宮沢りえ 拒食症?

頬がこけ、エラが張り、
ガリガリの姿に変えてしまった拒食症
その病を克服し、
今では実力派女優として活躍中の宮沢りえさん(39)
そんな彼女が実業家の旦那さんとの
3年間の結婚生活にピリオドを打つようです。

離婚についての会見が開かれるそうですが、
ぶっちゃけ興味無いですし、
「そっとしといてやれ」って思います。

まぁ、プライベートなんて無し!っていうか、
それすら飯の種になる芸能人という職業だから仕方が無いと言えば
それまでですが・・・

とかなんとか言いながら、
『拒食症』っていう過去の傷をネタに
記事を書いてるヤツがここにいるんですけどねw

ってことで、自分のことは棚に上げておいて
話を進めていきます。

まずは、これを見て下さい。

アイドルをめっけ!![DVD] AMS-01

これ、宮沢りえさんの10代のころの写真です。

10代の頃の彼女は、
「三井のリハウス」や「ポカリスエット」のCMに
主演映画「ぼくらの7日間戦争」
そして、伝説の写真集サンタフェ
150万部のベストセラー記録を出したりで人気絶頂期。

そんな人生最高潮の時に暗い影を落とした
貴花田(現・貴乃花親方)との婚約解消。

その後は中村勘三郎との不倫、自殺未遂と、
不幸のトリプルコンボで人気が急降下。

その上、彼女のマネージャーでもあった「りえママ」こと
宮沢りえさんのオカンとの確執が重なり
拒食症になってしまい、みるみる痩せていきました。

この一連の不幸の原因は「りえママ」にあると言われています。

さて、宮沢りえさんが患った拒食症ってどんな病気?
と聞かれて「食べられなくなる病気」としか答えられないので
ちょっくら調べて見ると、

拒食症は摂食障害に含まれる病気で、
厚生労働省が特定疾患(難病)に指定されていることが分かりました。

特定疾患(難病)とは、医療費の一部または全部を
国や地方自治体が負担してくれるのことです。

「食べない拒食症」に対して、「食べ過ぎの過食症」がありますが
拒食症患者の約60~70%が過食症に移行するため、
同一疾患と見なされているようです。

この二つの症状をひっくるめて「摂食障害」と呼ばれています。

「摂食障害」を直すには
心療内科医・精神科医など医師や心理カウンセラーの
心理的なカウンセリングを受けることが有効なんですが、
一番大事なのは、摂食障害を招いた心の問題を
周囲の人達も協力して取り除くこと
なんだそうです。

宮沢りえさん、大変な病気を患ってたんですね。

最近では大河ドラマの「江」で気丈な女性を演じ、
スペシャルドラマ「ブラックボード」では、
幸の薄い女性を演じた宮沢りえさんは、
現在、舞台「THE BEE」では一人3役をこなし、
前述のドラマのイメージをぶち壊す演技をしているそうです。

山あり谷ありの波乱万丈の人生を歩んできた彼女だからこそ
なせる技だと思います☆

さてさて、上のDVDに名前が載っている酒井法ピーさんも
薬物中毒を芸の肥やしにする日が来るんですかね ウフフフフ♪

もう一記事いかが?


Sponsored Links





2 Responses to “宮沢りえ 拒食症?”

  1. カボチャ より:

    ウフフフフ♪  それは秘密です…。

    • よかろー より:

      カボチャさん、コメントありがとうございます。

      ウフフフフ♪ ですよね♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ