大津 中2いじめ 加害者の親が配ったビラ 全文

加害者の母が配ったビラ

大津市で起きた中2いじめ事件で、加害者の親が他の保護者に配ったビラがついに週刊文春8月2日号で公開されました。

ビラの内容に関しては、以前から気になっていたので、早速コンビニで週刊文春を購入。

わくわくしながら誌面を開いて出てきたものは、小さなビラの画像・・・

そして、記事本文にビラの全文は無し。

これは痛いわ、文春さん。。。

一応、顔を近付ければ読めなくはないんですが、
メガネを無くしたのび太の様な格好で、
もう一度読む気にはなりません。

ってことで、ビラに書かれた内容を文字に起こしました。

でもこれ、記事内容の転載ってことになるんですかね?

画像として掲載されているから大丈夫のような気はするんですが。

ちょっと微妙なので、文春さんの宣伝をしておきます。

他誌では真似出来ないスクープ連発と
独自の切り口で読者を唸らす発行部数№1の週刊誌!
盛りだくさんの内容で読み応えバツグン!
なのにお値段、たったの380円!
やりすぎるなよby担任教師

※週刊文春が、お近くの書店・コンビニに無ければ、こちらから購入可能です。
週刊文春WEB

加害者の母が配ったビラ 全文

10・11の●●君の飛び降りの事件を受け、
●●で実施されたアンケート・聞き取り調査の内容を検討した結果、
●●君と友人だった息子・●●他数名が●●君に対して
いじめをしていたと学校は判定したとの通告を30(土)受けました。

文科省が示すマニュアルに沿って行ったという学校が実施したアンケート調査は、
一見客観的な情報収集・整理に役立つような錯覚を持たれやすいが、

①集まる目撃情報は、断片的で
かつ他者の主観のフィルターを通した情報
であることを免れず

すでに出回っている噂の影響を受けた情報である可能性もさけられない

③さらには●●君本人が実際どう感じていたかを今は確認できない

そうしたあてにならない情報をどれだけ積み上げ、専門家の目で検証したところで、
いじめかいじめでないかの正確な判定はまったく不可能なはずである。

上記の観点からアンケート実施自体に
非常に危険性を感じる(冤罪を産む可能性がある)ことを訴えたが
学校は聞き入れなかった。

実施してしまうのであれば、結果の情報の事実確認は複数回くりかえすなど
慎重にするよう申し入れてきたが、
実際はいじめ加害者との疑いを持たれる息子含む3名に
1回づつの確認作業を行っただけで、
数日後『学校はいじめと判定しました』との報告をしてきました。

とんでもないことに、
前日に遺族への学校でいじめがあったとの報告が済んでいました。

私達はこれを受けて、
いじめとの判定を下された根拠となった資料(アンケート結果や聞き取り調査の内容)と
判定を下したメンバーの名前を教えてほしいとの申し入れをしたが拒否されました。

安易な方法の調査で短期間に得られた、
根拠があまりに希薄な信憑性に乏しい情報を元に、
当事者以外の、名乗ることすらできない人間が推測だけで「いじめ」と判定するという、
とんでもないことが学校で行われたと認識しています。

本日全校集会(6時間目)と保護者会(19時~)で
その報告をするのをやめるよう校長に抗議しましたが、受け入れられませんでした。

息子は10月17日より風評で学校へ行けない状態になっていますが、
学校がこのような判定をしたことを生徒、保護者に向けて発信されれば、
息子達はどんな状況に追い込まれるのでしょうか。

本当にいじめがあったのか、なかったのか、
また、それらが今回の●●君の死と関係は、真実は亡くなった●●君にしかわかりません。

●●君は休日など何度も我が家に来たことがあり、
私はこの目で●●君や息子、その他いじめ加害者と疑われている子達が、
楽しく笑いあいながら遊んでいるのを夏休み明けまで何度も見ているので、
いびつないじめ関係があったとは到底信じられることではありませんが、
それも私の推測でしかありません。

ただ、勉強にも身が入らず浮ついた息子達のグループが、
教室や廊下でプロレスごっこなどをして、
教室の雰囲気を乱していたのは確かなのだろうと思います。

特に男子の心理が理解できない女生徒達からは、
彼らのそのような行動が目障りであったろうし、
じゃれあいなのかいじめなのか区別の付きようもなく、心配であっただろうし、
責任感から先生へ伝えたりされたのだと想像しています。

ですから、いじめかも、と心配をかけた息子らの落ち度はあります。

加害者の母が配ったビラ
※掲載されていたものが重なっていた為、見えないところは「・・・」で表しています。

う思われます・・・

こうした抗議は、もちろんわが息子を救いたいがための行動で・・・
ならず、全生徒にとっても本当に重大なことと思います。

学校や先生という、子供達の信・・・

お手本となるべき立場の人が、学校の持つ社会的影響力の自覚もなく、
文科省のマニュアルにロボットのように従うことで、
自分の生徒を陥れるのを目前で見せつけられるのです。

大人や社会に対する痛烈な不信感が植え付けられるでしょう。

本日保護者会で抗議の発言をする予定です。

賛同して下さる方は加勢をよろしくお願いします。

賛同してくださる方で保護者会出席できない方は、
学校へ電話の抗議でもお願いしたいです。

●●いじめとの判定を取り消すよう訴えて下さい。

よろしくお願いいたします。

2011・11・1 ●●●●

以上が母親が配ったビラの内容です。

突っ込みどころ満載の内容ですが、
皆さん同じ感想をお持ちだと思うので、あえて書きません。

この母親は、事件から10ヶ月が経った今でも考えは変わっていないようです。

我が子を信用したい、守りたいっていう気持ちは分からなくはないですが、
盲信するのは子供にとって良くないことではないでしょうか。

 

もう一記事いかが?


Sponsored Links





16 Responses to “大津 中2いじめ 加害者の親が配ったビラ 全文”

  1. 匿名 より:

    おはようございます。
    学校側でいじめがあったと結論をだしたと
    ビラには書かれてますが
    あの教育長、校長の発言から
    やっぱり圧力をかけられたと
    疑われて当然ですね。

    • よかろー より:

      コメント、ありがとうございます。

      オカンはアンケート自体を無効にしたかったみたいですね。
      そうすることで、息子、そして自分を守りたかったんでしょう。
      学校もいじめではなく喧嘩やじゃれ合いにしたほうが
      処理が簡単に済むし、自分の保身にも繋がるってことでしょうね。
      ほんま、腐ってます。

  2. みゆきち より:

    まずは、ちいさな画像から文章を起こしてくださって、
    ありがとうございます。

    もっとヒステリックな脈絡のない文章を想像してたので
    少し拍子抜けいたしました。ふ

    が、改めて読んでみてゾッとしました。
    アンケート内容は、イジメという思い込みで書かれたこと
    イジメがあったと判定した人物を明かせと言っていること
    学校はイジメがあったと認識してたこと。

    なんかもう、言葉がでてこないです

    • よかろー より:

      みゆきちさん、コメントありがとうございます。

      >もっとヒステリックな脈絡のない文章を想像してたので
      >少し拍子抜けいたしました。
      「ビラ」という言葉から、
      注目を集める大きな見出し、そして本文は煽り文句
      っていうものを想像していました。
      これを書いたのはオカンかどうか分かりませんが、
      こういった抗議文を書くのに慣れてそうです。

      >イジメがあったと判定した人物を明かせ
      ここの部分、怖いですね。
      どうするつもりなんでしょう。

  3. アスカ より:

    こんにちは
    読みづらかったビラを読めるように起こして
    下さったおかげで、ガッツリ読み進める事が出来ました
    よかろー様ありがとうございます。

    で、読みましたが…
    何かひょうたん爺とキャラかぶってませんか?(笑)
    やたら長いまとまり無い文章
    独善的で傲慢な内容…
    似たタイプなんだなあ~と思ってしまいました。

    ただ、我が子可愛さのあまり 被害者側を踏みにじる事が
    平気なモンスターペアレントの怖さにゾッとしました。
    あんなビラを配布するなんて…

    一刻も早く事件 が徹底解明されて被害者側が勝訴出来れば
    いいなと思います。

    • よかろー より:

      アスカさん、コメントありがとうございます。

      すいません、「様」って書くのやめてもらえませんかw
      そんなキャラではないのでw

      >何かひょうたん爺とキャラかぶってませんか?
      かぶりますよね、思いっきりw
      誤字がないだけマシですが。

      >モンスターペアレント
      普通はここまで出来ませんよ。
      モンスターペアレントのレベルはそうとう高そうです。

  4. みっち より:

    こんにちは。3度目の書き込みです。
    よかろーさん、いつも返信ありがとうございます。

    コレ、正気の沙汰じゃないですよね。
    加害者の親は反省すべき立場であるのに、
    逆ギレとは正にこのこと。

    この加害者の親がもし、被害者側だったら、
    どれだけ騒ぎ立てただろうと思う。

    >●●君は休日など何度も我が家に来たことがあり、
    私はこの目で●●君や息子、その他いじめ加害者と疑われている子達が、
    楽しく笑いあいながら遊んでいるのを夏休み明けまで何度も見ているので、
    いびつないじめ関係があったとは到底信じられることではありませんが、

    加害者が自分の親の前でいじめる訳がないでしょうに。
    この親はどれだけ馬鹿なんだと思う。
    加害者が自分の親の前でニコニコしてたのは容易に想像がつくし、
    裏の顔が、悪魔の様な一面を持っていた事も容易に想像がつく。

    金八先生に登場していた健次郎と同じタイプですよ。
    家庭が裕福な背景も同じ。もちろん、健次郎よりずっと悪質ですが。

    おそらく、加害者の親は息子を信じてるフリをしつつ、
    内心では疑っているに違いない。
    とんでもない事実が浮かび上がってくる事を恐れている。
    本当に潔白だと思っているなら、いくら調べられても困る事は
    何ひとつない訳でしょう?!
    むしろ、そっちの方が疑いが晴れる訳だから好都合のはずだ。
    取調べでも何でも受けて事実を公表すればいい。

    この加害者の親が、権力を振りかざしてぎゃあぎゃあ騒いだので、
    校長が、加害者にも人権はあるなどと訳のわからない言い訳をして
    いじめを揉み消そうとした。

    加害者の親がこうやって犯罪の揉み消しを画策しているのだから、
    息子が反省する筈がありません。

    まったく気分の悪い事件です。
    今後の捜査に期待します。
    長文、失礼しました。

    • よかろー より:

      みっちさん、コメントありがとうございます。

      >逆ギレとは正にこのこと。
      ほんと、絵に描いたような逆ギレですw

      >被害者側だったら、どれだけ騒ぎ立てただろう
      その様子、簡単に想像できますよねw

      >本当に潔白だと思っているなら、いくら調べられても困る事は
      >何ひとつない訳でしょう?!
      ほんと、そうですよね。
      やましい事があるから、「騒いで、隠して、揉み消して」
      っていう方向に走るんだと思います。

      >息子が反省する筈がありません。
      反省するどころか、身の潔白を訴えてますね。。。

      警察の信頼を回復する為にも
      国民が納得する結果を出して欲しいです。

  5. manami より:

    うちにも中二の息子がいます。

    プロレスというも物を理解出来ていません。
    オリンピックでやるレスリングと興業のプロレスの違いが解りません。

    TV放映もしていないのに(深夜,CS等では有りますが、、)
    プレスを知るはずも有りません
    従ってプロレスごっこという「遊び」は少なくと
    もうちの子供とその友達の間では決して有りません。

    • よかろー より:

      manamiさん、コメントありがとうございます。

      >プロレスというも物を理解出来ていません
      以前プロレスは、ゴールデンタイムで放送されていた様ですが、
      今ではすっかりマイナーなものになってしまいましたね。

      自分の子供がしたイジメを
      ルールが無いと言っても過言ではないプロレスに当てはめて
      苦しい言い訳をしてるんでしょうね。

      ビラを配った母親は、
      我が子の為ならルールは無用と考えてる人なんでしょう。

  6. ふぃふぃ@イカ娘 より:

    酷い内容ですね…
    私だったらそのビラ破り捨ててました!

    なに加害者が被害者ヅラしてんだよって感じです!

    • よかろー より:

      ふぃふぃ@イカ娘さん、コメントありがとうございます。

      >加害者が被害者ヅラ
      正にそれです。

      この事件、世間で大騒ぎにならなければ、
      声の大きい加害者側の意見が通っていたかもしれません。
      恐ろしいですね。

  7. うんこ より:

    なんか、まあ、今だに、息子の罪を認めてないの?
    ビラ配って、わめき散らして、悪あがきして、世間様に、後ろ指
    さされて、さけられて、まだ、言い訳しているの?
    自分大好きなおめでたい人間だなあ。
    いや、殺人一家は、法によって裁かれ、息子は、制裁を
    与えられるだろう。
    また、ぎゃあぎゃあ、わめきちらしたら、本当にあわれだね。
    フライデーも、取材にきたんだってな。
    世間の物笑いの格好のネタになったね。
    あわれで、無様で、滑稽な姿を世間にこれ以上
    さらさんようにしないと。
    そろそろ、罪とむきあわんと、地獄行き片道きっぷ
    が、家族全員プレゼントになるよ。

  8. 名指し より:

    自分の息子がいじめをしましたって言っているようなもんじゃん。馬鹿な母親

  9. kazukazu@tokyu より:

    いじめをした加害者の親もある意味加害者だな。
    こんなクソな親に育てられてかわいそうだ。
    こいつの親を何とかすべきだろ。
    あとこう言うのの犯人の名前を出してる奴らもそいつと同じくらい最悪だ。
    なにネット上で似非正義ばらまいてんだよ。
    こんなこと言うのも何かもしれない。
    被害者の生徒さんのご冥福をお祈りします。

  10. ムカつく より:

    つまり、他人が苦しむ姿を見るのが快感という障害を持った親子だったのでしょう。
    だから、いじめても反撃出来ない弱い立場の優しい相手をターゲットとして「友達」という名目で、蜘蛛の糸に絡め取ったのでしょうね。
    そして、いくらいじめても悪者にならないように「プロレスごっこ」に見えるようにいじめたのでしょう。
    もしかしたら、ズル賢い親が入れ知恵して確立した、いじめ方法だったかも知れません。
    反省しない・・・という以前に、何が悪かったのかも分からないのでは?
    せっかく理想的なタゲだったのに、死んでしまったら楽しい「プロレスごっこ」が出来なくなるじゃん、と逆恨みすらしているかも知れませんよ。

    ビラを見てもわかるように、嘘をついても事実をねじ曲げてでも、自分は悪者ではない、という形を作れば、それでいいと考えている人間なのですから。

    つまりは、そういう病気がこの世にはあるのです。
    見た目からは分からないので厄介です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ