1945年8月6日午前8時15分

リトルボーイ

1945年8月6日は、世界で初めて核兵器が人間に対して使われた日。

67年前の今日、無差別大量殺戮兵器が使われ、
約20万人の命が奪われました。

そんな悪魔の兵器である原子爆弾が、日本に投下されるまでのアメリカの動きにスポットを当て、要点を簡潔にまとめてみました。

原爆が投下されるまでの流れ

1938年12月
ドイツの化学者オットー・ハーンが、原子核分裂を発見。

1939年10月
アメリカで原子爆弾の研究が始まる。

1941年12月
日本帝国海軍の真珠湾攻撃によりアメリカと開戦。

1942年12月
イタリアの物理学者エンリコ・フェルミが
原子核分裂の連鎖反応を制御することに成功。

1942年6月
フランクリン・ルーズベルト大統領が
原子爆弾の製造を目的とするマンハッタン計画を発動させる。
マンハッタン計画のリーダーはアメリカの物理学者ロバート・オッペンハイマー。

1944年9月
アメリカとイギリスの両首脳が、日本への原爆使用を合意する。

1945年2月
降伏後のドイツや東ヨーロッパの国の処遇を決めるヤルタ会談で、
ソ連の対日参戦が極秘で決まる。

1945年4月
ルーズベルト大統領が死去。
副大統領だったハリー・S・トルーマンが大統領に昇格。

1945年5月
ドイツ無条件降伏。
ヤルタ会談を無視し、ドイツの東部と東ヨーロッパの国々を
社会主義陣営に陣営に取り込んでいくソ連。
それに焦りを感じるアメリカ。

1945年7月16日
ニューメキシコ州のアラモゴード砂漠で人類初の核実験が「トリニティ実験」行われる。
この実験で使用されたのは、長崎に落とされたプルトニウム型原爆。
爆発時のエネルギーは約19ktのTNT火薬に匹敵。
爆心地には直径330mn深さ3mのクレーターができ、
爆発の衝撃波は160km離れた地点でも確認される。

現在、トリニティ実験場は人気の観光スポットとなっている。

トリニティ実験
【トリニティ実験での核爆発】 きのこ雲の高さは12km!

1945年7月17日~8月2日
ポツダム会談で敗戦間近の日本の処遇が話し合われる。
この会談でのソ連の主張は、
「終戦後に各国が占領している地域は、占領国が統治とする」というもの。
対してアメリカの主張は「終戦後は日本を独立国家とする」というもの。
ソ連に日本を占領されて、太平洋方面への足がかりを作らせたくないアメリカは、
ソ連よりも先に日本を降伏させなければならない。
原爆を使用し日本をいち早く降伏させ、
且つ、原爆を実践投入することでソ連よりも優位に立ちたいアメリカは、
日本への原爆投下を急ぐ。

1945年7月17日
科学者たちが連名で原子爆弾使用反対の請願書を大統領へ提出するも、
大統領には届けられなかった。

1945年7月20日
ドワイト・D・アイゼンハワー将軍が、
「日本に対して原子爆弾の使用するのは不要である」と大統領に進言。
その他、アメリカ太平洋艦隊司令長官や政府側からも反対の声はあったが、
原爆投下阻止には至らず。

1945年7月25日
トルーマン大統領が、日本への原爆投下を承認。

1945年8月2日
テニアン島の第509混成群団に、野戦命令13号が発令。
この命令での第1目標は広島市。
第2目標は小倉市、第3目標は長崎市だった。

1945年8月4日
B-29 エノラ・ゲイ号に出撃命令が下される。

B-29 エノラ・ゲイ号
【B-29 エノラ・ゲイ号】

1945年8月6日午前6時30分
四国上空で日本の戦闘機がB-29の迎撃を試みるが失敗。

1945年8月6日午前7時過ぎ
気象観測用のB-29から、天候良好の報告を受け、
攻撃目標が広島市に決定する。

1945年8月6日午前8時15分17秒
『リトルボーイ』と名付けられたウラン型核爆弾が投下される。
高度9,600mから投下されたリトルボーイは、約43秒間後、島病院上空600mで爆発。

きのこ雲

アメリカは、「日本に原爆を落としたから戦争が早く終わったんだよ。
もし落としていなかったら、もっと多くの人が犠牲になったと思うよ。」
なんてことを原爆投下の理由としていますが、
実際は、世界で一番強い国でありたい!ってことの方が、
大きなウエイトを占めていると思うんですが、どうなんでしょう。。。


【スポンサードリンク】

もう1記事いかが?

タグ

2012年8月6日 | コメント/トラックバック(4)|

カテゴリー:戦争

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みゆきち より:

    こんにちは

    歴史の授業は、とかく年表覚えで不得意だったんですが
    時代背景とか、エピソードとかばかり調べて
    残念なイイ生徒(笑)と言われてました。

    でも、大事なのは時代の流れをつかむことだと思うんですよね。
    そこから何を学ぶかが大事ですから。
    ただ、点数には繋がらないですけれどねぇ。

    スッキリ、わかりやすく流れを説明してくださって
    ありがとうございました。

    • よかろー より:

      みゆきちさん、コメントありがとうございます。

      >時代背景とか、エピソードとかばかり調べて
      それ、わかりますw
      そっちの方が面白いですよね。

      >大事なのは時代の流れをつかむことだと思うんですよね。
      >そこから何を学ぶかが大事ですから。
      正にそのとおりです。良いこと仰いますね☆

      第2次大戦前後は、日本の歴史にとってかなり重要な部分だと思うんですが、
      学校の授業ではあまり深く掘り下げないですよね。

      今回の記事を書くにあたって、
      ちょっと調べただけでも知らないことがたくさん出てきて
      自分の無知を改めて思い知らされました。

  2. 自分は軍ヲタなので
    これを更にまとめてみましたわ

    一応参考にどうぞ・・

    http://blog.livedoor.jp/balmung10/archives/7373424.html

    • よかろー より:

      えみりおさん、コメントありがとうございます。

      軍ヲタですか!

      自分は「軍オタ」とは言えないですが、
      その昔、タミヤのミリタリーミニチュアシリーズや
      ウォーターラインにはまってました。

      えみりおさんのまとめ、参考にさせて頂きますね。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ