サヴァン症候群の有名人

4月15日から始まったSMAPの中居正広 が演じる
サヴァン症候群の『チョコザイ』が
彼の持つ超人的な記憶力で事件の真相に迫る
ミステリードラマ『ataru』の影響で、
サヴァン症候群』というキーワードが
トレンドワードになっています。

初めて聞く病名なので、ちょっくら調べてみました。

サヴァン症候群とは自閉症の一種で、その症状は、
多くのことは常人より劣っていて日常生活に支障をきたすが、
特定の分野に関してのみ超人的な能力を発揮するというものです。

五感のどれか一つの機能が失われると、
それを補うように他の感覚が鋭くなるようなことが
脳内で起こっているという感じでしょうか。

サヴァン症候群ではないかと推測されている有名人

相対性理論の生みの親アルベルト・アインシュタイン
(1879年3月14日 – 1955年4月18日)
発明王トーマス・アルバ・エジソン
(1847年2月11日 – 1931年10月18日)
偉大な音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
(1756年1月27日 – 1791年12月5日)
芸術や科学等の幅広い分野で力を発揮したレオナルド・ダ・ヴィンチ
(1452年4月15日 – 1519年5月2日)

といった錚々(そうそう)たる顔ぶれです。

余談ですが、
オチ○チンの勃起は血液によるものだと証明したのはダ・ヴィンチです。

それまでは空気が入ってパンパンになると
考えられていたそうですw

サヴァン症候群と推測される有名人は日本にもいます。
それは、放浪の芸術家 山下清(1922年3月10日 – 1971年7月12日)です。

山下清は殆んどの作品を、彼の持っているスバ抜けた映像記憶力で
克明に記憶し、後でその記憶を元に描かれたものだそうです。

以上の有名人は、そうではないかと推測される人物です。

実際にサヴァン症候群として認められた有名人は、
映画「レイン・マン」でダスティン・ホフマンが演じる
レイモンド・バビットのモデルとなった「キム・ピーク」です。

彼は、日常生活は父親の介護を必要とする反面、
9000冊以上の本の内容を暗記したり、
何十年もの暦を記憶し、生年月日を言えば、
その日が何曜日かを即答できるといった驚異的な記憶力の持ち主です。

いや~人間の脳は神秘的ですね。
こんな話を聞くと、
人間は脳を数パーセントしか使っていないから
眠っている『ナイト・ヘッド』を覚醒させスペックホルダーなって、
宗教法人を立ち上げて銭儲けじゃ~!
っていう野望が湧いてきますわ~www

(注) 現在の医学では脳は100%使われていると証明されています。
一度に100%使わないだけとのことです。

じゃあ、一度に100%使ったら
スペックホルダー確定やん!シツコイ

もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ