橋下徹 同和地区特定を認める!「示現舎」USTREAM配信

同和と在日2 ~大阪同和大帝国~

11月3日文化の日に「同和と在日」を出版している「示現舎」が、3時間にわたってUSTREAMでネットラジオの放送を行いました。

出演したのは「同和と在日」編集長の鳥取ループさんとライターの三品純さん。

3時間にわたって放送された内容は、
「さすが同和報道のプロ中のプロ!」
と言ったもので、既存メディアでは絶対に語れないものばかりでした。

そんな濃い内容が詰まった3時間ですが、一気に聴くには長過ぎますよね。

そこで、今回の記事は、放送のメインテーマである週刊朝日「ハシシタ」騒動や
橋下市長と同和の関係等を語った第二部
にスポットを当てて、
放送中に出てくるキーワードの詳細が分かるリンクを貼ることで、
放送内容をより深く理解できるものにしてみました。

示現舎 同和と在日 11月3日放送分

Video streaming by Ustream
再生時間 3時間 ※音声のみ。

★音声ナビ★

【はじめに】 自己紹介・示現舎とは・「同和と在日」を発行する理由 0:15~

【第一部】 「滋賀県同和地区情報公開裁判」について 1:41~

【第二部】 週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」について 39:35~

【第三部】 「住所でポン!」について。 2:12:00~

【おたよりのコーナー】2:39:13~

★第二部で語られる主な内容★

・週刊朝日が解放同盟に糾弾される可能性は?

・過去に、橋下市長の出自に関する記事を書いた人達と佐野氏との違い。
「ハシシタ」対しての解放同盟の反応。

・記者会見で「同和と在日」の三品さんが橋本市長に質問したことについて。
※2012年11月1日に行われた記者会見の動画と質問内容は、記事の最後にあります。

・同和地区を報じない事による弊害。

・解放同盟安中支部へ取材に行ったことについて。

・解放同盟の矛盾点。

・八尾の図書館は、週刊朝日10月26日号をどのように扱っているか。

・「ハシシタ」は他誌で連載を再開出来るか。

・解放同盟の橋下評。

・鳥取ループ、三品純の橋下評。

・正しい橋下徹の叩き方。

・橋下府知事時代の同和行政。

・解放同盟の糾弾会について。

★第二部に関連するリンク★

リンクは、放送中に登場する順で貼っています。

佐野眞一
森功
上原善広
隣保館
大阪市人権協会「50年の歩み」
大阪市人権協会の解散について
丸尾事件
丸尾被告等による暴行傷害事件 関連調査結果報告書(PDF)
ボロチョン裁判
皇子山中学校
金沢市立額中学校への理不尽、醜悪な糾弾行為について
コカコーラ糾弾事件
部落解放同盟全国連合会(全国連)
部落解放同盟全国連西郡支部
北口末広
奥田均
部落民 ツイッター
滋賀県野洲市糾弾事件
松本龍
ストーン・リバーのブログ
松岡徹
【画像あり】 大阪人権博物館が酷すぎる件

大阪市市長記者会見 2012/11/1

Video streaming by Ustream

三品さんの質問は25:40から。

【質問内容】

  • 財団法人大阪府人権協会が、平成15年に
    大阪府の同和地区の詳細な地図が掲載された
    「50年の歩み」という記念書を発行している。
    人権協会が出すと記念誌となるのに、
    朝日が地名を出すと差別になるのは何故か?
  • 必要性、妥当性、社会的許容の範囲であれば、
    大阪市は同和地区の情報を開示するのか?

Amazonでは「同和と在日」の試し読みが可能です。
同和と在日 Amazon

もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ