ツイッターのiTunesカード騒動は自演でした【まとめ】

まお@ぱずどらA組

不用意にiTunesカードのコードを晒すバカッター。

晒されたコードを盗んでやったと、わざわざ持ち主に報告するバカッター。

今日もバカ発見器は平常運転www

といった感じで、痛い子達の失敗談として広がったiTunesカード騒動。

実はこの話、自作自演の釣りだったんです。

まおの自演がバレるまで

コードを盗まれた!

大人気ゲーム「パズル&ドラゴン(パズドラ)」が大好きなまおさんが、
父親にiTunesカードを買ってもらって大喜び。

さっそくカードを使ってパズドラの魔法石を購入しようとしましたが、
コード入力の仕方が分かりません。

そこで、まおさんはツイッターのフォロワーに助けを求めました。

パパが買ってきてくれたーっ 早速だけどやり方わからん←笑

バカッター itunesカード 1

不用意にカード裏面に記載されているコードを晒したまおさんを、
フォロワー達は慌てて注意しました。

これ見せちゃだめだよ! 早く消して‼

それ打つとiTunesに課金できるんだよ!
とりあえずそのツイート消した方がいい‼

この言葉で事の重大さに気付いたまおさんは、直ぐにツイートを削除。

バカッター itunesカード 2

しかし時既に遅し、裏面のコードをまおさんより先に入力したと言う人物が登場。

アリス 1
※現在、このアカウントは凍結されています。

うっかりまおさん、好感度急上昇

カードを奪ったアリスに対するまおさんの反応は、以下のとおり。

バカッター itunesカード 4

自分の失敗を清くを認め、iTunesカードのことを諦めたまおさん。

アリスに対しての仏の対応で好感度が急上昇。

そんなまおさんの態度と対照的なのが、コードを盗んだアリス。

彼は新たなアカウントを取得し、
昭和の時代劇に登場する悪役の如き態度で、彼女を執拗に煽ります。

アリス 1

また、この騒動を知った人々から浴びせられる批判には、こう答えています。

アリス 2

2ちゃんねるでスレッド乱立!ツイッターで大拡散!

アリスの徹底した越後屋ぶりがMOX燃料となり、
2ちゃんねるではスレッドが乱立、ツイッターでは「iTunesカード」が
急上昇ワードに上がるほどツイートされました。

話題となれば直ぐに動くのが、2ちゃんまとめサイトやNAVERまとめ。

この時点で2ちゃんねるでは、疑問を呈する書き込みが有ったにも関わらず、
そんな声にはお構い無しで、アリスに釣られたレスをまとめてさっさと記事をアップ。

その記事を読んだ人が、更に話を広めていき、
多くの人がアリスの釣り針にかかることに。

まおの自演疑惑

2ちゃんねるでは、レスが進むに連れて
まおさんに関する次の様な疑問が浮かび上がりました。

●ツイッターのアイコンが、「プリ画像」というサイトに
 別人がアップしている画像と同じもの。

他人のプリクラ画像を流用しているのではないか?

●初期のツイートで使っている一人称は「僕」

ひょっとしてネカマ?

●ネカマ歴15年の分析

質問するだけのアカウントは、女性の画像を流用してネカマをしている。

女性になりすますと、親切に質問に答えてくれたり、
アイテムをくれる男が寄ってきて便利。

まおがツイッターにアップしている画像はゲームの画面ばかり。

自分の経験上、女性ゲーマーがアップする画像には、
ゲーム画面以外に日常の画像が混ざっている。

それらの画像をアップしていないのは、まおが男だから。

こんな初歩的なネカマに騙されてはいけない。

●過去に、iTunesカードを使ったと思われるツイートがある。

バカッター itunesカード 5

こうした情報が集まることで、まおに対する疑惑は確信へ。

そんな流れの中で、まおに「この騒動は自演ですか?」と直接聞く人も。

以下は、その問いに対するまおの返事。

バカッター itunesカード 6

都合が悪くなったまおは、逃げの体制へ。

そして、まおのアカウントのアイコンが、
コードを盗んだアリスに変わりネタばらし。

@mao_love_black05

同時にツイッターのカバー画像は、この様に変化しました。

@mao_love_black06
Alice@mao_love_black

嘘がバレたアリスが勝利宣言?

1日も絶たない内にネタばらしすることになったアリスは、
勝利宣言ともとれるツイートをしています。

アリス ツイッター

相変わらず挑発的な言葉を吐いて勝ち誇っていますが、
ネカマであることがバレた以上、
今まで一緒にパズドラで遊んでくれていたフォロワー達が、
今後も変わらぬ付き合いをしてくれるかどうかは、甚だ疑問です。

 

もう一記事いかが?


Sponsored Links





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ