicnews_41820_all.htm

鉄拳さんはコメントで
「馬場さんの伝えたい事を上手くパラパラマンガにできたかはわかりませんが」
なんて言ってますが、良い仕事してるじゃないですか☆

鉄拳作品の真骨頂である「泣きの要素」もしっかり入ってますしね。

記事の冒頭で「お涙頂戴の内容とは打って変わって」なんてことを書いたのは、
訂正しなければなりませんね。

そんな泣ける要素の中で、個人的にグッときたのが
主人公に蹴飛ばされても擦り寄ってくる犬の場面と、
ラストシーンで主人公と一緒に警官も涙する場面。

やっぱり動物って、お涙頂戴の鉄板ネタですね。

分かっていてもグッときてしまいます。鉄拳、ズルイわw

救われない内容に賛否両論

今回の主人公は、典型的ないじめられっ子で、
日常生活においても貧乏くじを引くことが多い薄幸の人。

そして、そんな境遇におかれながらも、真っ直ぐ正直に生きている心優しい人。

そんな彼だからこそ、痴漢冤罪に巻き込まれても
無罪を勝ち取って欲しいと思うが人情ってもの。

しかし、パラパラ漫画のラストは、現実と同じく有罪になってしまいます。

何という不条理!

ホンマこれ、初めて動画を観た時、
「うわ、有罪で終わんの?」
「これ、鈴木宗男氏が収監される時の家族と一緒やん」
「漫画の中くらい、無罪でハッピーエンドにしたれや」
なんて思いましたもん。

YouTubeのコメント欄にも、多くの肯定的なコメントの中に混ざって
「あまり­にも救いが無さすぎる」
「悔し過ぎるだろ…」
「最後は、スッキリして終わりたかったな…」
「これ見ると凹む」
「不幸の押し売りで気­分が悪い」

といったコメントが書かれていました。

この「最初から最後まで救われない」と思われてしまう内容にしたことを
鉄拳さんは自身のブログの新作PV公開という記事で、次のように書いています。

実はエンディングは何パターンかありました。
このままだと救いがないという意見もあったので。

(写真は春になり男が出所して家族が待っているバージョン)

でも最終的には打ち合わせの結果、出所前に「終わり」になりました。
(実はエンディングは5、6パターン描いて大変でしたよ〜)

でもこの男はビルの上で人生を「終わり」ではなく、
「続く」を選んだわけでエンディングは「終わり」でも
この後も家族の人生はつづくのです。
(僕的には家族が味方になってくれているだけで救いじゃないかと思いましたが)

簡単に解決できる問題ではありませんが
「生きる」という事が一番大事なんじゃないかと思いました。

とりあえず、救われない内容については、これで納得出来るのではないでしょうか。

ちなみに転載元の記事には、ボツになった
桜の花びらが舞い散る中、笑顔で主人公を迎える家族と愛犬
を描いた1コマが掲載されています。

しかし鉄拳さん、エンディングを数パターン描いたと言ってますが、
動画で使われている1300コマ以外に、一体何コマの絵を描いたんでしょうね?

あと、これも鉄拳さんのブログに書かれていたことなんですが、
「弱い虫」の主人公は、RAM WIREの「名もない毎日」にも登場しているそうです。

『名もない毎日』の動画は鉄拳さんの過去の作品をまとめた記事の中ほどにあります。
※「弱い虫」の主人公は、1:52からの3秒間と3:10~3:17の間に数回登場します。

鉄拳のパラパラ漫画をMVに使うのは、ミュージシャンにとってプラスなのか?

パラパラ漫画という特異な才能が認められた鉄拳さんに
現在、様々なオファーが殺到している様です。

その中には当然、馬場俊英さんやRAM WIREに続けとばかりに
パラパラ漫画をMVに起用しようとするミュージシャンがいると思います。

そこで思うのが、鉄拳さんのパラパラ漫画は
ミュージシャンにとって諸刃の剣だということ。

物珍しさとインパクト抜群のパラパラ漫画をお粗末な曲のMVに使うと、
「本来メインであるはずの楽曲がBGMに成り下がる」
なんてことになりはしないかと心配しています。

これはミュージシャンにとって屈辱以外の何物でもないですよね。

「そんなこと素人もオマエに言われなくても分かっとるわ!」
って言うのならそれで良いんですけど。

【おまけ】痴漢冤罪に巻き込まれたら

粟野仁雄氏の『この人、痴漢!と言われたら』に書かれている
痴漢冤罪に巻き込まれた時の対処法。

  • まず、そのままホームで話し合い、絶対に駅事務室には行かない。
    (私人逮捕を避けるため)
  • 相手の女性に名刺を渡すか、連絡先をはっきりと告げる。
  • 強引に駅事務室に連れて行こうとされたら、
    相手の女性に「間違いの場合、虚偽告訴罪で訴えますよ」と告げる。
  • 警察での取り調べには、寡黙に確かなこと、時系列の整理されたことだけを話す。

こちらのサイトも参考になります。
痴漢冤罪のリスクは誰にでもある!その時とるべき行動と心構え

もう一記事いかが?


Sponsored Links





2 Responses to “鉄拳 パラパラ漫画 『弱い虫』で不条理を描く”

  1. みゆきち より:

    こんにちは

    相変わらず泣かせますねぇ
    たしかに救われない内容だけど
    報われてると思うんですよね

    悪いことばかり、貧乏くじをひいたような人だけど
    愛してくれるひとがいて
    辛い中でも、理解してくれて
    見てるひとだっていてくれる。
    それってしあわせなことだと思うわけですよ。

    世の中、敵ばかりだとしても
    1人でも味方がいる。
    これは力強いことです。生きる力の源です。
    だから、切ない内容だけど
    そんなにやりきれない気持ちではなかったです。

    それにしても、満員の電車
    痴漢は卑劣だけど、痴漢冤罪も悲劇ですね。
    なんとかならないものかしら。

  2. よかろー より:

    みゆきちさん、コメントありがとうございます。

    みゆきちさんがコメントに書かれていることは、
    鉄拳さんの意図を全て汲み取ったものだと思います。

    パラパラ漫画で、主人公の日常は
    悪い星の下に生まれたんじゃないかと思わせる
    負け組み人生爆走中な描写をされていますが、
    彼が愛情を注いできた家族は、
    ちゃんと信じてくれて、彼の心の支えになってますよね。
    これって、人としての勝ち組だと思うんです。

    >痴漢は卑劣だけど、痴漢冤罪も悲劇ですね
    全ての元凶は痴漢するアホですよね。
    そういう輩が消えれば、痴漢冤罪や
    痴漢をでっち上げるアホもいなくなるという
    簡単な話なんですけど・・・
    現実は、そう簡単では無い様ですね。
    そういえば、政府に目を付けられているジャーナリストは
    公共交通機関は利用しないそうです。
    警察という名のプロの痴漢冤罪捏造犯がいるからです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ