安倍晋三の難病とは?新薬アサコールとは?


26日に行われた自民党総裁選の決選投票で、安倍晋三元首相(58)が、石破茂前政調会長(55)を破り、第25代自民党総裁になりました。

次回の総選挙で、第一党になると予想される自民党の総裁になったわけですから、安倍氏が再び総理の座に付くことが現実味を帯びてきましたね。

安倍氏と言えば、総理に就任して僅か1年後の2007年9月の臨時国会開催中に、突然、病気が原因の体調不良を理由に辞任を表明し「無責任の極み」と野党からボロッカスに言われた人ですが、今度は大丈夫なんでしょうか?

気になる病状に関して安倍氏は、「画期的な新薬が登場し、すっかり難病を克服することができた。今は心身ともに健康だ」と言ってますが、安倍氏が患った「難病」と、それを克服することが出来た「新薬」とはいったいどんなものなんでしょうか?

安倍晋三の辞任の原因となった潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは

大腸粘膜が炎症を起してただれてしまい、
びらんや潰瘍(かいよう)ができる病気。

原因不明で、治療にも抵抗性があることから
厚生労働省に難病指定されており、医療費の公費負担対象になっている。

潰瘍性大腸炎は、もともと欧米人に多く日本人に少ない病気だったが、
近年、患者数は10万人を超え、毎年5000人ずつ増えている。

食生活の欧米化などが原因ではないかと言われている。

★潰瘍性大腸炎の症状★

代表的な症状は、血便、粘血便、下痢、腹痛。

ひどくなると、体重減少、貧血、発熱が現れる。

主に粘血便と下痢で病気を自覚するケースが多い。

潰瘍性大腸炎は、一度良くなったように感じても、
数ヵ月後~数年後に悪化することがある。

治療法

【軽症の場合】

外来での治療が可能。

5-ASA製剤、副腎皮質ステロイド薬の内服
又は、これらの薬剤を坐薬、注腸製剤にしたものを肛門から入れる。

【重症の場合】

入院し、5-ASA製剤に内服に加えてステロイド薬を静脈内投与する。

絶食が必要となる為、中心静脈栄養が必要になる。

ステロイド治療で効果が得られない場合は、白血球除去療法を用いる。

白血球除去療法とは、炎症の原因となる白血球を
フィルターで取り除いてから体内に戻す治療法。

これらの治療で症状が改善されず、依然として激しい症状が続く場合や
何度も悪化して社会生活に支障が出る場合は、
大腸摘出手術が必要になる。

 
潰瘍性大腸炎は難病に指定されている病ですが、適切な治療を受ければ
ほぼ完全な社会復帰、結婚生活、妊娠・出産も可能とのことです。

あと、肉体的・精神的ストレスは病気を悪化させるきっかけになる為、
ストレスを受けないようにすることが重要とのことですが、
これはどの病気にも言える事ですね。

安倍氏の闘病について

※この項目は、週刊文春で連載されている池上彰さんのコラムに書かれていた事を
追加して再編集しました。

安倍氏が潰瘍性大腸炎を発症したのは中学3年生の時で、
腹痛の後、下痢と血便が続いたそうです。

病名が判明したのは大学を出て神戸製鋼所に入社してから。

その後の闘病については、
日本消化器病学会の広報誌「消火器の広場2012年秋号」に書かれています。

それによると安倍氏は、1998年、自民党の国会対策副委員長の時、
「政治家は志を遂げるために自分の病気は徹底して秘匿しなければならない」
という理由から、極秘で三ヶ月、慶応病院に入院していたそうです。

この時の治療に効果が有ったことで、政治家人生を断念せずに済んだ安倍氏は、
2006年9月、第90代内閣総理大臣に就任。

しかし、その後が大変だったようです。

「総理大臣は想像していたより何十倍もの激務でした。
機能性胃腸炎にかかり、お粥と点滴で栄養補給をしながら
海外諸国を訪問するような有様でした」

~文春ソースはここまで~

また、安倍氏の症状は1日に30回以上もトイレに駆け込むほどだったとも
言われています。

こんな状態で国会や各種会議に出ることは出来ませんよね。

いきなり辞めて無責任だのなんだの言っていた連中は、
安倍氏の病気や症状を知った上で言ってたんでしょうか?

どんな病気もそうですが、一番大事なのは
周りの人が病気を理解するという事だと改めて思いました。

安倍晋三が病を克服した新薬アサコール

安倍氏を病から救った『アサコール』は、
2009年10月に日本で認可された潰瘍性大腸炎の治療に用いられる薬。

下部消化管(回腸から大腸)に到達してから、
有効成分(メサラジン)が放出されるように製剤設計されている為、
下部消化管病変に対する効果が期待できる。

副作用は少ないと言われている。

スイスで開発され、スイス国内では1984年11月に承認。

その後、1985年にイギリス、1987年にドイツ、1992年にアメリカで承認される。

2009年の時点でアサコールを承認した国は64カ国。

2011年1月から長期処方が可能になったことで、
症状の改善が見られる患者が飛躍的に増えている。

販売はゼリア新薬工業株式会社で1錠の値段は86.1円。

前出の「消火器のひろば」の中で、
安倍氏はアサコールについてこう語っています。

『アサコールという飲み薬が画期的に効いて寛解状態が続き、
「また悪くなるのでは」との懸念がなくなり、精神状態も本当に楽です』

参考までに、アサコールを服用している人達が集う掲示板を貼っておきます。
アサコール効果 – 潰瘍性大腸炎掲示板

3500円のカツカレー

安倍自民党総裁が選挙前に3500円のカツカレーを食べたことに
「庶民感覚が無い!」と的外れな非難をしているマスゴミがいるようで、
ほんと、困ったもんです。

安倍氏が患っていた潰瘍性大腸炎は食事制限が厳しく、
油脂類、食物繊維、乳製品を控えなければならず、
特に動物性の脂肪は御法度だそうです

ほんま、どこのアホか知らんけど、総裁に就任した時くらい

本日、自民党総裁に就任した安倍元首相が
総裁選挙前にげんを担いで食べたのはカツカレー。

安倍氏の患っていた潰瘍性大腸炎は難病と指定される病気で
食事制限も厳しく、特に動物性の脂肪は厳禁!

そんな安倍氏がカツカレーを食べるという事は、
「今は心身ともに健康だ」という発言を証明するものではないでしょうか

ってな感じのコメントを出してもバチは当たらんやろ!

それともスーパー玉出の弁当食べてりゃ文句言わんのかい!

ほんま、どこのマスゴミやねん!と思って調べてみると、
毎日放送(MBS)の「ちちんぷいぷい」という番組であることが判明・・・

だああああああーーーーーーっ!ネタ元は大阪かい!!!

なんちゅう面汚しの放送しとんねん!

MBSはバツとして、一日中『じゃがポテ仮面』流しとけ!

以上!

潰瘍性大腸炎を患っている方の意見

「今は調子が良いから」という素人判断で安易に普通食を食べるのは避けるべきであり、
食事内容に関しては、必ず医師に相談し、許可を得てからにして下さい。

詳細は当記事のコメント欄を参照して下さい。

もう一記事いかが?


Sponsored Links





37 Responses to “安倍晋三の難病とは?新薬アサコールとは?”

  1. あなあき より:

    ちちんぷいぷいの動画がyoutubeにアップされてます。
    観たところ「庶民感覚が無い」という発言は無かったです。
    ネットで尾ひれが付いてそうなったんでしょうね。
    MBSは冤罪と言いたいところですが、安倍さんの報道内容がカツカレーがメインというところに悪意を感じました。
    動画は長いのと短いのがあるんですが、長いほうを観ると石破さんが出てる時間が一番長かったです。
    安倍さんがカツカレーを食べるのは、もう病気は大丈夫と自分の健康のアピールを兼ねているのかもしれません。

    • よかろー より:

      あなあきさん、コメントありがとうございます。

      >ちちんぷいぷいの動画がyoutubeにアップされてます
      教えて頂き、ありがとうございました。
      仰るとおり、ネットで言われている事と番組内容にはズレがありますね。

      >カツカレーがメイン
      ほんと、そうですねw
      他の議員の内容とギャップが有り過ぎて
      かなり印象に残ります。
      ひょっとして番組の狙いどおり?w

      >自分の健康のアピール
      それは大いにありますね。
      本文にも書いたようにトンカツを食べるのは
      潰瘍性大腸炎を患っている人にとっては控えるべきこと。
      もし安倍氏が病気のことを心配しているなら、
      これから政治の最前線に向かう前に
      その様なマネはしないと思います。

  2. じょん・どぅ より:

    「いざという時の危機感」を提唱するならわかるのです、トップの急死・急病で国内がゴタゴタして最低でもお家騒動、最悪滅亡というのは世界共通でかつ歴史が証明している出来事ですし、直近だと小渕総理のときもゴタゴタしましたもの。
    でもマスゴミがやってるのは「虚構を混ぜた中傷」ですからねぇ…功績を客観的に見ても鳩型宇宙人や空き缶を選ぶくらいなら愛国心ある病人を選びますヨ。

    新たなネガキャンで「五年型落ちの新総裁」ってのを目にしましたね。
    …でも途上国だと某国の新品新型より、運送屋さんが払い下げした10年オーバーの中古日本車の方が人気なんですよネ。よりにもよって軍用車に民間人向け(というか普通)のトヨタ車を転用するくらいですし。

    • よかろー より:

      じょん・どぅさん、コメントありがとうごさいます。

      >最低でもお家騒動、最悪滅亡
      仰るとおり、世が世なら滅亡ですもんね。
      病気を患って退陣した人物が、
      もう一度リーダーになるとなったら、
      そういうリスクは頭の片隅に入れておかなければなりませんね。

      >鳩型宇宙人や空き缶を選ぶくらいなら愛国心ある病人
      この言い回し、面白過ぎですwww
      育ちの良いボンボンと言われる安部氏ですが、
      一度どん底を味わっているので、
      前回総理に就任してた時のように、消えた年金問題発覚や
      相次ぐ大臣の不祥事といった不運に見舞われても
      絶えれるだけの強さを今は持っているのではないかと思います。
      というか、今はそう思いたいですw

      >五年型落ちの新総裁
      このキャッチコピーはプロの仕事でしょうか?
      面白いこと言いますねw
      でも最新型の物って、出た当初は開発段階では
      予想もしなかった不具合などが見つかったりして
      回収騒ぎになったりしますよね。
      それを考えると、不具合が解決された物の方が安心かも。

      >軍用車にトヨタ車
      トラックタイプのハイラックスが人気のようですね。
      特にアルカイダにw
      あと、日本製2tトラックの荷台に
      重機関銃が付けられたりしてますね。
      それを見てカッコイイと思うのは、平和ボケの証ですかねw

  3. 匿名 より:

    新薬がアサコールと言うソースが、よくわかりません。

    政治家が公表する病気を信じる気持ちも、よくわかりません。

    • よかろー より:

      コメント、ありがとうございます。

      アサコールのソースですが、こちらでなら分かりますでしょうか?
      Yahoo!ニュース アサコール検索結果

      >政治家が公表する病気を信じる気持ちも、よくわかりません。
      都合が悪くなると病院に逃げ込む人、政治家に多いですよねw
      なので、そう思う気持ちも分かります。

      でも、政治家の発言を十把一絡げに疑うのって疲れません?
      何を信じて何を疑うかは、人それぞれってことで良いのでは?
      でも、偏り過ぎない為のバランス感覚は大切だと思います。

      • 匿名 より:

        アサコールの件、ありがとうございます。

        基本的には、安倍総裁には、国土だけでなく、経済、年金いろいろな面で
        日本のために、行動してもらえれば、良いと思っています。

        ただ、病気に関して言えば、家族に同じ病気のものがいたので、
        当時から、病気を利用されたとしか思っていません。

        重症化しなくても、近くにいるだけでわかる
        頻発する腸の活動音(ゴロゴロ、ギュルギュルー)や、
        臭くて長いおなら(ブーーーーーー)や、
        良くある粗相(パンツの交換)。

        今は、直っていたとしても、当時、あの状態で、周囲に気づかれずに、
        政治家と言う職業ができていたほうが、不思議です。

        患者を抱えた経験のある、家族としては、病気の件だけは、
        ・・・どうもねぇ・・?  と言う感じです。

        • よかろー より:

          コメント、ありがとうございます。

          安倍氏が首相を勤めた期間は僅か1年でしたが、
          数々の国益に繋がる実績を残しています。
          それが何で、どのように国益に繋がったかは
          ここでは省きます。

          「首相を輩出した党」って書くよりも「首相を排出した党」と書く方が
          しっくりくる民主党の首相よりも優れているのではないでしょうか。

          総理を辞する時に、さんざん叩かれた安倍氏が、
          もう一度、想像を絶する重責を伴う職に就くのは、
          相当な覚悟が有ってのことだと思います。

          なので、個人的に安倍氏には期待しています。
          あくまで期間限定ですがw

          >患者を抱えた経験のある、家族としては
          実は、自分にも安倍氏の病気とは違いますが
          身近に難病指定の病を患った身内がいました。
          なので、そういう経験をした人間と
          文字だけの情報で知ったつもりでいる人間の見方が
          違ったものになるのは理解できます。

          • UC手術後1年ちょっと より:

            ↓の書き込みは匿名さんに書いたつもりですが、一つ場所がずれてしまいました。www
            すいません

        • UC手術後1年ちょっと より:

          何をいってるんですか?
          僕自身患者 だった(後述)ので
          自分のことのように分かりますが、その方は何歳ですか?
          潰瘍性大腸炎は軽症のとき。又は寛解期ならばそんな状態にはならないです(少なくとも私はですが)
          多分、症状を見てると『重症化された状態』又 『その他の理由』からだと思います。
          そして、貴方の家族の人のようにみんながみんな
          [お腹がなった]、[長いおならをした]、[よくある(パンツの)交換]などのような状況になるとは限らないですし、(少なくとも私が違うため、みんながみんななる訳でわない証明にはなるでしょう)
          よって、『その事から』安部元総理に嫌疑をかける権利は貴方にはないと思います。

  4. 匿名 より:

    >ちちんぷいぷいの動画がyoutubeにアップされてます
    教えて頂き、ありがとうございました。
    仰るとおり、ネットで言われている事と番組内容にはズレがありますね。

    おひれのついた情報を鵜呑みにした
    自分の発言についてはいかが?と聞きたいですが、
    それこそ偏った情報に踊らされてる言えそうな気が…。

    • よかろー より:

      コメント、ありがとうございます。

      >偏った情報に踊らされてる言えそう
      ツッコミ、ありがとうございます。
      仰るとおり、動画を観た瞬間は
      「やってもうたー」という気持ちになりましたw
      記事は、修正すれば知らん顔できますが、
      あえてそのままにして自分のアホさ加減を晒しています。

      一応、9月28日の記事で、動画について書いてますので、
      お時間が許せばお読みになって下さい。
      読む人によっては「ただの言い訳」にとられる可能性はありますがw

  5. ある癌患者 より:

    持病が難病なんだったら、所信表明演説してからやめるような無責任なことはするなということ。持病になるぐらいだから、いきなり悪化はしない。その点が非難に値する。

    持病持ちが、安倍氏のような無責任な態度をとる可能性が高いと思われることが迷惑だ。

  6. ある癌患者 より:

    潰瘍性大腸炎の患者の方でも安倍氏に憤りを感じている人が少なからずいます。上記の本文に示された、「潰瘍性大腸炎について真剣に議論されている方」の一人のご意見を以下に引用させていただきます。
    ————————————————————————

    私はは7年前にS字結腸部分に潰瘍性大腸炎を発症しました。
    発症当時は,とにかく毎日がだるくて心拍数も早く,
    会社から帰るととにかくスーツもそのままに横になりたいという
    気分でいっぱいでした。37.5度くらいの熱がずーっと続き,
    そのうち便に血が混じるようになり,最終的にはイチゴジャムのような
    色をした便がでたので,病院で検査をしてもらい,発覚しました。

    私の場合,幸運なことに,いわゆる「初回発作型」というもので,
    最初に発症してからは症状が再発しておらず,当初はペンタサ250mg
    を1日6錠,リンデロンというステロイド座薬(ステロイドは副作用が強い
    ため,直腸やS字結腸での発症にとどまっているのならば座薬の方がいい
    との医師の判断でした。正解だったと思います)とラックビーを服用してい
    ましたが,入院して2日目にはもう正常な便に戻りました。しかし,主治医
    からは「これは今現在は完治というものがない病気。決して治ったわけ
    ではなく,症状が和らいだだけ。勘違いしないように。薬はこれからも
    ずっと飲み続けてもらうことになる。治ったわけではない,それをとにかく
    忘れないよう生活すること」ときつく言われました。

    安倍新総裁が記者に対して「2年前に画期的な新薬が開発され,今は
    もう”完治”したので大丈夫」と言っていましたが,完治なのでしょうか?
    もしそうならば,国が難病指定しており,年々発症者が増えている現状
    からして,厚生労働省あたりが「遂に完治する薬が開発された。なので
    難病指定から外す」くらいの発表があってもいいのに,特にそういった
    発表もないところを見ると,そして,この掲示板に書かれたアサコール
    という薬の効果を見ても,やはり「完治」できるものではないようですね。
    全国で潰瘍性大腸炎に苦しむ方に誤った情報とはならないのでしょうか。
    今回の安倍さんの「完治した」発言は,少し軽はずみな発言だったので
    はないかと,一人憤りを感じております。

    • よかろー より:

      ある癌患者さん、コメントありがとうございます。

      >所信表明演説してからやめるような無責任なことはするな
      これは仰るとおり、安倍氏の辞め方は最悪です。

      >安倍氏のような無責任な態度をとる可能性が高いと思われる
      情けないことですが、
      そういう見方をする人がいないとは言えませんよね。

      >潰瘍性大腸炎の患者の方でも安倍氏に憤りを感じている
      辞めた理由が病気だけではないと言われている以上、
      逃げの口実に自分が苦しんでいる病気をネタに使われたと思い、
      その事に怒りを覚える人がいるのは当然のことだと思います。

      >掲示板の書き込みのアサコールに関して。
      潰瘍性大腸炎に対して「完治」したという言葉は、
      確かに不適切かもしれません。
      健康面が心配されている安倍氏にとっては、
      「完治」という言葉が最も強いアピールになる
      言葉だったから使ったのでしょうか?
      何れにせよ、反感を買う恐れのある
      発言であることには変わりませんね。

      薬に関してですが、どんな薬でも
      人それぞれに効果や副作用が違うことが有るので、
      一概に安倍氏を嘘つき呼ばわりは出来ないと思います。
      最近ノーベル賞で話題のiPS細胞の研究が進むと、
      同じ薬の効果や副作用のバラツキを無くせる
      オーダーメードの薬が作れるようになるそうです。

  7. UC手術後1年ちょっと より:

    安部元総理は何を考えてるんでしょうか。
    本当に、潰瘍性大腸炎なのでしょうか。 カツカレーを食べた?
    調子に乗るのもいい加減にしてください。頑張って闘病してる人たちを
    馬鹿にした横柄で無礼な態度極まりないと思います。
    たとえ、寛解期でもカツカレーは度が過ぎてると思います。
    話を変えますが、私は、1年と少し前に手術しました。14の時です。
    5年前から続き、何回も入退院を繰り返し。 いろいろ試しました。
    ペンタサ、プレドニン、注腸、Lキャップ。その他も色々ありました。
    でも、受験が近づく中、手術しないとまともに勉強も出来ない。
    こうも思いました。そして、何の迷いもなく手術しました。
    それからは、人工肛門と闘い、腸閉塞と闘い、回腸嚢炎と闘いました。
    ここまできて 何で俺だけって何度も思いました。結局 合併症が起きるなら手術しなきゃ良かったんじゃないか。そこまで思ったのです。
    なのに、安部さん。今まだ 潰瘍性大腸炎の完治が無いのを知りながら、
    あなたは大々的に 「治った」と簡単に言い、カツカレーを食べ 、私からすればなんともアホらしい姿を見せてます。
    なんか···書いてる自分がアホみたいに思えてくるんでここでやめます。

    • よかろー より:

      UC手術後1年ちょっとさん、コメントありがとうございます。

      >寛解期でもカツカレーは度が過ぎてると思います。
      一応、こういう方も居られます。

      ブログの管理人は寛解状態が6年続いており、
      何を食べてもびくともしないお腹になっているそうです。
      潰瘍性大腸炎完治(長期寛解)更新中

      こちらには、「この1年は食事に関して殆ど気にせず、
      カレーやキムチも食べましたし、ピーナツやコーラも飲食しました」
      と書かれています。
      潰瘍性大腸炎が完治状態に

      こちらの掲示板にも同様のことが書かれていたので転載します。
      潰瘍性大腸炎の長期緩解(完治)
      【転載ここから】
      71 :名無しさん:2011/06/18(土) 00:20:24
      18歳のときに潰瘍性大腸炎との診断を受けました。
      そのときは一生付き合う慢性疾患と聞かされ、かなり落ち込みましたが、
      徐々に良くなり、25歳からは薬も止めましたし、通院もしていないです。
      そして今、36歳ですが、10年以上まったく症状なし。

      98 :お蔭様で・・・・:2012/02/01(水) 15:58:48
      私は、5年前発病(潰瘍性大腸炎)して、
      一時期、2ヶ月に及ぶ長期入院も経験しました。
      一時期、プレドニンやらペンタサやら飲んでましたが、悪くなる一方でした。
      2年半前、大阪の某病院で、病気の原因を教えて頂き、
      東洋医学を中心とした治療に切り替えました。
      最初は正直辛かったのですが、半年ほどでほぼ全快!
      今は漢方薬すら服用してません。
      食事制限など全くしてませんし、お酒もほぼ毎日飲んでます。
      信じる信じないは別として、私みたいな方、結構いるみたいです。

      この病気になった方々は、この病気を良く勉強して、
      恐怖心(ストレス)を取り除くことが大事だと思います。
      従って、私は再燃したとしても、正直恐くはありません。
      【転載ここまで】

      ここに挙げたブログや掲示板の書き込みの真偽については、
      個々の判断に任されることですが、
      自分は信じていいものだと思っています。
      病気の症状は患者毎に違いますので、
      安倍氏がカツカレーを食べたことを指して
      病気が嘘と決め付けることは難しいのではないかと思います。

      しかし「完治」という言葉を使う安倍氏に対する貴方の気持ちには
      全面的に同意します。

      苦しい病と戦っているUC手術後1年ちょっとさんに対して
      何か適切な言葉を考えてみましたが、
      自分の文章力では全て薄っぺらなものになると考えたので
      ここでは控えさせていただきます。

  8. UC手術後1年ちょっと より:

    確かに寛解期の維持の長さは人によって違います。
    よかろーさんの持っている情報どうり、
    普通食をとっている人はいます。
    しかし、医者の許可はあるのでしょうか。私はそこが気になるんです。
    文を見てると、確信は勿論持てませんが 自分勝手な意思で
    食べている人がいるような気がします。
    発症以後寛解期に普通食を食べている人は
    私は信じられません。(特に『普通食を食べたいという意思も持ち合わせて、術後をした私』からしてみれば、という個人的意見ですが)
    私はIBD研究会のかなり偉い人(個人的情報はふせますが)に
    言われたこと(省略)によれば
    『普通食は寛解期がある程度(少なくとも2,3年は)たってから徐々にならさないと駄目です』だそうです。
    医師によっても判断は、それぞれ違います。
    しかし、前述したとうり
    物には限度があります。
    ですから 私は普通食を食べているUCやCDの人が羨ましいという心とともに嫌なのです。
    ···
    わたしが言いたいことが分かりましたでしょうか。。
    文を作ってるうちになにが言いたいか自分でも分からなくなってしまいましたw
    要するに、『普通食を食べるに当たって医者の判断があるのかないのか。 あるなら 勿論文句は何もありません。 無いなら ふざけないで』ということです。
    結構意味不ですが ご了承下さい。

    • よかろー より:

      UC手術後1年ちょっとさん、コメントありがとうございます。

      >わたしが言いたいことが分かりましたでしょうか
      「安倍氏の行動と、この記事の内容が
      潰瘍性大腸炎に関して誤った情報を与える恐れがある。」
      ということで良いでしょうか?

      UC手術後1年ちょっとさんの意見を聞き、
      記事内容が不十分であることに気付きましたので、
      文末に注意書きを加えました。

      貴重な意見、ありがとうございました。
      月並みな言葉で申し訳ありませんが、
      UC手術後1年ちょっとさんが、
      食べたい物を気にせずに好きなだけ食べれる日が
      一日でも早く来ることを願っています。

  9. UC手術後1年ちょっと より:

    よかろーさん。
    今 私は食べれますw
    前述してますし、名前もそのとうり。
    私は、大腸全摘出しました。
    なので、潰瘍性 大腸 炎 では無いですし、
    術後の事を調べれば分かりますが 普通食を食べてます。
    言いたいことは、トータルすれば そいうことです。w
    ご理解頂き 嬉しいです。

  10. UC手術後1年ちょっと より:

    2012年 10月14日 11¦49の下から8行の私のかきこみから勘違いを生んでしいましたか。
    正しくは『手術を受けて取り返しがつかない私にしてみれば、普通食を食べているUCやCDの人が羨ましいという心とともに嫌なのです』です。

    • よかろー より:

      UC手術後1年ちょっとさん、コメントありがとうございます。

      コメント欄を補足して頂いて、ありがとうございます。
      それと、言いたいことに気付くのが遅くてすみませんでした。

      UC手術後1年ちょっとさんは、大変大きな代償を払われて
      普通食が食べれるようになったのですね。

      で、ここから続く言葉ですが、
      「病気の本当の辛さや気持ちは、なってみなければ分からない」
      という難病を患った親族の言葉が何時までも心の片隅にあって、
      難病を患っている人に何か声をかけるときに
      適切な言葉が思いつかなくていつも躊躇してしまうんです。

      ですので、この言い訳で貴方に対する
      私の気持ちを察して頂ければ幸いです。

  11. UC手術後1年ちょっと より:

    返信ありがとうございます。
    お話は大体でお察しいたしました。

    ·謙虚な方なら
    ·それについて、理解を深めようとする心があるひとは
    声をかけてあげればいんです。
    その人の意見も大部分分かりますが、
    ↑(箇条書きより)のようなことがわかるひとまで
    塞ぎ混む必要は無いと思いますよ。

    そうですね、自分の言葉に自信が持てないうちに、
    マイナス思考的発言は論外ですが、
    プラス思考的発言なら、いつ 誰が どんな言葉で言ってもいいと思いますよ。

    • よかろー より:

      UC手術後1年ちょっとさん、コメントありがとうございます。

      >プラス思考的発言なら、
      >いつ 誰が どんな言葉で言ってもいいと思いますよ。

      ありがとうございます。
      相手を目の前にしてなら、身振り、手振り、声のトーンや表情等で
      カバー出来ますが、文字だけとなるとやっぱり難しいです。
      いろんな意味で勉強不足ということを痛感します。

  12. 匿名 より:

    症状は人それぞれというのは、確実なこと、それなら、

    自分の気持ちだけでなく、安倍の気持ちも考えろよ

    と言いたい。

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      皆がそういう考えなら、「お腹を壊して辞めた人」という表現で
      報道されることはないでしょうね。

  13. 匿名 より:

    安倍も、
    「他の政治家でなく、なんで俺なんだよ」
    「しかも、なんで今なんだよ」
    と思っただろう。

    そんな中、教育改革や、国民投票などなど、は評価してもよかった
    でもマスコミは、面白おかしく報道した。
    そのことについて反省もしていない様子。
    少数の意見はこうやって切り捨てられていくのかな~
    いやな世の中ですね。

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      >「他の政治家でなく、なんで俺なんだよ」
      >「しかも、なんで今なんだよ」

      消えた年金問題の発覚に、相次ぐ大臣の不祥事・・・
      これらの不運が続いた時の気持ちは、正にこれだったと思います。

      今回は、このような不運に見舞われること無く、
      持てる力を発揮して欲しいです。

  14. 画期的? より:

    アサコールは画期的新薬でもなんでもなく、いままでの基本治療薬であるペンタサ(一般名メサラジン)をより大腸まで届くようにコーティングしたものです。
    当然完治するものではありません。

    画期的新薬ができたので潰瘍性大腸炎は完治する、カレーを食べても平気、なんていうアピールは同じ病気を患っている人間や医療関係者からしたら迷惑この上ないでしょう。

    マスコミを叩くが安倍首相を叩くのはだめだというのもおかしな話です。偏向情報しか流していないブログもマスコミと同レベルです。

    • よかろー より:

      画期的?さん、コメントありがとうございます。

      潰瘍性大腸炎に「寛解」はあっても「完治」は無いことから、
      この記事では「完治」という言葉は一切使っていません。

      >マスコミを叩くが安倍首相を叩くのはだめだ
      そういったことは書いていませんが。

      >偏向情報しか流していないブログ
      「偏向情報」というのは後半部分のことですね。
      この部分が偏向情報かそうでないかは、
      個人の価値観に因るところが大きいのではないでしょうか。

  15. 匿名 より:

    古い記事にコメント失礼します(見てるかわかりませんが)

    はっきり言って、ちゃんちゃらおかしい話ではないでしょうか
    安倍総理がこの病気を発症したのは17歳のときらしいですが
    一方で彼は自身で焼肉好きを公言し、実際、行きつけの焼肉屋が何件もあることが知られています
    アサコールが開発される前からです

    ありえないですよ、こんなの。
    この病気を持つ人が食べるもので最もNGなものの一つが「脂っこいもの」なわけですよ
    それなのに調子乗ってバクバク食べて
    「一時は本当に苦しかった」なんて言われても
    (病気が本当なら)それはぶっちゃけ「自分のせいじゃん?」としか思えず全然同情できませんね(笑)

    そして政権運営がやばくなってきたときに運悪く症状が悪化したから辞め、
    政治情勢が優勢になってきたら今度は運良く新薬が開発されたから復帰しますなんて
    100人中99人が「あやしい」と思いますよ

  16. 匿名 より:

    更に、今年5月の話ですが
    ヨーロッパ訪問から帰国した安倍総理は
    なんと焼肉屋を何件もハシゴし、キムチ料理まで食べていたそうですよ

    おかしいですよね
    いくらアサコールの効き目がよくて調子がいいからって
    潰瘍性大腸炎の人がこんなことをするのはあまりにもリスクが高すぎます
    病気が本当なんだとしたらちょっとリスク管理に欠けていすぎではないですか?
    病気が本当なんだとしたら、ですがね

    • 匿名 より:

      15.16番さんへ。私もアベ首相の潰瘍性大腸炎へ疑問を持っているものです。 脂っこいものが悪いとは知りませんでした。
      私は、ある著名な人が、アベ首相は、躁うつ病の薬の飲みすぎで
      病気になった。といううわさが出ている。という話を聞きました。 それと、知人に潰瘍性大腸炎になった人がいて、彼の話では、アベ首相みたいには動けない。と言ってました。
      それで、新薬が劇的に聞いたなんてアベ首相が言ってたので調べたら、アサコールだった。知人もアサコールを服用しているが
      徐々に良くなっていると。
      確かに、完治した人の話も載せてあるから、アベ首相もその部類だったかもしれない。
      が、難病なら、清く政界を引退すべきと思う。
      トイレに何回も行くような男が総理になりたいなんて思うのは、
      国民に失礼だ。 
      難病の人が政界に出るなと言ってない。
      大臣や総理まではできる体力はないはず。
      国民に迷惑かける以上、線を引くべきと思う。

  17. […] 安倍晋三の難病とは?新薬アサコールとは? | 知ったかぶりの境界線より抜粋 […]

  18. 。セ・キ・逾?タゥ`・ミ・テ・ー。ソ・?、・」・ネ・ LOUIS VUITTON ・筵ホ・ー・鬣 ・キ・螂鶤M ・キ・逾?タゥ`・ミ・テ・ー ・タゥ`・ッ・ヨ・鬣ヲ・ M40587

    ・ュ・罕モ・ホ、ヒ。「、熙キ、ソ、ネ、ィ、ソ、ウ、ネ、ネ。「、ホ。「、ネ、ホ、ネ・ワゥ`・ネ、ヒ、ォ、テ、ニ、ケ、?エ、ネ、ヒ3、ホ・ワゥ`・ネ、ホ

  19. 匿名 より:

    難病名からすると、なぜ?ってのがおおすぎるけど「病名は嘘」。それで、きれいに辻褄があっちゃうんだよね。

    病名も、総裁選の年にとうとつに本人がいいだしたものにすぎないよね。(辞任時の主治医の検査ではなぜか発見できずだっけ)

    総裁選に出馬するために、つくりだされたいいわけの病名じゃないのかな。

  20. 匿名 より:

    >>自分の健康のアピール
    > それは大いにありますね。
    > 本文にも書いたようにトンカツを食べるのは
    >潰瘍性大腸炎を患っている人にとっては控えるべきこと。
    >もし安倍氏が病気のことを心配しているなら、
    >これから政治の最前線に向かう前に
    >その様なマネはしないと思います。

    最近は、しょっちゅう焼肉食べているようですね……。

    「自分の健康のアピール」ではなく、潰瘍性大腸炎ではないと考えた方が無理がなさそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ