眼球舐め デマが海外で拡散!日本人の変態レベル急上昇!


rakuten

おめめペロペロ気持ちいい♪

日本の小学校では『眼球舐め』がトレンド!

という仰天デマが、欧米で拡散中!

それと同時に、日本人の変態レベルが急上昇!

日本人なら誰もが「そんな馬鹿げたことは流行ってない!」と断言できるこのデマは、一体どのようにして広がったのでしょうか?

デマ拡散の流れ

参照元⇒日本で眼球ナメが流行!?世界に広がる大誤報/日刊ゲンダイ

① ブッチNEWSがネタ元となった記事をアップ

小学生に眼球なめ変態プレイが大流行

【記事の要約】

都内の公立小学校で用務員を務めるY氏が、体育館の用具置き場内で、
女子生徒の眼球を舐めている男子生徒を目撃した。

Y氏が2人の生徒に聞いたところ、
「眼球を舐めていたのは、キスや身体に触れるといった行為の延長」
「クラスで流行っていて、みんなやっている」
という答えが返ってきた。

Y氏の報告を受けた担任教師は、学級会を開き生徒を問い詰めたところ、
3分の1の生徒が眼球舐め経験者ということが判明。

複数の生徒が眼球舐めを原因とする「ものもらい」にかかり
眼帯をしていた。

自体を重く見た校長は、朝礼で
「みだりにお友達の眼球をなめてはいけません」と生徒達を厳重注意。

記事では学校であった事件の他に、
眼球舐めは『数年前にもティーンの間で流行したことがあった』、
『数年前からある文化』
と書かれています。

② ブッチNEWSが「読めるモ」に記事を提供

小学生に眼球なめ変態プレイが大流行

③ NAVERまとめに取り上げられる。

小学生の間で流行る眼球舐め?

NAVERまとめには「読めるモ」の方が転載されています。

転載された箇所は、小学校で起こった眼球舐め事件です。

④ JAPAN CRUSH(海外サイト)がNAVERまとめを英訳

Eyeball-Licking Fetish Causes Eye Patch Epidemic Among Kids

「JAPAN CRUSH」の記事は、
NAVERまとめに転載された文章を英訳しただけのものです。

この記事を元にして、複数のニュースサイトが記事を書いたことで、
「変態プレーが流行る日本」という誤った情報が広まってしまいました。

『眼球舐め』の記事を書いた海外サイト

以下は『eyeball licking japan(眼球舐め 日本)』の検索結果に表示された
海外のニュースサイトの一部です。

 The Guardian 眼球舐め

The Guardian
Eyeball-licking: the fetish that is making Japanese teenagers sick

1821年に創刊されたイギリスの新聞ガーディアンは、
上流階級・知的階層向けの高級紙に分類される。
ツイート 1028 いいね 11827


ABCNEWS 眼球舐め

ABCNEWS
Experts Warn Eyeball Licking Trend Can Injure the Eye, Damage Sight
アメリカ3大ネットワークの一つであるABCの
ニュース番組制作子会社。
日本のNHKとフジテレビ、
イギリスのBBCと提携関係にある。
ツイート 308 いいね 8786


CBSNEWS 眼球舐め

CBSNEWS
Japanese “eyeball licking” trend carries blindness risk

アメリカ3大ネットワークの一つであるCBSの
ニュース制作子会社。
日本のTBSと提携関係にある。
ツイート 312 いいね 8200

主に大衆向けの情報を扱う日本のサイトが書いた、半分ネタの様な記事。

それを海外の大手サイトが大真面目に取り上げているところが恐ろしいです。

※YouTubeにアップされているニュース動画(英語)の一部には、
「眼球舐めの記事はデマである」と訴えているものがあります。

親日家ジャーナリスト マーク・シュライバー怒る

※参照元『日本で眼球ナメが流行!?世界に広がる大誤報/日刊ゲンダイ』

この事態を重く見た親日家のジャーナリスト マーク・シュライバーさんが、
日本眼科医会や日本学校保健会に確認したところ、
いずれも「聞いたことがない」という回答を受けた。

根も葉もない噂で日本人に変な印象が付いてしまうことを憂いたシュライバーさんが
次にとった行動は、「NAVERまとめ」の親会社であるLINE本社への直撃し、
記事の信憑性を確認すること。

はぁ?LINE本社?
ネタ元の記事を掲載したブッチNEWSではなくて?

鼻息荒くLINE本社に向かったシュライバーさん、
当然の如く受付で門前払い。

しかし、そんなことではメゲない親日家のシュライバーさん。

今度は元記事の信頼度が低いことを訴えたメールを、一部の海外サイトへ送信。

だが、返ってきたのは『別のサイトにも載ってるので
やはり事実だと思いますよ』
という内容。

親日家のシュライバーさんは怒っている。

「こんなデタラメはすぐに訂正してほしい」と。

親日家のマーク・シュライバーさんは、こんな人です。

毎日新聞社が運営する海外報道メディアWaiWaiで、
嘘八百を並べ立て日本人を貶めた人。

マーク・シュライバーさんの許し難い所業は以下のとおり。

事実の裏づけ無く、異常な性的嗜好を話題にした。

事実の裏づけ無く、日本の伝統的な祭りを性的な話題に結びつけた。

事実の裏づけ無く、海外で日本人観光客が「奴隷を買う」、
「現地の子供をハンティングする」という違法ツアーに参加していると書いた。

未成年者の性に関する話題を不適切に取り上げた。

日本国内では違法とされている少女買春の勧め。

出典内容に記載されている数字を、算出根拠などを明確にしないまま使用した。

出典では数人の女性のコメントから成る内容を、
「日本人女性の間で」と表現して一般化した。

毎日デイリーニューズWaiWai問題

日刊ゲンダイが、シュライバーさんのことを「親日家」と書いているのは
嫌味なのか?それとも改心したのか?

そのどちらかは分かりませんが、
今回、彼が日本の為に動いたのは間違いないようです。

 

もう一記事いかが?


Sponsored Links





10 Responses to “眼球舐め デマが海外で拡散!日本人の変態レベル急上昇!”

  1. きくらげ より:

    あ、あの毎日 の中の人!!

    あまりにも前科がひどすぎて全く信用できません!!!

    • よかろー より:

      きくらげさん、コメントありがとうございます。

      そう、その毎日の中の人です。

      >信用できません
      やっぱり、そういう反応になりますよねw

  2. UM より:

    なんかyoutubeで日本にいながら日本に歪んだ愛情をもってる
    人とかまで拡散に協力してるのがある意味わかりやすいというか
    アジアを異常、西洋は正常みたいに思いたい歪んだ思想のひとたちが
    一定数いるからこういう変態新聞みたいなデマが拡散するんでしょうね

    こういうデマも広げすぎれば、一部の頭の悪い子供がマネをして
    悪影響もでるでしょうから
    相当悪質だとおもいますよ(そうなったらなったでこの歪んだ西洋人たちは鬼の首を取ったかのようにホラみろ!っていうのでしょうが)

  3. UM より:

    いろいろyoutubeの関連動画みてみたけど
    人種的に日本人は問題あるとか
    原爆がたりなかったとか
    ひどいコメントだらけですな

    日本のヘイトスピーチに文句いってないで
    こういうのを国連はなんとかしたほうがいいのではないだろうか

    • よかろー より:

      UMさん、コメントありがとうございます。

      西洋人は自分達の価値観を押し付けてくる傾向がありますよね。
      場合によっては力尽くでw

      その価値観や主張に染められて
      自国に誇りが持てなくなった人々が、
      嬉々として動画を広めているとしたら悲しいです。

      >一部の頭の悪い子供がマネをして
      子供は好奇心旺盛ですから、やっちゃうかもしれませんねw
      で、問題が起こったら日本人のせいですか・・

      >原爆がたりなかった
      そんなコメントがあるのは知りませんでした。
      特亜の人が英語で書いているのかも。

      >日本のヘイトスピーチに文句
      「戦争に負けた日本人は何を言われても我慢しろ、
      だが、逆はダメだ」ってことなんでしょうね。

  4. 名無し より:

    ブッチNEWSって発行元どこなんでしょう?マイナーですから
    適当に書いても誰も抗議しないって感じなんでしょう。

    探偵ファイル以下のメディアが書いた情報を海外の大手メディアが
    紹介するって構造がおかしいですね。

    • よかろー より:

      コメントありがとうございます。

      ブッチNEWSは今回の件で初めて知りました。
      サイトが立ち上げられたのは今年の4月1日なので、
      駆け出しのニュースサイトのようです。
      月間のサイト訪問者数が40万~50万という
      個人ブログでもクリアできる数字なので
      仰るとおりマイナーサイトです。

      発行元については、サイトのお問い合せフォームに
      運営者情報が書かれていました。
      =================================
      ブッチNEWS編集部 有志で運営しております。 

      CMSシステム 株式会社デモ Vivvo CMS

      ホスティング 株式会社データホテル

      記事提供協力 コアコミックス編集部、実話BUNKAタブー編集部、
      コアムックシリーズ編集部/ライター・編集者・ブロガー有志

      運営協力 株式会社コアマガジン     

      配信先 読めるモ/Excite/etc.
      =================================
      ブッチNEWSのドメイン「bucchinews.com」を調べたところ
      所有者欄に「TATSUYA INANOBE CORE MAGAZINE Co.ltd.」
      と書かれていました。
      株式会社コアマガジンが母体なんでしょうね。

      4流雑誌から記事を提供されているマイナーサイトが掲載した
      真実かどうか分からないネタ記事が、
      大手メディアに取り上げられて「真実である」と誤認される・・・
      これは怖いことですよね。

  5. UM より:

    この後ちょっと動画の時系列みてみたら
    明らかにアメリカの一部でそういう動画をアップしてる
    アメリカ人(or留学生?)の学生がわるのりしてるものでした。
    その中に日系人かアジア系の人がまじってましたが
    たぶん、それと無理やりゴシップのよくわからん映画かなにかの
    画像をくっつけて、日本発信のように捏造されたのでしょう。

    日本でもたまにできたばかりの海外のマイナーサイトを
    まとめサイト系が不自然にいきなり取り上げることがありますが、
    要するに大手メディアもまとめサイトレベルのモラルしかないってことですねw

    • よかろー より:

      UMさん、コメントありがとうございます。

      よく調べられましたね☆ありがとうございます。
      そして、お疲れ様です。

      >大手メディアもまとめサイトレベルのモラルしかない
      これに関してですが、月間300万PVを誇る「IRORIO」について
      興味深い記事がありますので、お時間が許せば目を通して下さい。
      ちょっと看過できない内容ですよ。

      【必読】IRORIOに明らかなデマ記事が多いとの調査結果!!

  6. 名無しのリーク より:

    香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ