パンくん 引退の理由 チンパンジーは猛獣です。


画像クリックで楽天

日本テレビで放送中の「天才!志村動物園」で、
人間の仕草や行動を上手に真似て大人気のチンパンジー『パンくん

そんなパンくんが、有ろう事か人間を襲ってしまいました!

そのせいで来年の4月まで行われる予定だった引退公演は中止となり、今後は、パンくん以外の動物を使って違う形でショーを行っていくそうです。

志村動物園の出演に関して日本テレビは、
「詳細が判明するまでパンくんの出演部分の放送を見合わせる
とコメントしており、当初の予定よりも早く表舞台から姿を消す可能性が出てきました。

天才チンパンジーと呼ばれてたパンくんにいったい何が起こったのでしょうか?

事件の概要は以下のとおりです。


2012年9月6日午後4時頃、熊本県阿蘇郡阿蘇町にある
動物とのふれあいやショー等で人気の阿蘇カドリー・ドミニオン(阿蘇CD)で、
「みやざわ劇場ショー」に出演したオスのチンパンジーのパン君(11歳)が、
演技を終え、観客に向かっておじぎをした直後
突然、ステージ脇にいた研修中の女性スタッフ(20)に襲いかかった。

女性スタッフは、額、耳の裏、腰、足首を噛まれ
ドクターヘリで熊本市の病院に運ばれ縫合手術を受けた。

手術を受けた女性スタッフは、2週間程度で退院できる見込み。


テレビで愛嬌を振りまくるパンくんからは想像も出来ない事件です。

阿蘇CDでは、パンくんがこのような行動に及んだ原因を、
「オスのチンパンジーは繁殖期を控えると、攻撃的な行動をとることがある」
と語っています。

また、別の専門家によると
「野生のチンパンジーは、猛獣指定されている凶暴な動物で、
6~7歳を超えると高ぶる感情を抑えきれなくなる。」

「チンパンジーは、相手が自分よりも強いか弱いかを判断して行動するので、
阿蘇CDに来たばかり女性スタッフを、自分よりも下に見て攻撃したのではないか。」

と言われています。

同じようなことは、『野生チンパンジーの世界へようこそ』にも書かれており、
このサイトによると、
チンパンジーは9歳くらいから群れの中での順位に拘るようになり、
大人になると更にその拘りが顕在化するそうです。

ちなみに「老年」とされる33歳以上になると
順位争いから外れますが、
周りから大事にされるそうですよ。

日本で問題になっている「老人の孤独死」は、
チンパンジーの社会には無いみたいですねw

今回のパンくんの事件で、自分が今まで抱いていた
愛嬌があって賢いというチンパンジーのイメージが見事に崩れ去りました。

テレビや映画で、こんなカワイイ子ばかり見せられてましたからね。

チンパンジーの赤ちゃん

でも実際は、大人になると、
こんなにイカツイ奴になるんですよねw

大人のチンパンジー

立派な犬歯ですね。
この牙で噛み付かれたら、ただでは済まないのは容易に想像できます。

それにしても左のチンパンジーは、
禿げ上がった頭が辮髪(べんぱつ)の様になっていてイカツさ倍増ですねw

しかし、この表情。何を企んでいるのでしょうか?正直、怖いです。

この怖そうな大人のチンパンジーは、
いったいどのような能力を持っているのでしょうか?

書かれていることの全てが正しいかどうか分かりませんが、
チンパンジーの能力をまとめたものが2ちゃんねるに有りました。

50 名前:名無しさん@一本勝ち [sage] :2011/08/15(月) 12:16:30.61 ID:h8uBP+DV0
チンプの実力

・成獣の平均握力は約300kg
・ギネス記録では怒り狂ったメスのチンパンジーが572kgの握力を記録。
・脚力 約350kg
・垂直跳び 3.5~4m
・体重45kgのチンパンジーが両手で簡単に270kgのものを持ち上げた。
・80kgの鉄板を軽々と放り投げる。
・素手で車のフロントガラスを簡単に叩き割る。
・強靭な犬歯と爪を持ち、さらに雑菌ウヨウヨ
・赤ちゃんチンパンジーを貪り食う習性があり、人間の被害も多数ある。
・大人になったチンパンジー(顔が黒い)はきわめて凶暴
人間になつくのは子供のチンパンジー(顔が肌色)まで。

 

素手でフロントガラスを叩き割るというのは、
アフリカでタクシードライバーが襲われた事件のことだと思います。

襲われたタクシードライバーは、両手両足の爪を剥がされ、
顔面を食べられて殺された
そうです。

同じような事件は、アメリカでも起こっています。

こちらの事件もアフリカ同様、顔面を攻撃されています。

被害者は飼い主の女性で、約12分間に渡って攻撃された結果、
指を無くし、目、鼻、上あごを酷く損傷してしまったそうです。

損傷した彼女の顔写真は、こちらのサイトで見ることが出来ます。

※ページを開くと、いきなりショッキングな映像が出てくるので、
そういった画像が苦手とされる方は見ないで下さい。
チンパンジーに顔を噛みちぎられた女性がテレビ出演(衝撃映像注意)

飼い主を襲ったトラビス(14歳)は、
パンくんと同じくテレビCM等に出演し、賢いと評判だったチンパンジーです。

トラビスが飼い主を襲った原因は、気が立っているのを鎮める為に飲まされた
抗不安薬の副作用ではないかと言われています。

パンくんの引退の理由は繁殖が目的とされていますが、本当のところは、
成長したチンパンジーは制御が難しい猛獣だからではないでしょうか。

環境省や日動水が指摘していたパンくんの扱い

宮崎市フェニックス自然動物園から
繁殖目的で阿蘇カドリー・ドミニオンに移されたパンくんの扱いについて、
環境省と日本動物園水族館協会(日動水)が
本来の目的に反している、又は支障が出るのではないかという指摘しています。

まず、環境省の指摘から。
こちらのブログに転載されていたものを要約しました。
<チンパンジー>パンくんの興行 種の保存法違反で聴取へ

最近テレビやショーに出まくってるパンくんのことやけど、
繁殖目的って言うから無償譲渡に許可を出したんやで。

こんなに人前に出しまくったら繁殖に影響が出えへんか?

繁殖目的の譲渡でも、通常の展示なら構わないっていう決まりは有るけど、
これはちょっとやり過ぎやろ?

チンパンジーは種の保存法で国際希少野生動植物種に指定されてて、
大切にせなあかん動物やねん。

阿蘇CDさんのパンくんの扱いは
希少動植物の取引を規制する種の保存法違反に抵触する可能性があるけど
どうするっ!

この環境省の指摘に対して阿蘇CDは、
譲渡の際に飼育用の獣舎を新築し、パンくんと同い年のメスの飼育も始めた。

夏休みは日程がきついが、普段は余裕を持って組んでいる。

繁殖には支障がないと思う。

民間動物園が獣舎などを整えるには収入も大切で、環境省には現状を伝えたい。
と答えています。

またパンくんを番組に出演させている日本テレビは、
「収録はストレスや疲れを与えないように留意しており、問題はないと思う」
と答えています。

次は、日本動物園水族館協会の指摘。
こちらは「動物愛護管理のあり方検討小委員会(第7回)議事録」から抜粋します。

【北村健一氏】 北村でございます。発言させていただきます。
直近の例でございますけれども、
私どもは倫理要綱というものを持っておりまして、
皆さんのお手元の事業概要の56ページに倫理要綱というのがございまして、
それの5に「展示」という項目がありまして、
「5-1 展示は最新のデータに基づき、
その種の本来持っている習性や形態が、
正しく理解できるものであり、
かつ生態系の中で果たす役割が理解されるように入っていること

というふうな要綱となっております。
実は日本テレビで「志村どうぶつ園」という番組をやっておりまして、
あそこにチンパンジーが出ておりまして、
我々から見てもあまりにうそでして、
チンパンジーは確かに賢いんですけれども、
あんなには賢くないものですから、
服も着ていませんし、
あれはいかがなものかということで、
倫理委員会を何回も開きまして、
改善勧告等をいたしました。

それで、いろいろお話し合いは申し上げたんですけれども、
結局、折り合わなくて、うちの協会から退会なさった
というのが、つい二、三年前の事例であります。
まだテレビに出ていますよね。

中央環境審議会動物愛護部会
動物愛護管理のあり方検討小委員会(第7回)議事録

なんか、こういうこと知ると、
パンくんも被害者ではないかと思ってしまいます。。。

【追記】志村けんさん、パンくんに会いに行く

2012年12月22日に放送された「志村どうぶつ園 クリスマス2時間SP」で、
志村園長が阿蘇CDに居るパンくんに会いに行く模様が放送されました。

パンくんに会いに行ったのは、不幸な事故が起こった1ヵ月後の10月。

阿蘇CDに着いた志村さんを出迎えたのは、
動物トレーナーの宮沢厚さんと、園長の上山栄二さん。

2人は「申し訳ございませんでした」と、深く頭を下げた後、
事故の経緯を志村さんと番組ディレクターに話をしたようですが、
詳しい内容は番組内では語られませんでした。

気になるパンくんの今後はというと、
以前番組で、何度か一緒に遊んだりデートした
メスのチンパンジー「ポコちゃん」と一緒に暮らし、
元気な赤ちゃんを産んでもらうとのことです。

現在、服を着ていないチンパンジー本来の姿に戻ったパンくんですが、
志村さんのことは忘れていない様で、姿を見ると直ぐに近寄ってきました。

しかし、以前の様にふれ合うことの出来ないガラス越しでの対面。

そんな状況をもどかしく感じたのか、
何かを訴えているかの様に、宙返りやお辞儀をするパンくんの姿が印象的でした。

番組の最後に『新しい家族作りが始まったパンくんの様子を、
これからも見守っていきたいと思います。』
と語られていたので、
今後も、パンくんの元気な姿を見ることが出来そうです。

もう一記事いかが?


Sponsored Links





13 Responses to “パンくん 引退の理由 チンパンジーは猛獣です。”

  1. 匿名 より:

    ZIPPEIの次はパンくん・・・
    日テレの動物番組ボロボロじゃん。
    志村動物園はパンくんのことなんて説明するのかな?

    • よかろー より:

      コメント、ありがとうございます。

      ほんと、日テレは立て続けですね。
      9月8日に放送された志村動物園では、
      パンくんのことは一切触れていませんでした。
      このままフェードアウトの可能性は否定できませんね。。。

  2. より:

    おじゃまいたします。

    風雨をしのげる住まいがあって、食べ物にはまったく不自由しない。とすれば、あとやるコトといったら“アレ”しかないですよね。
    いや、サルの話ですよ。動物園のサル。

    ところが、この“アレ”は自分の子孫を残すためというよりも、自分の地位を示すためのものなのだそうです。だから、相手がオスであるかメスであるかは関係がない。
    つまり、飼育下で餌探しも必要のないサルの一番の関心事は、グループ内での自分の順位であり、下位のものは上位のものに対して服従の姿勢をとることによって、無用な争いを避けています。

    祖先は群で生活をしていたイヌも、この点は似ていますね。飼い主である人間を、上位のものと認識しているから、従順で飼いやすい。
    逆に、飼い主やその家族を噛んでしまうしょーもないイヌというのは、きちんとしつけをしなかったために、自分こそが上位であると主張しているわけです。

    サルとチンパンジーとは違いますし、私はその辺詳しくないのですが、この事件、どうも「研修中の」スタッフであったというところがポイントのような気がします。

    戦うということは非常にキケンがアブナイ。野生の生活においてケガをするということは、死に直結する場合もありますから。
    直接の争いを避けるために、たいがいの動物はなにかしらのサインを出すもので、例えば耳を伏せて背を丸くし「ウウゥ~~」とうなっているネコに、「あらぁ、かわいいネコちゃん!」と手を出せば、間違いなく引っかかれて血ぃ見るはめになります。
    すなわち、「オレは怖いケド、ヤる時はヤるぞ!」=“近寄るんじゃねえ!”というサインを無視したからですね。

    パンくんも、もしかしたらサインを出していたのに、気がついていなかったのではないですしょうか?
    ちなみに、飼育員が群の“一員”になってしまうコトは、よくないのだそうですが。

    「動物学」がせっかくあっても、人間社会に応用ができないのだったら、価値半減のように思います。

    長文失礼いたしました。アタマ悪いので、文章がまとめられないのです…。

    • よかろー より:

      狸さん、コメントありがとうございます。

      長文、大歓迎ですよ^^
      詳しい解説をして頂き、ありがとうございます。

      パンくんは、研修生を群れの新入りと認識し、
      自分の方が上だというサインを出していた。
      しかし、チンパンジーの扱いが未熟な研修生は、
      それに気付かなかったのではないか?
      そんな研修生の態度に業を煮やしたパンくんは、
      やむを得ずヤキを入れた。
      ということですね。

      その可能性は高そうですね!

      ゴリラのドラミングは無益な戦いを避ける為と言いますし、
      チンパンジーにも当然、その様な仕草があるでしょうね。

      >キケンがアブナイ
      ひょうたん爺さんのエッセンスを
      何気なく入れてるあたり、流石ですw

  3. 匿名 より:

    ヤフーニュースの同様の記事が全て削除されてた・・無かったことにしたいのかな
    チンパンジーより人間の方がこわいっす

    • よかろー より:

      コメント、ありがとうございます。

      えっ、そんな事になっているんですか!

      大きくなって危険なチンパンジーを
      テレビやショーに出演させていたことに
      触れて欲しくないからでしょうか。

      今日は志村動物園が放映される日ですが、
      パンくんの事はスルーなんでしょうねw

  4. 匿名 より:

    解説や他の方のコメントどおりで、ニホンザルやチンパンジーなどは群れの順位付けがしっかりしていて、下位が上位に対して逆らったり、馬鹿にした態度とると半殺しの目に合う。従ってこれらの霊長類を飼育する飼育員は絶対に自分の方が上位だと言う事を徹底的に教え込まないと危険な目にあう。
    教われた女性飼育員も新人だった為にパン君にしてみれば群れに新しく入った、自分より下位の物がと認識して、恐らくパン君の目を上から目線で見てしまったのかもしれない。ニホンザルやチンパンジーは下位の物が上位の物に上から目線で見るとなめられたと思って激怒する。よく観光客にニホンザルの目を絶対に見るなと言うのはこの事。もし見るなら相手と同じ目線で見ないといけない。

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      パン君の事件に関しては、貴方の仰るとおりだと思います。
      大人になりかけているパン君を
      不慣れな飼育員に近付けたのがまずかったのでしょうね。
      パン君は今でも志村動物園に出ていますが、
      志村けんさんと会う時はガラス越しの対面となっています。

  5. 団塊 より:

    (チンパンジーとの触れ合いは3歳までって常識でしょうに)
    アメリカのチンパンジーと家族のように暮らしているドラマがありました。
    あれから半世紀経ちますが、3歳か4歳になる直前のチンパンジーとのお別れのシーンがあって、動物園に送って行きました。
    「大きくなったチンパンジーは危険だから一緒には住めないんだよ」
    と父親に言われても主人公の女の子は大泣きに泣いていました。
    次の日に赤ちゃんチンパンジーを家に迎えてドラマは続きました。
    3歳か4歳になったチンパンジーは、人間の赤ちゃんや子供を食べてしまう。と言っていた。
    何年か前にTVで、数匹のチンパンジーが、子を抱いた母親チンパンジーを追いかけ回しジャングルの中逃げ回った母チンパンジーから子チンパンジーを奪い、腕をもぎりとってムシャムシャと食べ出した。
    (チンパンジーと戯れるのは、チンパンジーの赤ちゃん時代だけってのは常識でしょうに)

  6. 匿名 より:

    難しいところですね 正直言ってしまえばそういうパン君が何らかしらのサインを出していたとして それを研修生に教えるのもスタッフの仕事の1つであろうことだとは思います
    研修生は研修生 知らないことだらけですからね

    カドリーのスタッフの管理もちょっと甘かったのかもしれませんね
    あの パン君だから まだ 大丈夫だろう
    という認識があったんでしょう・・・・・・・

  7. ジョー より:

    パン君が事前にサインを出していた事実など何処にも無いにも関わらず、あくまで被害者にも責任ありとする風潮には疑問を感じますがね。
    特に被害者が女性の場合に限って、気味が悪いほど被害者落ち度説が幅を利かしますな。

    チンパンジーが元々凶暴なのは周知の事実です。
    躾ければ人間を襲わないと勘違いしていたテレビ局側の落ち度でしょう。
    ちなみにサーカスの業務中の事故に対して、サーカス側は通常、従業員に補償をしません。
    が、動物関連のショーに関してだけは、怪我に対する補償をします。
    『空中ブランコ』や『地上30メートルの綱渡り』より、動物を使った『アシカのショー』の方が危険だと、プロは認識しているからです。
    個人の落ち度がどうこうと言っている時点で、動物の生態を理解していないと思いますがね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ