お笑い芸人2700 右ひじ左ひじは韓国でウケるか?

2700 BEST ALBUM「SINGLES」

5月15日放送のカスペ!・なかよしテレビ
日中韓の超おトク物件を紹介したら大ゲンカになっちゃったよSPの目玉企画「バラエティーが一番面白い国はどこ?」で、お笑い芸人2700が韓国のバラエティー番組「ギャグコンサート」に日本代表として出るそうです。

「ギャグコンサート」は、韓国KBS放送の人気番組で
その視聴率は平均20%以上だとか。

完全アウェーの韓国で2700の『右ひじ左ひじ』がウケるのか!?

っと、なんか、番宣みたいになってしまったんで軌道修正w

今回の企画、「2700のお笑いは韓国で通用するのか?」
という主旨だそうですが、たぶん通用しないと思います。

2700のギャグは個人的には好きですし、
八十島さんは韓国語で歌う為に1週間の猛特訓をしたそうなので、
是非とも成功して欲しいのですが、
なんせ今回の相手は歪曲された歴史教育で
反日を刷り込まれた韓国人1000人。

2700の二人にとって、
今回の仕事は精神面で相当きつかったんじゃないかと思います。

なんか韓国に対しての偏見とも取られることを書いてますが、
事実なんだからしょうがないですw

さて、ここで吉本の芸人ぜんじろうさんがブログで
「韓国のお笑い」を分析した記事があったので一部を抜粋します。

★ここから★

韓国の若い笑いのスタイルは
コントかスタンダップ(漫談)である。

漫才はない。日本独特の文化だと思った。

びっくりしたのが、スタンダップのスタイルは
リズム感と笑いの取り方も西洋風なのだ。

西洋風と言ってもみなさんわからないだろうが
一人でマイク一本でお話でリズミカルに笑いをとる。

ネタの中身は考え落ちといった頭の体操なのだ。

日本語で日本人相手にこの手のテンポと中身の笑いは難しい。

頭の体操って感じの笑いは、
日本では「へ〜〜」や「あ〜〜」なんて感じになる。

ただ韓国でも頭の体操な感じの
ひとりでやるスタンダップの笑いは男子がよく笑う。

団体コントは女子が多く笑っていた。

女子のお客さんにうけるには、
頭の体操のような考え落ちは不向きである。

女子は、ビジュアルとリズムが重視なのかなと思った。

★ここまで★
抜粋元『ぜんじろうのラフゼン』
※ちなみに、この記事に
「日本のお笑いのルーツはそもそも韓国にもある」

というコメントが残されていましたwww

さて、2700は「ギャグコンサート」で
韓国人から笑いをとれるのでしょうか?

結果は
①全然ウケない
②予想に反してウケる。
③実はウケなかったが編集でウケたように見せる。
のどれかだと思います。

③はあの局ならやりかねないですねw
で、「良いものは素直に受け入れる懐の深い国民性」
とかなんとか言ってしまうんでしょうかねw

とりあえず結果が気になるので、録画して観るつもりです。

追記
結果は②の「予想に反してウケる」でした。
編集かも・・・ってまだ言うかw
出番を終えた2700の二人は、
韓国人の反応に手応えを感じて喜んでいました。
猛特訓の甲斐があって良かったですね。

もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ