飛び降り 落下時に仰向けになる可能性

滋賀県大津市で中学2年生の男子生徒が
イジメを苦に自宅マンションから飛び降りて自殺した事件について、
ネット上では他殺の可能性も有ると一部で囁かれています。

他殺と推測される根拠の一つが
被害者生徒が転落直後、仰向けで地面に横たわっていたこと。

確かに自殺なら自ら死に向かうわけですから、
死にゆく方向(地面)に向かって、
倒れるように飛び降りるのが普通だと思います。

その結果、地面に倒れている姿は「うつ伏せ」の方が自然な気がしますが
実際はどうなんでしょう?

そこで、どういう状態で飛び降りたら落下後の姿勢が仰向けになるのか?
そして、うつ伏せになるのはどういった状態でなるのか?
という疑問を解決すべく調べてみると・・・

まず最初に出てきたのが、掲示板に書き込まれたこんな意見。

  • 頭が重いから一回転して建物の方向を頭にして仰向けになるって
    テレビで聞いたような
  • 飛び降りると腰から落ちるから仰向けになる
  • 聞きかじりだが、飛び降りでも仰向けになる場合はあるらしい
    足から地面に着地して、その衝撃で後ろに倒れて頭を打つ
    実際どちらから落ちたのかというのは、解剖してみないとわからないと思う
    うつ伏せなら内臓の破損がひどいだろうし、それが死因になる
    仰向けなら骨折、脳内出血とかかな
    肩を押されたなら、被害者といじめっこは向い合ってなきゃ
    仰向けになんか落ちないだろうし

「落下後の状態が仰向けになるのは別に不自然ではない」
ということは分かりましたが、
「どういう状態、又は姿勢で飛び降りたか」ということが
書かれていないので、これだけでは不十分だと思い、
さらに調べてみると、こんなのを見付けました。

ヒトは、こんなことで死んでしまうのか
※画像クリックでAmazonに行きます。

この本の著者は、法医学者の上野正彦氏。
上野正彦氏は解剖5000体以上、検死20000体以上の死体を見てきた
死体の専門家と言える方です。
氏は著書の中で「飛び降り」に関してこう書いています。

『落下死のいろいろ 飛び降り自殺の偽装はできない』

高いところから落ちる場合、その落ち方には3つのパターンがある。

体が水平になって落ちる、頭から落ちる、足から落ちるの3つだ。

水平に落ちた場合は、激しく地面に叩きつけられたことにより、
体内で骨や内臓がグチャグチャになっている。

頭から落ちる場合は、頭蓋骨が割れて脳が飛び出し、
頭部は原型を留めていないことがある。

足から落ちると、まず足の骨が折れ、
次の瞬間、尻を着き、同時に頭が反動で前に倒れるから首の骨が折れる。

さらに、折れた瞬間に体は海老のように曲がり、自分の太ももに自分の胸を
強く押しつけるので肋骨などが折れてしまう。

そしてまた次の瞬間、またしても反動で体が戻り、
発見されるときは仰向けになっている。

落ちた瞬間を見てない人からすれば、水平に落ちてきたように思うだろうし、
肋骨が折れている原因もわからない。

しかし、落ちた状態を見るだけで、
専門家にはどのような姿勢で落下してきたのかわかるのである。

また、落ちた状態によっては、自殺か他殺かもわかる。

たとえば、屋根の工事をしていて、誤って落ちた人がいるとする。

自殺の場合は、両足から飛び降りることがほとんどで、
着地した瞬間に大腿骨頸部骨折する。

しかし、足を踏み外して誤って落ちた場合は、
その場で踏みとどまろうとして、必死にもがいて体を元に戻ろうとするので
落ちるときにバランスを崩して頭や背中を打ってしまうことが多い。

人が高いところから落ちる落ち方は、
そのときのさまざまな状況によって異なるので、一概にこうであるとはいえないが、
災害事故の場合は両足が一緒に着地することはほとんどないといっていいだろう。

だから、いくら偽装自殺を企てても、落ち方を見れば、
自分で落ちたのか、無理やり落とされたのかはすぐに見破られてしまうのである。
【引用元 上野正彦著 「ヒトは、こんなことで死んでしまうのか」】

結局、解剖しなければどういった体勢で落ちたのか分からないんですね。

落ちた時の体勢が分からなければ、
仰向けだったのが不自然だと断定することは難しそうです。

大津市の飛び降り事件は2011年10月なので、
もう遺体はお骨になっていて解剖は不可能です。。。

なぜ中2の少年が解剖されなかったかは、
加害者の親族に警察のOBがいるからといった憶測が流れてますが、
日本の不審死の解剖率が先進国の中で最低の10%
といういい加減さが背景に有るかもしれません。

法医学者で自殺予防対策に取り組む秋田大の吉岡尚文副学長は、
日本の検視の現状をこう指摘しています。

「日本では検視段階で自殺が疑われると、
明確な遺書などがないのにもっともらしい理由で済ませる傾向がある。
自殺を偽装した殺人を見逃す恐れがあり、詳細な動機分析もおざなりになる」

検視の判断を誤れば、死者も遺族も報われないですよね。

そんな不備を解消すべく「死因究明推進法」が
2012年6月15日に法案が可決し、2013年度から施行されます。

この法律は、明らかな病死以外の遺体の死因究明を警察署長の義務とし、
科学的根拠に基づいて死因を判断する為に法医学者の意見が必要なら
遺族の承諾がなくても解剖できる
というものです。

大津市のイジメ事件以前にこの法律が成立してたならと悔やまれます。

捨てヤマを掘り起こして真相を解明する
沢・蛯名のコンビ、そしてアタルが本当にいたら良いのに。

もう一記事いかが?


Sponsored Links





8 Responses to “飛び降り 落下時に仰向けになる可能性”

  1. 通りすがり より:

    素晴らしい…

    これ、あちこちで「仰向けだから他殺に違いない」とか言ってる人たちに読んでもらいたい記事ですね。
    もちろんどちらの可能性もあるのでしょうが、どうもネットしか信じない一部の「妄信的な」方々は独特の世界観をお持ちのようで…

    困ったものです。

    遺体が保存されていないので、どちらとも断定はできないですが…
    ご遺族の気持ちを考えるに、まだ自殺の方が救われるのではないかなぁと推測しております。

    • よかろー より:

      お褒めいただき、ありがとうございます

      仰向け=自殺に疑問を感じて記事にしました。

      今回、このような憶測が巷に流れるのは、
      人の命を蔑ろにする日本のいい加減な検視体制にあると思っています。

      北欧のように不審死の解剖率を100%にしろとは言いませんが、
      死因究明がおざなりな日本の現状は早く改善して欲しいと願っています。

  2. より:

    検索から来ました。いきなりのコメント失礼いたします。

    疑問が1つクリアできました。ありがとうございます。

    ドラマであれば、熱血検視官や美人法医学者が解明してくれるのでしょうが、現実はまことにお寒い状況なのですね。

    遠くの病院に運ばれたのは、発見時にすでに死亡していたからと思っていましたが、自称目撃者によれば、消防はまだ息があると言っていたとのこと。
    報道でも“病院で死亡が確認された”ではなく、「病院に搬送されたが間もなく死亡」とあります。

    転落死で生死を分けるのは4~5階だと言われていますから、14階から飛び降りたのだとすれば、間違いなく(たぶん誰が見ても…)即死でしょう。
    その辺のくいちがいについて、一番よくわかるのは警察のはず。
    これは「10%」の中に入れるべき事件だとは、思わなかったのでしょうか?

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      >現実はまことにお寒い状況なのですね。
      狸さんがおっしゃるとおり、現実とドラマの乖離は大きいですね。

      >14階から飛び降りたのだとすれば、間違いなく
      ごく稀なケースだと思いますが、
      14階から飛び降りで助かった方がおられるようです。
      でも、本人がそう言ってる、又は書き込んでいるだけで、
      信憑性に「?」が付いた為、掲載は見送りました。

      それと、14階から落下し、地面に到達するまでの時間と速度についても
      記事に入れようとしましたが、
      頭や足から落下した時の空気抵抗と重力加速度の数値が分からなかった為、
      断念しました。
      物理の勉強はサボりまくってましたからw

      >これは「10%」の中に入れるべき事件だとは
      「日本は安全な国」というイメージが、
      いい加減な検視体制の上に成り立っているならば、恐ろしい事だと思います。

  3. まぐろ より:

    もしこの事件が他殺となれば、警察の威信は失墜
    教育委員会、学校関係者は犯人蔵匿で懲戒免職そして刑事責任追及
    自殺の方が、都合がいいですね

    • よかろー より:

      コメント、ありがとうございます。

      被害者少年が自ら命を絶ったのか?
      それとも他者によって命を絶たれたのか?
      ここは入念に再捜査して白黒つけて欲しいところです。

      もし、組織にとって不都合な結果が出たとしても、
      それを包み隠さず発表し、
      現在のいい加減な検視体制の改善に繋げてくれることを願っています。

  4. まぐろ より:

    警察の杜撰な初動捜査と死因究明制度
    昨年夏に放送された「アリアドネの弾丸」のようなことが起きましたね。

    • よかろー より:

      まぐろさん、コメントありがとうございます。

      >アリアドネの弾丸
      正にそれです!
      今回の事件は、納得できないことが多過ぎます。
      少年の死因はもう一度徹底的に捜査して欲しいところです。
      警察にその気があるのかどうかわかりませんが。。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ